こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

保険料の徴収について

職場で給与担当をしておりますが、まだまだ無知だった為、失敗をしてしまいました。

先月、2週間の雇用で退職した社員がいました。(4/2~4/15の雇用です)
4月中に保険の取得と喪失をしましたが、月半ばで退職をした為、
保険料を徴収をせずに給与の振込みをしました。

今月になり、保険組合の方より「当月中に資格の取得喪失をした場合は、
月末に在籍が無くとも保険料が掛かる」と初めて知り、
保険料支払いに差が出てしまい困っています。

この様に、給与の支払いも完了し 給与明細も相手に渡っている状態ですが
縁も切れているというのに、改めて徴収をお願いしていいものでしょうか?
こういう場合の対処法など御担当の方・経験者の方がいらしたら教えて頂けると助かります。

よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2013-05-15 16:00:43

QNo.8089090

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

同月得喪ですね。
健康保険料と厚生年金保険料が、その月の分(このご質問の例では4月分)として発生します。
つまり、強制的に徴収しなければいけません。基本的なことなので、ぜひしっかりと憶えてください。

なお、このとき、その月の分の国民健康保険料や国民年金保険料も発生します。
したがって、やめられてしまった人は自ら、お住まいの住所地で所定の手続きをする必要があります。
要は、保険料が二重取りになってしまうのですが、このようなしくみになっているので致し方がなく、納得していただくしかありません。
このとき、市区町村によって国民健康保険料の徴収の取り扱いが異なることもあるので、必ず、自ら確認していただいてください。
また、厚生年金保険料と国民年金保険料は二重取りではありますが、どちらとも将来の年金に反映される、という特別な取り扱いがなされますので、将来的に損をすることにはなりません。こちらも、きちんと説明をしてさしあげるべきだと思います。

いずれにしても、このようなことは意外とよく起こりますので、人事・労務・給与の担当者がしっかり把握・理解しておくことが大事です。
その上で、決まりは決まりなのですから、情を絡めないで、きちっと適切に対応なさってください。人事・労務管理というのはそういうものです。
 

投稿日時 - 2013-05-16 09:30:23

お礼

kurikuri_maroon様

とても分かりやすくご説明をしていただき有難うございます。
本日、上司に報告・相談をし(昨日は上司が一日出ていたので)
退職した本人に連絡を取り、二重取りの説明は心苦しいですが
今回の説明をして支払っていただける事になりました。

これまで1ヶ月内で辞める相手の対応をした事がなかったので他の勤続退職者と同じように
扱ってしまいましたが、今回の事は本当に勉強になりました。
お金の事なので、これからはもっと注意して迷惑を掛けないように対応していきたいと思います。

今回の件を正しく理解する事が出来て安心と助かった気持ちでいっぱいです。
この度は本当に有難うございました。

投稿日時 - 2013-05-16 19:06:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

縁が切れていようが会社の手違いがあろうが
本人負担分の保険料ですから当然徴収します。
問題があるとしたら、説明しても応じてもらえない場合ですが・・・
上司がいらっしゃるのでしたら上司と相談なさってください。

投稿日時 - 2013-05-15 16:42:45

お礼

poco様

ご意見有難うございます。
今日は上司が一日出ていたので、明日相談しようと思っております。
もし既に国保に入ってしまっていたら、二重取りするみたいで揉めそうとか
怖い考えがよぎっていますが、頑張ってみようと思います。

投稿日時 - 2013-05-15 18:49:38

あなたにオススメの質問