こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

帝国は悪魔の国家だとイメージ付けられていますが。

前略

その手の団体によって、帝国は悪魔の国家である、自由で平等な
国ほど正義である、と言うイメージを作られていると思うのですが、
現在の欧米を見ると、何だかんだで民主主義が良いとか言いながら、
帝国主義を実行している国家体制が現在の欧米では?と、
思うのですが、これってそれらの国民は自己矛盾を感じないので
しょうか?

中華人民共和国や東アジアの国々も、何だかんだで共産主義が
良いだのあれこれ言って結局資本主義を取り入れて、帝国主義的な
ところが出ていると思うのですが、何で、それでも帝国主義の
国家は悪なんだとそれらの地域の国々は定義付けたいのでしょうか?

大きな矛盾を感じるのですが。
かつて帝国を名乗った日本は実質共産主義国家であり、
格差の少ない社会になっているのに、共産主義や自由や平等を
叫ぶ国ほど、実際には帝国主義的であったりその気があったりする。

すっごい矛盾を感じるのですが、もう、世の中なるようになって、
現状があるのですよね?思うところお教えください、
お願いします。

                                         草々

投稿日時 - 2013-04-27 19:37:06

QNo.8062250

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

無知蒙昧な日本人が帝国=悪といった単純な刷り込みに洗脳されているだけです。

実際の帝国とは皇帝を抱く国といった程の意味に過ぎません。帝国と王国はどこが違うのか。それは皇帝は王の上に立てる。皇帝を王を臣下にできるってだけの話です。それは東洋も西洋も同じです。

ナポレオンが皇帝に就任したのは、ドイツのバイエルン王国などの上に立つ為だったのです。フランス王では同格だからバイエルン王国の上に立つことができません。
日本人は余りにも馬鹿すぎるから、銀河帝国のラインハルト・フォン・ローエングラムが悪で、自由惑星同盟のヤン・ウェンリーが正義だといった単純な構図を、疑いもせずに信じてしまいます。

お馬鹿な日本人でも理解できる構図だから銀河英雄伝説がヒットした訳です。

古代中国において周が衰えたことで諸侯はそれぞれ王を名乗って分裂状態になりました。そうした古代中国において再統一を果たすには王の上に立てる役職名が必要だった。それが皇帝というのです。

秦の始皇帝は、中国を再統一する前は秦王であって諸侯の一人に過ぎませんでした。そして再統一後、始皇帝を名乗る。皇帝だから、どの王よりも上の立場に立てるからです。

投稿日時 - 2013-04-28 01:54:10

お礼

何とも悲しい歴史の連鎖だな・・・。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-04-28 02:05:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

「世の中なるようになって、現状があるのですよね」というご質問者様の考え方はまさにそのとおりだと思います。
貧弱な文化と生産力で大陸の辺境に追いやられた欧米が侵略によって現在の地位を得たのにいつのまにか先進国のようなふりをしている現状が大事なのですから、今更帝国主義によって得た領土を返せとか言われないように、現在の体制が正しいものであることを徹底的に正当化する必要があります。

それは、中国も同じですし、もちろんアメリカも同じです。日本はやや違う気がしますが。アパルトヘイトで差別されてきた南アフリカの黒人も、元はといえばそこに住んでいた原住民を虐殺して侵入した部族でした。ハワイのカメハメハ大王も、大変な侵略部族ですね。

そもそも現在の人間は、ネアンデルタール人を根絶やしにしてはびこった猿の一系統です。ネアンデルタール人にしてみれば日本人だってとんでもない殺戮者です。(この説は評論家呉智英氏の受け売りです)

何時の世も、自分が正しいと思う人間はその体制が正しいと主張し、それに不満な人間が、それは間違っていると主張しているだけです。

投稿日時 - 2013-04-28 00:26:09

お礼

難しい言葉を連ねられて、わかりにくいところが多いですが、
結局、世の中強い者が勝つのですね・・・。

残念な醜い社会です。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-04-28 02:00:33

ANo.1

ぶっちゃけスターウォーズが1977年、今から36年前の映画であり、
1977年はWW2終戦から32年後の世界の価値観であり、ベトナム戦争終結から2年後でしかなく、戦後と現在の中間以前の価値観なわけで、
冷戦の結果であるドイツ統合は1990年、今から23年前であり、ソビエト崩壊は1991年、22年前。

当時を知っている人も、ずっとメディアからなくならないスターウォーズの価値観に矛盾を感じない王道ストーリーだし、
知らない世代も、生まれる前から、ダースベイダーって言えば帝国の暗黒卿であり、アナキン・スカイウォーカーの将来であることが周知の事実で、悪役の代表格なまま、ソビエトも知らず、アメリカ同時多発テロとイラク戦争しか知らず、もう成人して選挙権を持っているのです。
知っていても知らなくても、帝国が悪であることに知識上の矛盾がない。

矛盾って、価値観が一夜でコロって変わらない限り、徐々にしか変化しないので、
スターウォーズみたいな途中のマイルストーンがあると、そこまで遡った所で、それ以前を確認しなくなるので、
マイルストーンを見失わない限り、マイルストーンを起点にした延長線上の変化しか感じないので、矛盾は非常に少ないです。
イメージは思い込みであって信仰ですから、矛盾を裏設定に取り込んで整合性に消化するだけ。

過去から現在の結果は、ダースベイダーを討ち取ったルークが暗黒面に陥って第二のダースベイダーになって歴史は繰り返されるって、書かれてもいないのに、老いも若きも誰もが自然にイメージを持っていると思いますし、
それ以外のハッピーエンドって誰も考えていなくって、帝国は悪魔の国家である、自由で平等な国ほど正義であるって価値観も何も変わらず疑われることはないと思います。

あるとすれば、帝国はそれほど悪じゃないから、自由で平等な国も正義じゃないって、敵がいないから正当性を訴えなくなるだけで、
天秤が傾かないから変化がないって、正義への向上心が薄くなるだけ。反転はしない。
MATRIX(1999)やスパイダーマン(2002)がこれに該当しますが、これもそれぞれのマイルストーンなので、時間経過に矛盾は感じない。
日本の若者は結構この段階。何も考えず、何にも傾倒しないから、正義も悪もないし向上心もない。それは倫理も集団性もない個人主義。
そいつらもまたイメージのみで動くので、過去に作られたイメージで倫理観なく暴力的に行動します。ゾンビみたいに。

投稿日時 - 2013-04-27 20:56:02

あなたにオススメの質問