こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

オペアンプの選定

このバッファ回路を通して、前段の回路のSFDRを測定したいです。
入力は0.4V中心の振幅±0.1Vで、入力周波数は100kHz~50MHzです。
ですので、使用するオペアンプは最低でも30MHzほどでSFDR65dBほどある表面実装オペアンプICが
望ましいです。
探したのですが、これらの条件で合うものが見つかりませんでした。
これらの条件を満たすSMDオペアンプICはあるのでしょうか?
また、前段の回路のSFDRが計れればいいので、この構成でなくてもかまいません。
こういう構成でこのオペアンプであれば測定できるというものがありましたらご教授願いたいです。
よろしくお願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2013-05-25 14:19:22

QNo.8104181

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

どの様な測定器を使ってどの様な構成で何を測定したいのですか?

SFDRて言うのはDACやADCの性能を示す指標でしょう。
アンプのデータシートにはSFDRは記載されていませんよ。

差動の入力が必要なら、最初から差動アンプを使用すればいいのです。
例えば、こんなもの
http://cds.linear.com/docs/jp/datasheet/j1994fb.pdf
もっと探したいのなら、ここから
http://www.linear-tech.co.jp/products/Differential_Amplifiers

差動アンプのバランスを取る為に可変抵抗を採用する設計は駄目です。
5Kの可変抵抗で1kジャストに合わせるのは困難です。
経時変化や振動などの影響を考慮する必要が有ります。
可変抵抗と可変で無い抵抗の温度特性を合わせる必要も有ります。
0.1%よりも精度の良い抵抗が簡単に手に入るのですからそれを使いましょう。
一つのパッケージに4個の抵抗が入っているのも有ります。
例えば、
http://www.digikey.jp/product-detail/ja/ORNTA5000AT1/ORNT-500ACT-ND/1770982
http://www.digikey.jp/product-detail/ja/ORNTA1001AT1/ORNT-1KACT-ND/1770980
http://www.digikey.jp/product-detail/ja/PLT0805Z5000AST5/PLT0805-500ACT-ND/2120418
http://www.digikey.jp/product-detail/ja/ERA-3AEB102V/P1.0KDBCT-ND/1466052
0.01%のものも手に入ります。1個1500円と高価ですが。
http://www.digikey.jp/product-detail/ja/Y16251K00000T9R/Y1625-1KCT-ND/1888133

投稿日時 - 2013-05-25 15:46:20

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

以下のサイトで見ると、広帯域でクワッド入りは無さそうなので、デュアルのOPアンプを選んで2個買ったらどうでしょう?
TIのTHS4222が230MHzまで帯域があり1.25$/1Kなので良いのでは?

http://www.tij.co.jp/lsds/ti_ja/amplifiers-linear/high-speed-amplifier-greater-than-equal-50MHz-products.page

投稿日時 - 2013-05-25 22:00:01

あなたにオススメの質問