こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

体脂肪とセルライト

身長158cm 体重48kgと数字だけ見ると痩せているようですが、
体脂肪率27%、脱ぐとお尻~太もものセルライトが目立ちます。

近所の簡易ジムみたいなところに通おうと思うのですが、
体脂肪、セルライトに効果的なトレーニングの仕方を教えてください。
プールはなく、筋トレマシン各種、バイク、ジョギングマシンなどが使えます。

有酸素運動は20分以上続けないと効果がないから、
最初の20分は筋トレをするといいと教えてもらったのですが、
その筋トレの仕方がわかりません。
どんなマシンを使えばいいのでしょう?腕力を鍛えるものや胸筋を鍛えるものなど色々ありますが・・・
全身まんべんなくやったほうがいいのか、
それともマシンを使わない腹筋運動などのほうがいいのか・・・

もし、筋トレ→ジョギングが間違っていれば、他の方法を教えてください(^^;

それと、セルライトがあると脂肪が燃焼されないという話も聞いたことがありますが、
どうしたらいいのでしょうか?

投稿日時 - 2013-04-29 00:15:09

QNo.8064110

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

質問が多くの論点と錯綜しているので、論点を分けて回答します。(本人はできるだけ分かりやすく書いたつもりです・・・)

1.セルライトについて。
セルライトとは一般に体脂肪が水分などのむくみや、コラーゲンとの癒着などを原因として、特殊な(でこぼことした)形で体表部に現れたもので、これは通常の運動や節食では除去不可能と説明されたりしています。もともとイタリアやアメリカなど海外の美容エステ業界で流布した単語らしいです。
しかし医学上「セルライト」という単語は認められていません。

肥満には脂肪細胞の数が増える場合と、脂肪細胞それぞれが肥大する場合があるのですが、少ない数の脂肪細胞が多くの脂肪をため込み巨大化して、それが張りを失った皮膚を透過して表面に現れたもの、それがセルライトと呼ばれるものと考えると簡単です。

セルライトももちろん、結局は体脂肪にすぎず、節食や運動で消費され縮小化することに変わりはありません。
それを、やれ「固くなった脂肪は運動では取れない」だの、「セルライトはまずマッサージと温めることにより分離化させる必要があり」などと言うのはエステ業界の「詐欺広告」にすぎません。
まあ、「セルライト ウソ」とでも検索されれば、詳しい話はいくらでも出てくるのでそれらをお読みください。

2.筋トレと有酸素運動の順番について。
一般に、有酸素運動の前に筋トレをやっておくと、成長ホルモンの分泌と遊離脂肪酸発生の効果により、逆の有酸素→筋トレの順番より脂肪燃焼効果が高いと言われています。
しかし女性、特に本格的部活などの激しい運動経験の無い女性では、おそらくそこまでの効果を有効化させるレベルの筋トレはほぼ不可能であろうと推測されます。とくに女性では激しい筋トレをするとムキムキになってしまうから、軽い重量でやったほうがいいなどという迷信が、フィットネスクラブのインストラクターの中でさえ広まってしまっているので、おそらくあなたもそのレベルの筋トレは無理であろうと推測されます。

また追加で説明しておくと、筋トレによって生じた遊離脂肪酸もその後の有酸素運動で消費しないと、結局は元にもどるだけのことです。
とするなら、へんに筋トレをやって疲れてしまい、有酸素運動の量が結果的に少なくなってしまうくらいなら、ウォーキングであろうが、ジョギングであろうが、いや、むしろエアロビダンスや、ジャズダンスなどで楽しくたっぷりと汗を流すメニューに取り組まれたほうが有効なのではないでしょうか。

3.20分運動について。
20分運動をしないと脂肪が消費されないというのは、ダイエット界で広まってしまった、もっとも有名で、かつ有害な間違った迷信の一つです。
もし20分以上運動をしないと、カロリーを燃焼しないというのが事実なら、運動は一日に駅まで10分歩くだけというサラリーマンは、皆限界もなく肥満化してしまうことになるはずです。

そもそも「有酸素運動」とよく言いますが、人間は高重量を扱う高強度な筋トレ以外はすべて、一日中「有酸素運動」をしながら生きているのです。
寝てる間も、近所のコンビニまで3分歩くのも、それらはすべて「有酸素運動=酸素を取り込み、筋肉の活動によって身体を動かし、二酸化炭素を排出するという作用」なのです。
ですから、一般によく言われる「有酸素運動」とは、これら日常活動の動きを、いくらかのレベルでより強度の高いもの(息があがったり、汗をかいたり)に、より多くのカロリー消費を促す運動のことを言うわけです。

ですから20分以上の運動でないと脂肪が減らないというのはウソと断言できます。

4.結論
結論としては、あまり運動の順番や、セルライトなどの言辞に惑わされず、まずは自分の取り組みやすい運動や、楽しく継続できるような運動を生活の中に取り組んでみましょう。もちろんカーブスのような近所の簡易ジムでも結構です。

そしてダイエット(減量)で一番効果の高いものは、なにより食生活の改善です。
間違っても、○○を食べるだけダイエットとかに手を出してはいけません。

まずは野菜をたっぷりとる食生活に変えるとか、糖分や油分を少しだけ控える、腹八分目を心がける、暴飲暴食をしないなどの食生活に変えてみてください。
正しい食生活と、適度な運動を生活に取り組むだけで、間違いなく3か月後には身体が自覚できる程度にすっきりしてくると保証します。

もちろん、適度な運動の効果によって代謝も向上し、余分なむくみや冷えなどの改善にも役立つはずですので、お悩みのセルライト減少にも効果を生むはずです。

投稿日時 - 2013-04-30 02:13:48

歩き方もありますね。
足の後ろ側の筋肉を意識して使ってみてください。
意外と、前の筋肉は使っていても後ろの筋肉は使わずに歩いてます。
なのでサイクルトレーナーのほうがいい。と回答したわけです。
あれは後ろの筋肉を使いやすいですから。
高いものではないので、一台買われることかも。
ジムより安上がりですよ。
テレビとか本見ながらやれるし。

投稿日時 - 2013-04-29 19:43:49

お礼

度々ありがとうございます。

後ろの筋肉を意識・・・ちょっと難しいですね^^;
でもせっかく一万歩も歩くのですから、少し調べて改善してみようと思います。
サイクルトレーナーはないのですが、バイクはあるのでそちらを使ってみます。
ジムというか、町営の体育館の一角にあるので、かなり安く利用できるんです。

投稿日時 - 2013-04-29 22:58:25

単純に脚を使ってないから、そこが緩んで脂肪が溜まるんですよ。
ジムだとか言わなくても、歩けば落ちます。

ジョギングマシンは、実走より負荷軽いですよ。やるならサイクルトレーナーのほうがいいかも。

筋トレの順番は詳しくないですが、有酸素運動は最近の研究で10分2回も20分1回も一緒というのが解ってます。

投稿日時 - 2013-04-29 11:40:01

お礼

回答ありがとうございます。
仕事で一日一万歩は歩いているのですが、
仕事で歩き回るだけでは脂肪燃焼には意味がないということですかね?
ちゃんと腕を振って歩くようなウォーキングでないと無意味なのでしょうか。
今の仕事を始めて、以前より動くようになったので体重は減ったのですが、
体脂肪は相変わらずです。

書き忘れたのでここに補足させていただきますが、
仕事の都合で通えるのは週に1度です。

投稿日時 - 2013-04-29 12:36:53

あなたにオススメの質問