こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自衛隊の10式戦車の弱点はどこですか?

質問です。もし皆さんが某人民解放軍の将軍で某覇権国家隷下の傀儡国家を攻めるとして、そこの最新鋭戦車である某10式戦車と戦うとしたらどうしますか?ちなみに某10式戦車は偶然にも日本の10式戦車と全く同じスペックだとします。某傀儡国家の軍隊も今の自衛隊と全く同一だとします。偶然にも。あ、いえ、他意なんてないです。ちなみに私は地元では「あの子はとても正直者」だと言われてますし。

で、某傀儡国家の軍隊(便宜上、自衛隊と呼称)の欠点としては、兵站が弱くトランスポーターが非常に少なく、戦車自体の行動距離も諸外国の水準を遥かに下回っています。私としてはここに10式戦車の弱点があると思うのですがどうでしょうか?つまり10式戦車(以下、10TK)は戦略/作戦機動に難があるので包囲に対して脆弱ではないかと思うのですよ。

普通、古代から現代に至るまで重槍部隊でも戦車部隊でもいいですが、突進力のある部隊はそうであるが故に速度が遅く、単独では騎兵や軽戦車に包囲されてしまう弱点があったのです。実際、第三帝国のフランス侵攻では装甲の脆弱なI・II号戦車がフランスのB1などの重戦車を包囲した挙句に撃破してますし、カンネーの戦いでも兵力に劣るカルタゴが騎兵による包囲に成功してローマ軍を敗北させています。

つまり戦場において戦略/作戦機動の優越は非常に重要だということです。これは単に敵を包囲する際に優位なだけでなく速度の利点によって、情報の先制入手や有利な地形の確保および敵の遅滞行動などが可能となってくるので、局地的には不利になっても全体的な戦略/作戦レベルで極めて有利にことを運ぶことが可能となってくるのです。

現代の戦車でも某ロシアのチェチェン紛争みたく、ゲリラに包囲された戦車は多数の被害を受けてますし、第二次レバノン紛争でもイスラエルの戦車が包囲されて大損害を被りました。装甲があったから被害を食い止めたとの意見もあるようですが、そもそも速度があったら包囲なんてされにくいので、こんな被害など受ける必要がなかったとすら言えるでしょう。

ようするに戦車のような重戦力を活かすとすると、敵の動きをコントロールできる装輪部隊を基幹とした快速部隊やヘリボーンを行える軽装部隊が必要だと言わざるを得ないのです。これが整っていれば敵が味方戦車部隊を包囲しようとしても、快速部隊によって敵の動きを遅滞できますし、そもそも情報を先制し入手できるので逆に敵を包囲できる可能性も高まります。

ただ自衛隊の戦車は上記のように戦略/作戦機動に劣り、頼みの綱の普通科部隊も旧式兵器ばかりで火力が諸外国の水準に達してないのが現状です。普通科部隊が敗北するようなことがあったらそれは即ち戦車部隊の敗北に繋がることがらと言えるでしょう。敵は速度を生かして自衛隊の10TKなどを包囲すればいいだけですから。

何が言いたいかというと戦車だけ強くても意味などないと言いたいのです。某マニアの間では装軌車を重視する傾向が強いですけど、こういう事柄的にも装輪部隊の一定以上の近代化は必要不可欠だと判断します。またここ最近は非対称戦争の拡大によって守るべき地域と時間が大きくなっていく一方です。これらのことから装輪車によって守るべき地積を拡大することも重要視されてきました。

なので私としては10TKの重要性は冷戦時よりも格段に落ちてきていると主張します。つまりこれらを勘案した上で10TKの弱点とかアレさを教えて下さい。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2013-05-17 21:06:14

QNo.8092597

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

某国における戦車の所有目的は攻撃3倍の法則で相手に攻撃時の負荷をかけさせる事です
某国が200両戦車を持っていると600両の戦車と200隻の上陸用舟艇が必要になります
更に某国の地盤は軟弱地盤なため、世界が開発配備している戦車は重すぎて某国領内を走行することができません(究極の対戦車防御システム)。敵が某国を攻めるとしたら50年前の戦車か、装輪装甲車をもってくるかしかありませんが、それらで最新戦車と戦うのは無謀です。それも世界最速の旋回性能を持つ戦車に対して挑むのは無理があります

周辺国が所有する装輪戦闘車としては02式100mm砲搭載自走戦闘車がありますが、車高が高く、照準も光学照準であり、某国の兵器相手には無謀です。

某国の軟弱地盤は要注意事項で、装輪自走砲のように4点から6点のみの接点で反動を抑えるのは危険です。某国の地盤は無限軌道の方が向いているのですが、無限軌道の兵員輸送車ってのはほとんどありません。

某国最大の装甲はその国の地盤で、大陸国の戦車や装輪装甲車は普通には走れないという事をお忘れなく
そして10TKは衛星情報を瞬時に入手してそのものが持つ異様に速い走行速度で対処できるように設計されているのです。10TKの最高速度が70キロというのはウソで80キロ近い速度が出ていると思われます。

10TKの欠点
ハイテク過ぎて製造コストがバカ高い
3人乗りなので履帯を破壊されるとその場では直せない

兵器というのはそこの国の大地の事情に合わせた兵器が必要です。大陸国だと重くて頑丈な戦車や真っ直ぐ飛ばせる装輪装甲車や装輪戦闘車が向いているかもしれません。でもそれは岩盤の上で戦う兵器。軟弱な火山島で戦う兵器は某国以外では開発されていないのです。島の周囲に大きな戦車壕があり、その幅を超えて攻撃できるヘリコプターも航空機も存在しないんです。

10TKは冷戦後に開発が始まった戦車です。これは周辺有事が近いと判断したからです。超大国君や斜陽欧州は安定してしまい大戦争が起こる可能性が無くなりました。

世界で装輪装甲車を火山島で使ったらどうなるかの実証研究しているのは某国だけですし、実用化されている装輪兵器は火山島で戦う事を想定していないのです。

某国が装軌車両が主体なのは大地の都合です。某国でも2015年目標で装輪戦闘車の開発を進めてはいますが、如何せん走れるのが道路のみというのは兵器としては厳しいですよね。

投稿日時 - 2013-05-20 12:37:44

ANo.4

戦車は航空攻撃に対して無力なのは常識。
また、装甲の弱い上部を狙うトップアタックも常識。
更に、戦車単体で運用しない事も常識。

常識を持論のように力説されれいるが、戦術と弱点は全く違う事だ。

投稿日時 - 2013-05-18 13:49:21

補足

自衛隊にはその戦車を効率的に運用できる普通科部隊などの装備が整ってないのですよ。なので戦車単体というか総合的な状況下でも戦車の戦略/作戦/戦術/戦法の各レベルでの、現状での自衛隊の10TKを語ってくださいという質問ですよ。hagecyabinnさんは私の趣旨を理解してないご様子ですね。

またトップアタックは戦術レベル以下の事柄で、hagecyabinnさんは戦術というものをご理解してない様子ですね。また某解放軍が上陸してくるとしたら、既に航空優勢は敵が確保してるという可能性が極めて高いです。ただ敵の航空優勢下での10TKの運用となると絶望的なので、航空優勢が互角の状況下での戦車の戦略/作戦/戦術/戦法レベルでの各弱点をお答え下さい。たぶん、hagecyabinnさんには無理だと思いますけど。

そもそも自衛隊の戦車の有効性を語るなら、せめて他兵科の弱点が戦車(機甲科)に与える影響などを語ってくれないと、私の質問に対する回答として成立しません。トップアタック云々はべつに一般的な包囲などの戦術原則に対して大きな影響(個々の戦いでの効率なので戦術レベル以下の戦法レベルで語るべきことがら)を与えるべきものではないです。そういう個々のレベルでなら戦車は陸上兵器の中では比較的強い方だと言えるでしょう。

ただ単体で強くても他の兵科が弱くては意味がないですけど、要するに全体的の効率として自衛隊の戦車の弱点をお聞きにしてるのですよ。もし質問の意図を勘違いしてるのなら、そういう意味ですのでご了承くださいな。取り敢えず、こんな感じです。可能なら戦術レベル以上での効率を語ってください。可能ならでいいですので、無理ならわざわざ回答しなくていいです。

投稿日時 - 2013-05-18 17:26:47

ANo.3

で、包囲攻撃するだけの数の車両をどーやって大量に持ってくるの?

戦車揚陸艦など、少数しか投入できないのが前提での国土防衛なので、あれで足りてますし

ま、弱点は値段ですけどねぇ^^
大量配備できない。

投稿日時 - 2013-05-17 22:26:14

補足

説明不足過ぎてなにを言ってるのかよく分かりません。ちなみによく分からないですが憶測でお答えすると、包囲というのは成功すれば敵よりも遥かに少ない戦力で相手を殲滅することが可能です。極端な例でいうなら井ケイの戦いなどは3万対30万の戦い(資料によって数値は若干前後する)でしたけど、包囲に成功した3万の方が勝ってます。なので状況によりますが兵站と速度に問題がある敵を相手にするなら包囲は十分に検討対象となる方法だと思わざるを得ません^^;

投稿日時 - 2013-05-17 23:17:07

ANo.2

プラモデルじゃあるまいし、3分割しないと、どこにももって行けないMBKにも問題があったのでは。
移動のために紙と土でできた家屋を踏み潰しながら前進するのなら、日本が生んだ怪獣とかわらないような。
日本には軽自動車が似合います。税金も安いし。
人海戦術しかない仮想敵国にはこれで充分かと。

投稿日時 - 2013-05-17 21:37:05

補足

すみません、感情論での回答は止めてください。

投稿日時 - 2013-05-17 21:41:10

ANo.1

>質問です。もし皆さんが某人民解放軍の将軍で
>某覇権国家隷下の傀儡国家を攻めるとして、
>そこの最新鋭戦車である某10式戦車と戦うとしたらどうしますか?

>某傀儡国家の軍隊も今の自衛隊と全く同一だとします。

※装備が同じなら
「AH-1Sコブラ」対戦車ヘリコプターで攻撃します。

「AH-64アパッチ」でヘルファイア攻撃も効果的かな

 戦車なんて 空からの攻撃に脆いですので
包囲なんてリスキーな方法をする必要意味不明

投稿日時 - 2013-05-17 21:25:14

補足

湾岸戦争でも第二次レバノン戦争でも包囲は行われてますよ?またゲリラだけでなく正規軍も普通に包囲を行っています。また対戦車ヘリコプターは気象条件や基地などの事情で必ず常に使える装備とは限りません。

投稿日時 - 2013-05-17 21:33:34

あなたにオススメの質問