こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

私は狂いかけているのでしょうか?

30代前半の会社員で主婦です。

1年前に2才年下の夫と結婚しました。

実は、20代になって直ぐに約2年間、経済的に困窮し、風俗店に勤めていました。
母が入院したためだったのですが、母が亡くなった時点で風俗店を辞めました。

収入にはなりましたが、女としての最低の仕事でした。
自分は、もう、無価値な女になったと自覚していました。

その後、男性との交際などに一切興味が持てず、寧ろ、男性嫌悪になっていて、約10年が経過しました。
一人いた妹はその間結婚し、既に子供が二人いる主婦です。

一人暮らしになってまもなく、妹の知り合いだった今の夫と知り合いました。

色恋沙汰と無縁の友人関係が数年続き、彼に求愛され、流されて、男女としての交際が始まりました。

不思議と彼に対してのみは、嫌悪感が無く、このまま、恋人としての関係が続いて欲しいと願うようになって来ました。

この時点では、彼と過ごす時間が最高に楽しく、いつまでも一緒に居たいと願いましたが、結婚などできる身分では無いと自覚していました。

過去を知られたら、即、捨てられると思っていたので、明日は無いと思って彼との逢瀬を楽しんでいました。

そして、彼の誕生日に私が彼にプレゼントをしたのですが、その時、彼から逆に、指輪をプレゼントされプロポーズされました。

私は、その時、自分の過去を彼に話せませんでした。そして、話さないままに、プロポーズにあいまいに答えてしまい、次の日、妹に相談しました。

妹からは、絶対告白しない様にと言われました。

姉さん(私)は、なにも悪い事をしていないし、幸せになって問題は無い。
黙っている事は、嘘をつくことではないし、

それに、身勝手かもしれないが、現在幸せな結婚生活をしている自分(妹)の家族が迷惑すると。

告白の影響が妹たちにも及ぶと指摘され、ますます、告白の決意が出来ず、迷っているうちに、時間が経過し、正式に籍を入れて結婚しました。

そして、現在、結婚2年目に入りました。

この間、何度も、彼に、自分の過去を告白しようとしては挫折しました。

悩みは段々と深くなっていき、毎日考えない日はありませんでした。

矛盾していますが、それでも、耐えられたのは、夫の優しさと、夫と少しでも長く一緒に居たいという気持ちからでした。

そして、とうとう、夫から、そろそろ子供を考えないかと言われて、一段と急激に、恐ろしくなって来ました。

子供が生まれた後、私の過去が夫と子供に知られたらどうなるだろうかと思うと、絶望的になりました。

妊娠する前に、告白し、離婚してもらおうと決意し、夫に全てを正直に話しました。

ところが、夫は、私を見捨てませんでした。
それどころか、休暇を取って、一緒に旅行に出かけようと言われ、旅行先で、私を慰めてくれ、一切を水に流して、前向きに一緒に生活しようと言ってくれました。

私には、信じられない結果になりました。熟睡出来るようになりました。

ところが、日がたつにつれて、新たな不安が沸いてきたのです。

このまま、何も罰を受けないでいることは、正しくないのではないかという考えです。

精神的苦痛は、確かにありましたが、これは、自業自得であたりまえです。

問題は、夫に対して、真実を隠し続けて生活していた事への罰は、物理的な罰であるべきではないかとの考えが消えませんでした。

具体的には、刑務所に入るみたいに、自由を奪われ、監禁されるとか、肉体的な苦痛を受けるべきではないかという考えです。

告白後、1月程たってから、思い切って夫に、殴って欲しいとお願いしました。

当然ですが、夫からは拒否され、いろいろ話しましたが、結論だけ書きます。

悪戯をした子供がされるように、私のお尻を夫に手で叩いて貰いました。

あまりにも、しつこく私が懇願するので夫も、私の気がすむのなら、と言って、手のひらでお尻を叩いてくれました。翌日、叩いた方の夫の手のひらが真っ赤に腫れて痛くなっているのに気が付き、次からは、夫のベルトで叩いて貰いました。

そして、それが、私の要求で、段々と過激になってしまいましたが、真っ赤になって、腫れて痛くなると私の心は、逆に落ち着いて平静になるのが判りました。

夫も、私の表情からそれを知り、私の言うままに振舞ってくれました。
叩く場所も、お尻から、女性固有の体の部署になってきました。
穢れたその箇所が夫のおかげで、清潔に浄化されるように感じて、やめられなくなってきたのでした。

傷が残るようになって、夫から、これは、ある種の精神的な病の初めの症状ではないかと言われました。

私は、私にとっては、一種の愛情表現としか思えないと反論しましたが、夫が間違う訳も無いと思い、自分の行動が異常なのだと思い始めています。

悪い事をしたから、叩かれる。悪い事をした場所を叩く。
単純にそう考えて、実際、叩かれた後は、気持ちが平安になっていました。
お仕置きが終わって泣いて謝罪する私を優しく抱いてくれる夫が、慰めてくれる夫が素敵でした。

第三者である医者に話せば、夫にも迷惑というか精神的な負担が掛かるように思っています。
私の過去を知る人が増えるからです。

また、病院に行った事自体が保険証の記録に残るわけですから夫への迷惑になるかもとも思ってしまいます。

夫の勧めるように、病院に相談に行ったほうがいいのでしょうか?
それとも、私は、正常の範囲内にいるのでしょうか?

投稿日時 - 2013-05-04 17:57:04

QNo.8072718

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

貴方が未だ、この質問を締め切っていない(心に未だわだかまりが在る事)で貴方の悩みの深刻さが伝わってきましたので、もう一言気になっていましたので、書かせていただきます。

貴方の決心が未だ決まっていないようですので、貴方の生きる方向性に付いて書いてみます。

過去の出来事は消す事が出来ませんが、その過去のお陰で『これからの生き方を貴方がしっかり把握出来た事には、意味がある事です。』

貴方がこれからの人生でなすべき方向性が、貴方自身でしっかり把握出来た点です。

貴方はこれからの人生に於いて『命がけで夫と自分達の間に生まれた子供を守ってゆく決心が固まる事です。』

今の時代、不倫がまかり通っているように感じていますので、貴方がそうならないような決心が出来た出来事は、あながち無駄ばかりではない事に思えます。

人生には『無駄が無い』必要必然の事しか起きない、と言う言葉がありますが、あなたの場合にはにこの言葉が当てはまると思います。

本当の愛とは、お互いに切磋琢磨する中での『絆』を強くする事と、見えない未来に向けてお互いを『自分の理想の人にしようとする、努力の中にあると思います。』二人の人生の将来に向けての不断の努力を惜しまない決心で乗り越えてください。

消す事が出来ない過去の出来事のお陰で、あなたがますます賢く、思慮深くなる事は、是非善悪を超えて貴方の人生を逆に豊かにすると思えますが、如何でしょうか?

此処に貴方が『是非善悪』の物差しばかりではない物差しを手に入れる事が出来た事は、逆に貴方が、そう云った賢さを手に入れた事(人間としての幅が広くなった事)を示していますので、、不幸の中にも幸福の芽が育つ経験として、決して無駄ばかりではないと思えます。

投稿日時 - 2013-05-20 07:34:05

ANo.8

貴方は最も正常です、悩みがあって悩みに向かって悩む姿は最も人間の人間らしい姿と思います。

貴方の悩みに他の人がしてあげることは何もありませんが、考え方の方向性だけはアドバイスが出来ると思いますので書いてみます。

愛の本質を貴方は悩んでいる点です。貴方が抱いている愛こそ本当の愛と思います。貴方が貴方の愛する人に貴方を捧げている点です。

貴方の夫も貴方のために全てを捧げています。それだけでもう十分と思います。

これ以上望む事は『返って不幸を招くように思います。』

人生は『今、と言う瞬間』に自分の全てを投げ入れる他に、何もする事はありません。過去に縛られていれば、将来は失ってしまいます。あべこべに将来の事ばかり心配するなら『現在もなくなるからです。』

毎日今日一日を『良い妻であるなら』それ以上仕方がないと思います。

毎日毎日良い妻で居る事が貴方の仕事だからです。夫のために生きる事が貴方の仕事だからです。

この他にする事があるなら返って、夫のためにはならないと思います。

只もう一言書くなら、悩みとは『今現在の自分を受け入れられない事』と『自分の理想の姿』のギャップを悩みと言いますので、自分が『誰よりも夫を愛する事によって』そのギャップが埋められる事を知って、自分を許してやって下さい。

自分を肯定出来た時、貴方は誰よりも素敵な人になれます。毎日毎日有り難いとなります。

投稿日時 - 2013-05-12 11:54:31

ANo.7

   > 単純にそう考えて、実際、叩かれた後は、気持ちが平安になっていました。
 >  お仕置きが終わって泣いて謝罪する私を優しく抱いてくれる夫が、慰めてくれる夫が素敵でした。


質問者様は根本的な考え違いをしています。
 
 女性が付き合いだとか恋愛だと言う理由をつけて男とセックスするのは
性欲を我慢できない淫乱な女性だからです。
 
  それに比べて質問者様は性欲を我慢できない淫乱女としてでは
なく風俗のバイトをしていたのですから不純な性欲発散行為をしていた
 軽薄な女性とはよほど格が上です。  

 今までの間違った考え方を改めましょう。 

投稿日時 - 2013-05-07 02:59:04

ANo.6

文章を読んで率直に思ったことは、別に悪いことをしてないし罰を受ける必要は無いというものです。

生きるものが必死になっては生きようとすることは尊いことだと思います。
ましては家族の為行い、母が無くなってすぐに辞めたことからもずるずるとお金が欲しくて働かなくて立派だったと思います。

女としての最低の仕事。
もし罰があったとしたら、働いてた時の苦しみ、絶望がそうだったのでしょう。

あなたは家族の暮らしの中で無価値な存在ではありませんでした。
だから幸せになっていいのです。


ただしこんな自分は穢れてる、幸せになってはいけない、自分は最低の女だと思っているならカウンセリング等を受けることをお勧めします。

また、医者には他者に患者の情報を話してはいけないといった義務があるので迷惑をこうむる事は無いと思いますよ。

投稿日時 - 2013-05-05 01:33:47

被害者意識にせよ逆の罪悪感にせよ
ある種の偏執的自己愛っぽい
印象がありますが……できるだけ早期に
クリアできるといいですね。
たとえば、
複数の専門書を読んで研究して、
セルフ・カウンセリングでクリアするか、
あらゆる記憶を脳髄から小説に書き移して、
小説の中に閉じ込めて、しまいませんか。

場合によっては、
ストレートに書かずに、
象徴的に書くスタイルで、
進めてみませんか。

これからの質問者さまの
ご多幸を祈っております。

投稿日時 - 2013-05-04 23:51:00

ANo.4

もう充分苦しんだのですから、罰を受け終わってます。

そもそも罰など受ける必要はないんですよ。

投稿日時 - 2013-05-04 20:17:36

ANo.3

ちょうど先日、カウンセラーが書いた「罪悪感」に関するコラムを読んだところでした。

人は罪悪感を持つことによって色んな反応が出るそうですが、「自分は罰を受けるべき」だと思うのもそのひとつのようです。

病気とまでは言わずとも、生きづらいですよね。
もしかしたら、あなたに傷が残ることで旦那様も「罪悪感」を持ってしまうかもしれません。

無料の電話カウンセリングなんかもあるようですので、一度受けてみられてはいかがですか?

自分で解決する方法だけでも知ることができれば、違うかもしれません。
お母様のために働いたんですし、過去のことですから、もう罪悪感を持つ必要はないと思います。
でも、きっと周りに言われても納得するのは難しいですよね?
ですから、自分から手放すための方法を探すのがよいと思います。
ご家族のためにも。

投稿日時 - 2013-05-04 18:48:27

ANo.2

病院に行かれるのも良いと思います。

病院だと言って警戒しなくても、一種のカウンセリングだと割り切って、
いろいろお話を聞いてもらうだけでも、幾らか気持ちが和らぐことがあります。

自分も、病院には嫌悪感がありましたが、知り合いに諭され、有名なお医者様に
診ていただき、ずいぶん楽になった経験があります。

他にも同じような悩みの方が、沢山いると気づかせてくれて、自分の気持ちを
受け止める事ができました。

投稿日時 - 2013-05-04 18:35:10

ANo.1

長い背景はありますが、もう性癖って話しにしてしまい、自分をしっかり持って今の家族と自分は大切にしてください。

投稿日時 - 2013-05-04 18:07:37

あなたにオススメの質問