こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

この文章の和訳をお願いします。

If |P(b_i~,N_1)-P(b_i~,2N_1)|≦0.05×P(b_i~,N_1), then P(b_i~,N_1) (or P(b_i~,2N_1)) is regarded as the collision probability, P_c(b_i~). In Fig.10, P_c(b_i~) is illustrated as a function of b_i~ at the region near the orbit of the present Earth for the case e_i~=4. As seen from this figure, a particle whose impact parameter, b_i~, lies between 1.5 and 5.5, collides with the planet with certain probability. Especially, for |b_i~|≒2 collisions occur frequently.

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2013-05-12 02:07:17

QNo.8083884

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

もし、P(b_i~,N_1)-P(b_i~,2N_1)の絶対値が0.05×P(b_i~,N_1)と同じかそれよりも小さければ、P(b_i~,N_1) (or P(b_i~,2N_1))は衝突確率 P_c(b_i~) と見なされる。図10の中で、P_c(b_i~) はe_i~が4の場合現在の地球の軌道近くの領域におけるb_i~ の関数として示してある。この図表からわかるように、衝突パラメーターが1.5から5.5の間にある粒子は、一定の確率で惑星と衝突する。特にb_i~の絶対値が2にほぼ等しい時、衝突は頻繁に起こる。

投稿日時 - 2013-05-12 08:42:43

お礼

どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2013-05-13 00:19:24

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)