こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

図書館で罰金を取る…米国で?

英語の勉強をしていると、図書館で返却期限を過ぎた場合、罰金を取る、という例文が出てきました。先日放送されたNHK「ラジオ英会話」でもそんなダイアログがありました。
日本では、まず聞かない話ですが、米国では公立、学校図書館通じて一般的なことでしょうか?
ヨーロッパ、アジアなどほかの諸国・地域ではどうでしょうか。

投稿日時 - 2013-05-27 14:00:02

QNo.8107230

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

検索をして、いくつかの図書館のサイトを見てみました。

●The County of Los Angeles Public Library(米国)

「罰金」があります。以下はサイトより転載。

Fines & Fees
===============================================================
Type                 Overdue Fine
===============================================================
Adult Library Card         30¢ per day, per item
---------------------------------------------------------------
Children's Library Card      15¢ per day, per item
---------------------------------------------------------------
Bookmobile Items           No charge
---------------------------------------------------------------
Maximum fine for any one item   $10.00
===============================================================
http://www.colapublib.org/aboutus/account.html

●New York Public Library(米国)

返却が遅れたとき 1日当たり「$0.25」の「罰金」があります(対象:本、CD他。大人の場合)。
http://www.nypl.org/help/borrowing-materials/library-fines-and-fees

●Girne American University(トルコ)

罰金があります。
http://cybrary.gau.edu.tr/Rules.aspx

投稿日時 - 2013-05-27 15:40:33

お礼

なるほど。わざわざ、ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-03 18:04:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

 人から借りたものを返さないことは契約違反にもなります。日本の公共図書館は「相手がキチンとルールを守ってくれる」との性善説に基づいて設立されていますので、余り強くは言いませんが、それでも度々ルールを守れない方にはペナルティとして「貸し出し停止」を設けている図書館も数多くあります。
 もし他の利用者がその本を利用したいと考えても利用できないわけですから、相手にも多大な迷惑をかけることになります。最低限のルールは守りましょう。

投稿日時 - 2013-05-27 19:41:07

お礼

同感です、ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-06-03 18:07:55

ANo.3

phj

日本という国は、個人の財産権やプライバシーに手をつけることに非常に慎重な国です。

たとえば、バイクの常時ライト点灯(ライトの寿命が短くなる)、チャイルドシートの義務付け(チャイルドシートを買うお金を強制的に出せということ)、住宅用火災警報器の取付義務(やはり買え!ということで法律で財産を毀損させる)、などは諸外国特に欧米に比べて10年から20年ぐらい遅れることが多いです。
 また育児放棄の家庭に児童相談員などが入るのに手続きが厳密ですが、欧米では、具体的な証拠、があればすぐに親が逮捕されます。よく知られた話ですが、白人しかいないような地域で子供を生んだ日本人が、定期健診で赤ちゃんの青あざを見咎めれ警察沙汰になる、ということが実例としてあり、それは蒙古斑なのですが、白人にはないため医師が虐待による青あざと勘違いして警察を病院に呼んでしまうのです。
また、日本でよくあるパチンコ店の駐車場に赤ちゃんを置いて、パチンコに興じるような場合、諸外国では誰かが警察に通報し、即、育児放棄で警察に捕まります(つかまるだけでなく、裁判で育児能力なしとして子供と引き離されることになります。)

ですので、日本では図書館の延滞で罰金を取るようなことはあまり考えられませんが、諸外国ではありえます。諸外国は「公共」という考え方が日本より厳しく、「公共」に損害を与える場合躊躇なく罰則を与えます。

米国は州によってもかなり考え方が違いますが、罰金などに躊躇しない州は多いと思います。

投稿日時 - 2013-05-27 17:36:17

お礼

「公共性」という概念が、欧米近代発祥のもの、と感じますね。アジアに置き換えると、どんな考えでしょうかね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-03 18:07:15

ANo.1

日本では返却期限を過ぎた場合、罰として貸し出さない期間を設定する図書館を知っています。米国では罰金ですか、ありそうにも感じます。無職で借りた奨学金を返さないでいると最終的には牢屋に入るそうですし。

投稿日時 - 2013-05-27 14:07:13

あなたにオススメの質問