こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

私はアダルトチルドレン??

20代の者です。
つい最近になって、アダルトチルドレンという言葉を知り、まさに私のことではないかと感じました。

しかし、私の家は、特に親がアル中だったとか、虐待されたとか、そういうことはありません。
強いて言えば、本当に時折、父が、母や兄弟に対して暴力をふるったり、その程度です。
ただのよくある亭主関白な父と三歩下がってというタイプの母とのごく普通な家庭で、
毎年旅行にも行っていましたし、特に幼い頃は、仲の良い家族だったと記憶しています。
しかし、中学くらいの頃から父のことが嫌いでした。
高校の頃、父の不倫が決定打になり、憎しみさえ感じました。
また一方で、頑なに離婚を拒む母にすら、怒りを覚えました。
結局、私の強い要求もあって、両親は離婚しました。
それからは、父のことは忘れ、ただ母のためにとだけ考えてきました。

しかし、社会に出てからは、なにかとそこにいることが辛く、馴染めませんでした。
母を養っていけるようにならなければと頑張ってはみたものの、結局転職し、今も細々と仕事をしていますが、やはり居心地の悪さを感じ、またすぐに退職してしまうような気がします。

私が感じる、生き辛さの具体的な部分ですが、
例えば、常に自分は何か失敗していると思うので、何も注意されないと不安になります。
あまりに私が仕事ができないから注意すらしてくれないのだ、と思います。
何か褒められても、ただの世辞か、あるいは何か裏があるのだと勘ぐってしまいます。
その延長で、人の話し声がすると、私の悪口だと感じます。事実、そうなのかもしれませんが。
他にも、一か百かでしか考えられなかったり、他人に対しても厳しく批判の目をむけてしまったり、ほぼ毎日、死にたいなあと思っていたり。思い当たる点は多々ありました。
でもずっと、これらは他の人々も持っているものだと、ごく普通のことなのだと思っていました。
アダルトチルドレンという言葉を知って、初めて、もしかすると自分には異常な部分があるのではないかと感じました。

けれど、先に述べたように、私の家庭はよくある家庭でした。
離婚だって、幼い頃に起きたことではありません。
アダルトチルドレンになる要素がないのです。
私はアダルトチルドレンなのか、それとも何か別の異常なのでしょうか?
また、どうやったら治せるのでしょうか?
生まれもった性格で、もうどうしようもないでしょうか?


さらにもう一つ、相談させて頂きたいことがあります。
最近、家すらも居心地が悪くなってきました。
今は私と母ときょうだいの3人ぐらしですが、
自室にいるときにリビングから家族の声がすると不快です。
それどころか、私の悪口を言っているに違いないと思ってしまいます。
休みの日が重なれば、日中家族が活動している音も不快です。
自分の世界に篭ろうとしますが、楽器を弾いたり音楽をかけたりしても、それに対して家族から苦情を言われるのにイラつきます。

一人暮らしをするしかないでしょうか?
経済的には、できるだけこのまま家で暮らし、少しでもお金を貯めたいので、
なんとか家族との同居の不快感をなくしたいと思っています。


最後に、長文を読んで頂き、ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-23 02:23:43

QNo.8100826

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

なりたかった自分じゃなけりゃ誰でもアダルトチルドレンだよ。

テストで90点取って自分は喜んでるのに「なんで100点じゃ
ないの?」と叱られたら90点で満足しちゃいけないんだ。
100点を取らなきゃいけないんだ・・・と自分の喜ぶ気持ちを抑
えることになるでしょう。それが恒常化すると90点で喜ぶ自分
を失ってしまうんよ。

一人暮らしする前に心理カウンセラーにでも相談してみたら?
アダルトチルドレンかどうかよくわかんない、よく表現できない
から相談し辛いな~なんて思う必要なんてないからね。
そんなモヤモヤしたもんも含めて相談するもんだから。

投稿日時 - 2013-05-23 12:57:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

やはり、そういった専門の方に相談するのが良いのでしょうか。
少し調べてみましたが、正直なところ、あまりの料金の高さに驚いてしまいました。
保険外ですから、当然なのでしょうが…
検討してみます。

投稿日時 - 2013-05-23 14:16:43

  グループ療法について妻から聞いた話ですが、参加者は色々な問題を抱えた方がいるようです。

  誰も他の人の言ったことについて批判することはなく、私もそうそうと共感することばかりのようです。

 中には心の傷は深く中々自己開示ができなくて何も言えない人がいますが、他の人の発言を聞いた事より私だけでないんだと共感でき自己開示ができたという方もいるようです。

 後でお互いにフィードバック仕合いますが、否定的な事は一切なく自己開示したことにより自分も皆の役に立てたと実感できるようです。
 

 カウンセラーの方もいますし、合わなかったらもう行かないぐらいの気持ちで行かれてもと良いかと思います。

投稿日時 - 2013-05-23 11:46:14

お礼

なるほど…。大変参考になるお話、ありがとうございます。

確かに、とりあえず行ってみて、合わなかったらやめよう、でいいんですね。
そこで何か収穫があれば儲けものだと思って、
良さそうなところを探してみたいと思います。

本当に、重ね重ね、ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-05-23 12:15:48

 私の妻も同じようにモラルハラスメントの家庭で育ち、おそらく似たような症状で悩んでおります。
 記憶に残ってないかもしれませんが、幼児の頃に父親が怖く感じたためその恐怖から逃れるためにはどうしたらいいのだろうと子供ながらに考え、常に父親の目を気にしながら”何もしない、人を信用しない、”と決断し母親の抑圧されながらの生き方をモデルとして、その場に適応した方法として身についたのだと思います。


 そのため、人の目が必要以上に過剰に気になり、自分から何か行動を起こそうとすると無意識の中で子どもの頃に親から文句を言われるような感情が湧き言いたいことが言えないのではないでしょうか。

 うちの妻は、同じような症状のあつまるグループ療法の会合に出席したりしております。
感想を聞くと、自分だけではないんだと自己肯定感がもてると言っております。
 
  
 自分の妻に対する感想ですが、少しづつではありますが、変わってきているかなと思います。 

投稿日時 - 2013-05-23 10:21:36

お礼

ご回答ありがとうございます。
奥様が変わってきていらっしゃるとの話、参考にもなりますし、励みにもなります。

実は、グループ療法のようなものがあるということは、
ネットで調べて知っていました。

けれど、もしグループの他の人たちが、親からの虐待など、
私よりも酷い思いをしてきた人たちだったら、
私などが行っても「それくらいのことで」と思われるのではないか、
「私はもっと酷かった」と言われるのではないかと怖くなり、
その方法はあまり考えずにおりました。

ご回答を読ませていただく限り、奥様は、明らかな虐待などを受けたわけではないようですが、
私や奥様のように特別に大きな家庭問題はなかった人たちも、中にはいるということでしょうか…。
もしそうなら、近くにそういった会合がないか、探してみたいと思います。

投稿日時 - 2013-05-23 10:43:20

ANo.1

ACかどうかは、他人が判断できることではないんです。

でも、あなたが家庭における人間関係に適応した結果、
社会における人間関係には不適応な人間になってしまったとしたら、
あなたの家庭は機能不全家庭だった可能性は高いと思います。

他人には、
毎日の積み重ねのような家庭内の人間関係のことは分かりませんから、
大きな事件が一回起こる方が、問題のある家庭だ、という風に分かってもらいやすいです。
しかし、白と黒ではなく、黒が外に出た場合は残りはグレーなんです。
それ以外の部分はまったく愛情あふれる幸せな家庭ということはまずありません。


大きな事件というのはあくまでも氷山の一角です。
そこに至るまでの毎日の積み重ねの人間関係の方が、子供の成長過程において甚大な影響を及ぼします。

例外的に起きた1回の大事件よりも、10万回され続けてきた小さなことのほうが、
子供の思考パターンの形成に影響してしまいます。

ACの特徴として、自分の家庭の人間関係の異常さに「気づいていない」ことがあります。
大きな事件とか、外から見てわかりやすいところにだけ注目しているからです。


お父さまは亭主関白というのも、いまの時代には合いませんし、
お母さまが裏で操縦して幸せな家庭という風にも見えません。
亭主関白は、けっきょく妻が裏の操縦者だからうまく行くんですよ。
父親が一家の支配者みたいになってしまうのは、恐怖政治です。

お父様は、むしろモラルハラスメントやDVの傾向がある人だったと見るのが正解ではないでしょうか。



離婚は幼いときだから精神的ダメージが大きいとは限りません。
小さい時からひとり親家庭であっても、
愛情をたっぷり受けてとても健全に育っている人も少なくありません。


たとえば緊迫した家庭の雰囲気であったり、
子供がビクビクして育つような環境であったり、
父親の横暴から、母親が子供を守らないような家庭であったりしたら・・
子供の心にかえって悪い影響がありますよ。

両親がいっしょにいて不幸な顔でいたり不機嫌でいたりすると、
かえって子供がノビノビと育たないこともあります。


子供は親の背中をみて育ちます。
親に言われたことをするのではなく、親をコピーします。

あなたの親を見習って生きて、幸せに生きられるとおもいますか。

投稿日時 - 2013-05-23 05:48:23

お礼

こんなに早くご回答いただき、ありがとうございます。
全く、目から鱗ばかりです。
まだ自分がACかもしれない、と気づいただけで、
他にまだまだ気づいていないことや知らないことがあるのですね。

>お父様は、むしろモラルハラスメントやDVの傾向がある人だったと見るのが正解ではないでしょうか。

年中手を上げるわけではないからDVではないし、
ただの亭主関白なのだ、と考えていましたが、
そういう「傾向」だと考えれば、確かにそうでした。
モラルハラスメントについても、お恥ずかしいことに
今調べてみましたが、確かにこれです。
思い返せば、父はいつも、ことあるごとに母をけなしていました。

>たとえば緊迫した家庭の雰囲気であったり、
>子供がビクビクして育つような環境であったり、
>父親の横暴から、母親が子供を守らないような家庭であったりしたら・・

これも、言われて初めて、そういえばそうだったのかもしれない、
と気が付きました。
両親が離婚したとき、とてもほっとしたのを覚えていますし、
父が手をあげても、母は決して庇ってくれませんでした。

>親に言われたことをするのではなく、親をコピーします。

これは大変恐ろしいです。
私は彼らのようにはなりたくありません。
ACを治せば良いのでしょうか?
治すにはどうしたら良いのでしょうか??

投稿日時 - 2013-05-23 08:54:03

あなたにオススメの質問