こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

腰の手術で入院中に、別の治療はできないのですか?

・腰の病気の手術で2週間ほどA病院に入院中です。(600床以上の大病院)
・入院前に会社指定の「人間ドック・脳ドック」をした結果、脳と内臓の精密検査をしなければ成らなく
 なり、A病院の「脳神経外科」と「内科」あてに紹介状を書いてもらいました。
・2月には会社の健康保険組合から1年間有効の「健康保険限度額適用認定証」の公布を受け、A  病院には提出済みです。

・上記のような与件の元、会社の休暇も限られていることもあり、腰の手術入院中に、「脳」と「内臓」の診察を受けようと紹介状をA病院の窓口へ持ってった所、「腰の病気で入院中は、関係のない箇所の治療は受け付けられません。との回答でした。後者の2種類の治療は腰の病気について「退院」した後に、別扱いで、外来から受診してください、との回答でした。


質問 ・入院中は、その目的の病気以外の病気は紹介・外来での診察さえ出来ないのが日本の医療    制度なのでしょうか?
    ・1度退院してからの再スタートでは休暇中に診察、検査、結論まで出るか不安です。
    ・「健康保険限度額適用認定証」との関係があるのでしょうか?(因みに私は、区分「B」~「1     ヶ月の窓口負担は概算で8万円限度)です。

 <至急回答お願いいたします。>

投稿日時 - 2013-05-08 00:23:38

QNo.8077859

g4d

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

病院によって対応が違いますね~
私の場合は父が入院したときも母が入院したときも別の箇所も診て貰えましたよ。
勿論入院中で外来扱いで他の診療科で受診はできましたので・・・
利点は順番が来れば看護婦さんが呼びに来てくれるんですよ。

投稿日時 - 2013-05-08 06:08:00

お礼

ありがとうございました。
ご回答を参考にさせていただき、
当病院の説明を聞くことが出来、
納得できました。

PS.
入院中、先生方、看護師さん方、職員の方々の
熱心で真摯な対応が素敵でした。

投稿日時 - 2013-05-16 13:31:55

ANo.2

こんばんは。

手術ですか・・・大変ですね。腰は痛くなると本当に辛いと思います。良くなると良いですね。
何人もの症例を見ている先生だと思いますが、術後の経過にも関係があるのではないでしょうか?何事もなく痛みや傷口の回復、歩行ができるかは、いつごろとハッキリ出来ないので、違う科の予約が難しいのかもしれませんね。

ただ、紹介状もあり、会社の都合も考えると入院中にすませたいですよね。
担当医に相談されてはどうでしょう?もし術後の経過がよければ検査していただきたいと。理由も話して、検査も兼ての入院とできないか観察経過の状態で判断して頂きたいと・・・

大きな病院ですと予約患者様もいるので経過を見て検査するしないを決めるのは空きが無いのかもしれませんよね。病院の方針で安全の為にしているのかもしれませんから。腰の痛みどめや抗生剤等も飲むと思いますから、詳しい事は解りませんが造影剤と相性が悪いから出来ないとか、腰で完治するのに2週間が必要で安静にしていてほしい期間なのでしょうね。

私は他の手術で入院しましたが、経過も良かったのでMRやCTも血液検査も同時にやってもらいました。

質問者様の回復によるものか、混雑していて予約を入院中に取れないのか。
どちらにしても受付ではなくDRとよく相談してください。
経過が順調で期間中に検査してもらえると良いですね。病院のシステムでしたら参考にもなれず申し訳ありません。
手術が成功し、腰が早くなおりますように・・・

投稿日時 - 2013-05-08 01:07:28

お礼

ありがとうございました。
ご回答を参考にさせていただき、
当病院の説明を聞くことが出来、
納得できました。

PS.
入院中、先生方、看護師さん方、職員の方々の
熱心で真摯な対応が素敵でした。

投稿日時 - 2013-05-16 13:34:52

ANo.1

(Q)入院中は、その目的の病気以外の病気は紹介・外来での診察さえ出来ないのが日本の医療制度なのでしょうか?
(A)DPC(診断群分類包括評価)方式を取り入れている病院では、
1入院1目的が原則ですので、複数の科の診療を同時に受けることは、
やむを得ない場合を除き、できません。

DPC(診断群分類包括評価)方式とは、
病気の種類によって診療報酬が決まるという制度です。
これまでの方式は、病気の種類に関係なく、実際に行った治療に対して、
いくらの治療費がかかるという加算方式(出来高払い)でした。
DPC方式は、行った治療内容に関係なく、
病気の種類によって、入院1日いくらという決め方をする方式です。
この方式にすると、細かい治療費をいちいち加算していく手間が
かからないので、事務的な負担が大幅に軽減されます。
大病院を中心に、この方式を取り入れている病院が増えています。

投稿日時 - 2013-05-08 00:49:59

お礼

ありがとうございました。
ご回答を参考にさせていただき、
当病院の説明を聞くことが出来、
納得できました。
(DPC方式を採用している病院でした)

PS.
入院中、先生方、看護師さん方、職員の方々の
熱心で真摯な対応が素敵でした。

投稿日時 - 2013-05-16 13:37:51

あなたにオススメの質問