こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

クビになって人生お先真っ暗で辛いです

26歳女です。

人生お先真っ暗で毎日が辛い日々です。

自分語りで申し訳ないのですが吐き出す場所がないので、ここで……すみません。

高校卒業後、漫画家の夢を目指してデザイン会社に就職(アシスタント)し、デザインの仕事をやりながら原稿を描き、22歳で漫画の仕事が入ってくるようになり、24歳で連載をもらえ、漫画一本でやってきました。

連載中は寝る時間も外出する時間もなく、ひたすら描いてました。
食事は毎日デリバリー。
仕事が落ち着いて久々に外にでたら前は寒くて何もなかった木の桜が満開になっていてそんなに引きこもっていたのかと思ったこともありました。

大変だったけど、自分の漫画が掲載されたときはいつでも毎月嬉しくて、寝る時間なんかなくても毎日が充実していました。

ですが今年に入って描いていた漫画が打ち切りになり、さらに会社から戦力外通告まで告げられました。

残った貯金を切り崩しながら、もう一度持ち込みから…?とも考えたのですが、約4年漫画に費やしてきたのが原因なのか、今は何も描きたくないし、何も思い浮かばないのです。
漫画を読むのも辛くて避ける始末です。
あんなに絵を描くのが好きだったのに、パソコンを立ち上げるのさえ嫌です。

とりあえず、このまま毎日ゴロゴロしてるだけじゃ本当に駄目になってしまうと思い、バイトを始めてみたのですが、今までバイト経験もない私は店でもきっと足手まといだと思うし、何より毎日ただぼーっと働いてるだけでつまらないです。

働いてる間は絵のことをあまり考えないので、そういう意味では今のバイトはありがたいのですが、いつまでもここにいるわけにはいかないとも思ってしまうのです。

恋をしたら毎日楽しくなるよと友人に言われましたが、好きな人はいますが(2年ほど前から)、それとこれとは別で、好きな人と一緒にいても今は楽しいどころか自分の将来のことばかり考えてしまって全然楽しめません。
好きな人と一緒の時間さえもつまらない。


26歳で高卒、今更就職とか言っても今の世の中厳しい。

今まで原稿ばかりしていた人生をここまで後悔したのは生まれて初めてです。
今の私には何もありません。何も持ってません。何も残ってません。

もう全てが手遅れな気がして、毎日なにを、何のために生きればいいのか分かりません。

死のうとは思いません、ただ毎日明日からちゃんと生きていけるのかと不安です。
鬱になりそうです。


ひたすら自分語りしてしまいすみません。


みなさんは人生崖っぷちって思ったことありましたか?
乗り越えた方、どうやって気持ちも環境も整えましたか?
いろいろな経験談を聞きたいです。

投稿日時 - 2013-05-17 15:59:10

QNo.8092176

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(17)

ANo.17

タイトルを読んで「大変だ!」っと思ってたら・・・・女ですか?




結婚相談所やお見合いでもして結婚して養って貰えばいいじゃないですか





仕事で生きるのはもう無理です。手遅れです。男性なら一生日雇い労働者かホームレス、犯罪者ですが




女性なら結婚という道、お水という逃げ道が用意されています




女でよかったね。命拾いしたね。

投稿日時 - 2013-05-19 08:57:20

ANo.16

何の不安もなく生きれる人は世の中少ないですよ。
だから気持ちだけでも明るく生きないと余計辛くなるのかも知れません。

簡単に不安は払拭出来ませんが健康な体の管理の為にも運動をしてみたらどうですか?
ウォーキング・ストレッチ・ラジオ体操みたいな簡単なものでも良いです。
気持ちの落ち込みも食事のバランスの悪さから来てる場合があるから たんぱく質・ミネラル・鉄分などの栄養をしっかり摂りましょう。
心身共に健康なら不安はずっと減らせますよ。

投稿日時 - 2013-05-18 04:14:50

ANo.15

40間近の私の状況に比べたら・・あなたは充分恵まれてると思いますよ。


26ってまだ何でもやれますよ。

投稿日時 - 2013-05-17 20:16:48

ANo.14

tuw

突然のことで、戸惑うのは仕方ないことだと思います。

私もマンガやアニメ好きですが、あなたが手掛けてきたマンガを読んで、好きだと思ってくれてる人が、たくさん居ることでしょう!

そんなマンガを書けるスキルを持った人が、何を弱気なことを言ってるんですか!この広い世の中に、漫画家を夢見て連載までできる人は、多くないはずですよ!

他の回答者様も言ってますが、マンガを書くには色んな知識も必要でしょうし、色んな発想も必要だと思います。
なので、今は次のマンガを書くための、充電期間なんですよ!

今行ってるアルバイトも、分からないながらにも一所懸命とにかくやってみましょう!
そうすれば、分からないことも日に日に少なくなっていくでしょうし、分かってくると仕事も楽しくなってきますよ!あなたがマンガに夢中になってるように。

このアルバイトでの経験も、将来のマンガの為の体験学習なのかも知れませんし、アルバイト先の人たちとの何気ない会話や、人それぞれの考え方の違いも、すべて将来のマンガの肥しだと思ってみると、次のマンガのアイデアも生まれるかも知れません。
そして、アイデアが思いついたら、あなたの事ですからマンガを書かずには居られなくなるはずですよ!

ある意味、今回の【突然クビになってしまった!】っていうのも、いい経験かも知れませんね。

発想の転換がだいじですよ!
これから、生まれてくるマンガが楽しみですね~^^

投稿日時 - 2013-05-17 19:17:15

ANo.13

健常者で「鬱になりそう」とかウザイ。
俺は精神障害者で激しい鬱もあるけど必死に生きてる。
毎日に死に直面しています。
俺は今日・明日死ぬかもしれません。

>みなさんは人生崖っぷちって思ったことありましたか?
乗り越えた方、どうやって気持ちも環境も整えましたか?

ここでこんな記載が出来るのはあなたにまだ人生の余裕があるからです。
まぁとりあえず頑張って下さい。
明日死ぬかもしれない環境になれば必死になりますよ。

投稿日時 - 2013-05-17 18:59:36

ANo.12

あると思いますよ、デザイン関係の転職先。
学生時代の友人 先生 ハロワ等々一通り声をかけてください。
まだ全然若いから今から専門学校に通っても良いではないですか?
ご自分の気持ちをリセットする 良い機会です。
ご両親、ご兄弟 ご親戚 皆に一遍頭を下げてご協力を仰げば 色々可能性が見えてくると
思いますよ。
実は女性の場合、身元がしっかり保証できるかどうかの差が大変大きいです。
足元を確認する良い機会です。

投稿日時 - 2013-05-17 18:43:49

ANo.11

私はマンガが大好きな人間です。
連載が長いマンガや、特殊な世界を描いたマンガを読むと
原作者はものすごい勉強をしているんだなーと関心します。

何を続けるにしても、一度や二度の挫折は当たり前ですし、
していない人の方が少ないでしょう。

最近、テレビで若い売れてるマンガ家の話を見ました。
連載中に2チャンネルをみて、読者の罵倒に絶望しやる気を失った時期があったそうです。
しかし、ある時、読者に「私は読者の求めるマンガを描いた方がよいですか?」
と質問したら
「読者が求めるマンガなら読まない」と回答があり、自分の好きなように書き更にヒットし続けているそうです。
※私は「読者は展開を読めるマンガを求めていない」と解釈します。

私が好きなマンガ家さんは、スレを見てマンガを描くことを辞めた人も居るので私は見ない、
と言っていました。
マンガ家さんにとって、出版社側も読者にあたると思います。

外国でも日本のマンガが愛される理由として、主人公が何度負けても這い上がることが挙げられています。
マンガを描ける環境があって、一度成功したなら才能があると言っていいでしょう。
世の中には、書きたくても書けない環境の人も多くいます。
続けるのも才能の一つです。
出会いも才能の一つで、求めなければ出てきません。
辞めれば、それだけの才能だった。です。
今の立場をネタにする、ぐらいの気持ちで続けてほしいですね。

投稿日時 - 2013-05-17 18:37:26

ANo.10

借金もなく、健康で、特殊技能(マンガ)がある…暗くなる必要がないと思います!

コンビニやマクドナルドのバイト向きの経験ではありませんが、ハローワークや人材派遣会社にいきましょう。

また、出版社にも何かしら仕事を知らないか聞いてみましょう!

大丈夫ですよ!頑張りましょう!

投稿日時 - 2013-05-17 18:11:48

いつの日か、必ず、経験が生きてくる
局面がありますので……どのようなことでも、
全身全霊で行っていて、
ご損はありませんよ。
視覚・視点によっては、そうした日常から、
新しい道が開ける場合がないとも
言えませんしね。

質問者さまの
想定読者層と時代感覚は不明ですが
自分自身に負けないで、
才能やスキル磨きを進めてください。

〈ふろく〉
スキューバダイビングや
スカイダイビングをしてみませんか。
人生観が変わるかもしれませんよ。
あるいは、
世界の難民キャンプを訪れて
日本文化を教えたり、子どもたちに
数学・算数・絵の描き方などを
教えてきませんか。そのプロセスで
自身が学ぶことが少なくないですよ。
世界に向けて自筆のイラスト入りのお母さまとの共著で
創作料理の本を出版してみるのなどでも
リフレッシュするかもしれませんよ。
他、女性の下着のデザインなども考えてみませんか。

人は、不幸な出来事によって不幸になるのではない。
そのことを不幸だと思うから不幸になる。   (Viktor・E・Frankle)

CiaoCiao!

投稿日時 - 2013-05-17 18:00:18

ANo.8

まだまだだよ
そのくらいと言っちゃ悪いけど
「私をクビにして後悔させてやる!」くらいでいいんです

あなたが連載に漕ぎ着けるまで、どれだけの人が消えて行ったのか?
一度はてっぺんに手が届いたんです

ここで負けてどうすの?
才能が無いわけじゃない
何かが足りなかった!!!

今度はそれを探せばいい
あなたは素人じゃない! プロなんだから!
自分を信じてもいいと思う

明日が来るってことは、またチャンスも来るってこと!

投稿日時 - 2013-05-17 17:13:26

ANo.7

30歳でリストラされた人間です

やり直す気力さえ有れば、案外何とかなるものです
その為には
自分の持っている物に気づかなければなりません

>今の私には何もありません。何も持ってません、 と
思っていらっしゃるのですね

果たしてそうなのでしょうか?

私は本、特にライトノベルが好きで
仕事を解雇された時に
自分でも執筆してみよう!なんて思って
実際に1つ物語を作った事があります

本を書く事が、こんなに難しいなんて思ってなかったです
物語を完結させられる人をとても尊敬します
物語に説得力を出すには
知識と経験が無いと難しいのです

漫画を書き続けた4年間は、
必ずや、貴女を支える経験になります

そして

人との繋がりも、お金では買えない財産です
アシスタントをしていた頃
デザインの会社で働いていた頃
そして
今からでも、もっと視野を広げれば
貴女の財産となり得る物に出会えるはずです


さて

私は、以前の職を解雇された時に、
雇用保険を利用した就職支援の一環で
職業訓練という物を利用した事があります
介護の訓練校で、
高齢者や障害者を支援する術を学びました
そこで出会った人達
そこで身につけた知識
そこで手に入れた物は
私の財産と言っても過言ではないでしょう

30歳過ぎても人生をやり直す事は可能です

出来るか?出来ないか?じゃありません
やるか?、やらないか? です

頑張る気力が湧いたなら、頑張りましょう
気力が沸かないなら、少し休んで良いと思いますよ
でも
ダイエットは明日から
その明日は永遠に来ません

休む日をきっちり決めておきましょう

投稿日時 - 2013-05-17 17:00:55

ANo.6

「漫画家」、作家よりも激しい世界ではないですか?動きが激しいこの時代とどうやって向き合っていくか、常にそう考えながらの仕事だったのではと思います。65歳男性です。今は正社員で働いていますが、ここまで来るのに貴方以上に辛い過去、現実がありました。私は28年くらい経理事務一本でしたから、普通の男性のようにガテン系は出来ない、鉄鋼所なんてとんでもないというのが私の仕事を選ぶ条件でした。その中で一番無難であったのは派遣会社でした。沢山の派遣会社に登録をしておいてその中の自分が出来る仕事をする。必ず職場見学があります。コピー機の部品を造る会社、その後は大手会社の独身寮の管理人、最近は精神科病院の当直、日直、ですから将来の事もありますが、とにかく今出来る仕事、コンビニの店員でも良いではありませんか、自分が出来ると思う仕事をする、そして、次のステップに向い進む、私も一時生活保護とまでいきましたが、車を持てないとか、色んな制約があり行政に頼らず自立する事を目標に頑張りました。今は寮管理会社の正社員で寮管理人をしています。若いのですからこれからですよ。頑張って下さい。

投稿日時 - 2013-05-17 16:56:51

それは燃え尽き症候群ですね。

私も楽器一筋でしたが、夢絶たれ今は普通の会社員です。
今思えばあの時は毎日が楽しく楽器に依存していましたが、行き詰まり音符を見るのもイヤになり
数年間一切音楽とは無縁の日々を送っていました。
それから暫くしてある日たまたまTVで昔四苦八苦していたすごく懐かしい音楽を聴いた時に、あっあの時はこんな感じで演奏していたけど、今ならきっとこういう感じで演奏するな感じたと感じたと同時に又楽器をやりたいと思うようになりました。

とにかく今は漫画からトコトン離れた方が良いかと思いますよ。 きっと又書きたくなる日が来るでしょう。 けど、生活しなきゃいけないのでナニもしないよりも、なんでも良いので仕事していた方が色々な経験吸収出来て楽しいですよ!

投稿日時 - 2013-05-17 16:39:21

日々人生の崖っぷちです。随分前から人生の歯車が狂い始めてしまい人生を修正するのに精一杯で借金ばかりの人生って感じです。
もっと本性を磨いて余裕のある人生を生きてみたいというのが本心です。

投稿日時 - 2013-05-17 16:35:18

ハリウッド俳優のデンゼル・ワシントンが良い事を言ってます。

「やるべき事をすれば、やりたい事が出来るようになる」

前職は残念ながら失敗しましたが、人生の90%は失敗だと思いますので、そんなに考える必要はないと思います。
ですから残りの10%の成功を大切にしないといけないんですね。

現職こそ、彼の言葉を実行すべきかな?と思います。

会社組織では最初からやりたい事は出来ないんですね。

どんなにつまらない仕事でも、面白く働くことは出来るんですね。
言葉を変えれば、「小さな幸せ」を見つける能力があるのかどうかが人生を楽しく充実して過ごせるかどうかなんですね。

「小さな幸せ」を見つける能力は、誰にでも備わってますので、簡単に能力を上げる事が出来ます。


今を精一杯だと思います。

投稿日時 - 2013-05-17 16:31:34

ANo.2

そのお年なら 再スタートでもまったく問題ないです。
ここは 1発実用的な国家資格に挑戦してはいかがでしょうか?
資格勉強すること自体 知識が身に付きますし自信にもなります。
自分で独立して何かを始めるなら 年はある程度とってたほうがいいので あまり年は気にしなくてもいいかと、、、。

投稿日時 - 2013-05-17 16:19:33

4年間必死で仕事に打ち込んだこと、漫画なんてクリエイティブな仕事をしてきたこと、とても素晴らしい財産だと思います。

今はまさにスランプというものの中にいらっしゃるのだと思います。漫画家なんてすごい仕事をしている方は多くがスランプに陥るものではないでしょうか。逆に、今有名な作家さんたちはスランプを経てやっぱりまた漫画を描いたから、今があるのでしょう。あなたもまさに今新たなステップの前に立っているということではないでしょうか。

気が済むまでバイトするのもいいと思います。漫画を描くためには人生経験も必要でしょう。4年間の引きこもり中にはそんなことできなかったのでしょう?バイトも恋愛もおしゃれも、旅行できるなら旅行も、家族とのやり取りも、社会情勢の勉強も、何でもできる、今は準備期なのでしょう。
いったん漫画から離れて関係ないこといっぱいやるのも、心の栄養になるし、次の作品をより輝かせると思います。

投稿日時 - 2013-05-17 16:18:37

あなたにオススメの質問