こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不思議な経緯を辿った殺人事件

実際に起こった殺人事件についての情報を検索するのが趣味です。あなたの知っている殺人事件の中で、特に複雑で不思議な経緯を辿った殺人事件がありましたら、教えてください。

●実際に起こった事件でお願いします。
●事件が辿った経緯を書いて下さい(長文OK)
●事件の通称があれば、書いてください(例えば「オウム真理教事件」など)
●メジャーな事件については大体知っているので、比較的マイナーな事件でお願いします
●事件が起こった国は世界中どこでもいいです
●不思議な経緯を辿った事件であれば、殺人事件でなくてもいいです(例えば「グリコ森永事件」のような、人が死んでいない事件でもいいという意味です)
●20世紀以降に起こった事件でお願いします

ちなみに僕が最も凄いと思う経緯を持った殺人事件は、国内では「ロボトミー殺人事件」、海外では「首輪爆弾 銀行強盗・殺人事件」です。どちらもまるで小説のような凄まじく複雑で、非現実的な経緯を辿った事件だと思います。

投稿日時 - 2013-05-09 07:23:22

QNo.8079515

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

福田和子の事件はご存知でしょうか。
時効直前に逮捕されたことより
逃亡中に整形して、老舗旅館の美人女将になっていて、
捜査の手が伸びたことにより再び失踪、その後逮捕と言う事件でした。

新潮45の編集部から文庫化した事件簿のシリーズを読むと
記憶にある事件と、その後の殺人犯の悔恨や慟哭が聞こえて来るような
事件もいくつか思い出されます。

未解決ですが、世田谷の一家4人惨殺も、奇怪な事件でした。
物証の線ばかり追い掛けていますが、被害者のご夫婦が
80年代末に流行ったある自己啓発セミナーゆかりということが
私はずっと引っかかっています。

陰惨な事件は、追憶すると気分の悪くなるようなものが多く、
福岡のやはり一家4人惨殺は中国人実行犯の残虐な手口ばかり
伝わってきていますが、何か背景があるような気がしてなりません。

北九州の緒方と松永の元同級生の事件も、尼崎の昨年の事件で
他人を巻き込んで教唆する事件として、再び取り上げられました。
あれと、久留米の看護婦4人が連携して起こして行った事件。
http://jikenshi.web.fc2.com/newpage477.htm
この二組は出身と世代が、かなり近い。
これらは、暴力で支配するより「黙っといてやるから、次も言うことをきけ」
という心理の弱い部分を突いた、「人の心の底に住む悪魔的部分」が
“主犯”で動機だと思うのです。

私の故郷や世代が近いことがあり、子供の頃より暴力も多かったですが
ほんとうにズルいヤツは、手を下さずに人を支配するのです。
これは小学校の時の病院で入院生活のときに嵌められて、私は退院まで
些細なことでずっと、恐喝を受けたことがあります。何と一つ年下に。
人間の心の底には、悪魔を抱えている人間は何%かいて、
それを見抜いた時はぞっとしますね。

生臭い話は、新潮さんに任せて、ちょっと気の緩む思い出を最後に。
愛知だったと思いますが、90年代末に礼状誘拐事件というのが起きました。
大学卒業目前の令嬢が失踪したので、結構騒ぎになりました。
ところが2、3日経つと、これは誘拐ではないのでは?と私は確証しました。
卒業シーズンで、実家のある町に間もなく戻る予定であった。
社長業のお父様の心痛も判るのですが、次第に過保護のように思えて来た。

離れた所で一人暮らしして、羽を伸ばしていたお嬢様に、これは既に
悪い虫が着いていて、お嬢さんは「帰りたくない」だけじゃないのじゃない?
案の定、数日後にお嬢さんは出て来ました。予想通りの結末に、年の少し若い
独身君が「亀の甲より年の功、参りました」といつものケンカ調でなく
シャッポを脱ぎました。「そりゃあ(君にはワカランが)女心ってやつだよ」
全てある報道の現場にいた時の思い出です。

私的には事件史より、こういった人の心理を見抜いて、「多分これは」が
当たりになった時の方が愉快でしたね。
しんどかったけれど、楽しい仕事をこなして、給料もいただきました。
今は個人情報が守られ過ぎて、ノンフィクションが一種のフィクションみたいな
時代になったのが、残念です。失礼いたします。

投稿日時 - 2013-05-09 13:20:00

お礼

福田和子事件は非常に有名な事件ですので、経緯はよく知っています。逮捕されたときの衝撃は良く覚えています。福田が事件前に別件で刑務所に入っていた時期、暴力団関係者による刑務所内の暴行事件で、強姦の被害に遭っていたというのも壮絶ですね。また、少年時代の松井秀喜(先ほど国民栄誉賞を受賞した人です)が、福田が逃走中に潜伏していた駄菓子屋によく通っていたというのも、不思議な縁ですね。

世田谷の事件は犯人が海外に逃亡したと言われていますね。インターネットを閲覧していたということから、日本語が喋れる人物が犯人だと思いますが、実際は案外シンプルな感じもします。

福岡の事件は、遺族が捜査の結末に納得が行っていないようなのが気になりますね。

北九州の事件は、なぜ全く報道されなかったのか理解に苦しむ重大事件ですね。戦後犯罪史上最悪クラスの超凶悪事件だと思います。

看護婦四人の事件も、犯人たちの内部の人間関係が非常に複雑ですね。支配構造と集団心理が同時に事件の引き金になっているように思います。

僕も学生時代に執拗ないじめを受け続けた人間で、そのいじめは高校二年のときに終わったのですが、その切欠が暴力だったことが、今考えても切ないです。いじめっ子を徹底的に暴力で脅迫して、黙らせたわけです。それしか解決策が無いというのが、人間のどうしようもないミジメさを感じます。

そして最後の令嬢のお話、ほっこりしました。「悪い虫」なんて言ってはいけませんね(笑)。それはれっきとした恋人です。周囲の人々の思惑によって、事件に対する印象が変化するのは、重大事件も軽微な事件も同じですね。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-09 13:49:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問