こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

HDD交換2/3 ハードディスクの容量とリカバリ

詳細は1/3のほうに書きましたので質問のみ

もし500G~ など大きいものでも大丈夫なら、自分のデータなどは、あまり大きくない・・?ので
バックアップ以外はパソコンの中に置いておけそうですし

ただ、富士通の「マイリカバリ」を使用してポイント(Vista、Win7)をいくつか作っています
また、プレインストールされているソフトも、いくつか使用しています
マイリカバリを始め他のプレインストールソフト、それらを今後も使用したいです
Windows7では、メーカーのアップグレードする際の注意事項では×になっていたソフトも
大部分(自分の必要なもの)は全て正常に作動しています

大容量ハードディスクに交換しても、マイリカバリ(FUJITSU)を使用するためには 
C:の容量は前と同じでなければ
以前に作成したポイント(C:のディスクイメージ)には戻せない・・・と言うような事は有りますか?

また、D:にリカバリの領域があるようなのですが
その為にはパーティションの切り直し・・・のような手順が必要ですか?
Q&Aで見たことは有りますが、ソフトも持っていませんし、あまり分かりません

同じ容量のものなら面倒な操作は必要なさそうですが
大きくした場合
C: の容量は99.9GB(100GB)と同じにして
D: リカバリの領域があるようなので D:も同じにして
E: 残りを(E:)作成?・・・・?
それとも、残りも D: に割り当てる?

それらを考慮に入れて良い物、良い方法がありましたらお教えください

投稿日時 - 2013-05-08 21:00:45

QNo.8078960

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ノートPCのHDD交換も、メーカ製PCの「リカバリ」もケッコウ面倒でしょう。必要なもの、テクは準備はできてるの?
今はHDDのクローン作成が簡単にできるフリーのツールがイロイロある。
HDDが健全なら、システムが入ったHDDのクローン、これは最も生産的で最強のバックアップ、、、
クローン作成は、動作中のシステムをコピーすることであり、USBの外付けHDDが使える。後は、HDDを内臓インタフェイスにつなげ、起動HDDとしてスイッチさせる、コレが唯一のテク、、、
考えることは、Cドライブの割り当て容量を決めることだけ。Cドライブは、使用率50%の余裕を持つことが必要。
下のキャッチには、簡単にしか触れられてないが、ディスクのバックアップ、これがクローン作成機能。Cドライブだけのコピーも可能。
このツールではドライブのサイズ変更(隣り合ったドライブの境界を移動させて再割当て)もできる。(必要なときにいつでも、、、)

フリーのツールはイロイロあるが、オススメはコレ!
MiniTool Partition Wizard Home Edition v7.8(13/03/12)
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/partwizhome/
~~~
64bit環境対応の無償パーティション管理ソフト
対応OS : Windows 2000/XP/Vista/7/8作者サイトから
パーティションのフォーマット・削除・移動・リサイズ・コピーといった基本的な機能を網羅している。パーティションのリサイズ作業では、マウス操作でサイズを指定できるなど操作も直感的だ。さらに、パーティション・ディスクのバックアップや、誤って削除してしまったパーティションの復元といった作業もウィザード形式で行なえる。これらのパーティション操作は、すべて一度“Pending(保留)”状態となり、サイドバーにある[Apply]ボタンを押すと実際に実行される仕組み。なお、システムドライブを含むパーティションを操作する場合は、再起動が必要になる。

投稿日時 - 2013-05-08 22:22:04

お礼

ご回答いただきありがとうございます

必要なものは全て準備は出来ているつもりです
ただ、テクの方は今一なので・・・

リカバリは今まで何度か行っています
インストール失敗、動作不安定の時など
購入時、途中のポイントに戻す・・・など

今回はお奨めのクローンを考えています

ご案内のソフト手順が・・・
英語(日本語も少し見えますが・・・)のようで・・?

今までは何かをインストールする際は
まず、手順をプリントアウトして・・・
行っています

また分からない事が出ます?ので
その時はよろしくお願いいたします

投稿日時 - 2013-05-11 01:15:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問