こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不動産契約書についてアドバイスお願いします

近々、飲食店のテナントを借りる者です。
契約前に仲介の不動産業者から契約書に目を通しておいて下さいとコピーを頂きました。

その一文に気になる所がありましたので専門家、不動産業界の方アドバイス頂けると嬉しいです。

要約しますと、
本物件は都市計画法に基づく道路拡張に関して、将来実施する迄の暫定期間として建てられた物件であるという事

故に本物件は道路拡張の際には明け渡さなければいけないということ
(これは私ではなく物件所有者に対してです)

よって、拡張計画を実施された際には、本契約は当然消滅するということです。


道路拡張について、この条文は通常なのでしょうか。

明け渡さなければいけないのは理解できますが、その場合契約が消滅するということは店舗明け渡しについて保証はないという事になるのでしょうか。

飲食店ですので、開店にはそれなりのお金もかかるので、拡張計画が実施されるので出て行って下さいと言われても困ります。

条文を少し書き換えてもらおうと思っているのですが、どのようにしてもらうのが良いでしょうか。

アドバイスお願いします。

投稿日時 - 2013-05-11 14:07:56

QNo.8082847

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

道路の拡幅計画は下記のとおりとなります。
1. 計画道路・・将来道路の拡幅計画が決まっているが着手年月が決まっていないもの。要するにいつのことか判らないケースです。

2. 計画道路の事業決定済・・事業番号が決まり、いつから着手すると決まっているもの

上記2種類がありますが、質問内容から判別はつきません。
1. の場合は店舗を営業していても計画道路の事業決定次第判別が判ります。この場合に取り壊し移転しなければならない時は営業補償されるケースがほとんどです。

2. の場合はいつから拡幅高度が開始するか判明しているはずです。
1. または2.のいずれに該当するのか不動産業者に確認して対応するか、市役所、区役所の道路課で聞けば判ります。

東京都内にOHQが決定したマッカーサー通りがありますが、前後66年経っても実現していない道路があります。

投稿日時 - 2013-05-11 17:01:47

補足

今回の場合は1になります。
ずっと前から計画は決まっているが、着手は決まっていない状態です。

投稿日時 - 2013-05-11 20:40:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

相手が都道府県ですから、無理です。

仮に、契約書を書き変えても、明け渡しは免れません。

契約破棄が相当です。

投稿日時 - 2013-05-11 15:14:54

あなたにオススメの質問