こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ブラック企業について

先日NHKでブラック企業の番組を見て思いましたが?
36時間勤務、残業代なし、一ヶ月の休みなし?これって労働基準法違反にならないのですか?
私が以前努めていた会社(上場1部)の会社さえ、月2回休みがとれればいいほうで、残業も22:00頃まであり、勿論残業代もつきません。残業や深夜手当などは労働基準法で125%の
上乗せがあるはずですが?出勤状況も2重帳簿で申告するさいなどは実質年間40程度でも105日と申告してるようです。
ブラック企業は創業者でそれなりに成功をおさめた自身過剰な所がある傾向があり、それがたまたまにせよ会社の組織として機能してない傾向があると思います。
なぜ、国はその様な会社を把握し実名を明かさないのでしょうか?
また、阿部総理が解雇理由のおうはばに広げるといった馬鹿な考えを打ち出したのでしょうか?
これでは、ますます労働者の使い捨てが増える一方だとおもいます。
アベノミックスでただ単に円安誘導で実際の企業の設備投資や賃金アップがおこなわれていない状況で雇用回復がないのに良くぬけぬけと言えた発言ではないでしょうか?

投稿日時 - 2013-05-29 02:09:54

QNo.8109739

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>燃料高騰で漁船が活動を停止したように、私もスーパーなどで値段が少し上がってる気がし
ます。

 実はアベノミクスと燃料の価格は関係ないです。
燃料、この場合はNY先物原油チャートをみればわかりますが、民主の時の異常な円高でも燃料が高騰したのを覚えていません?
 ドルは75円→100円と25%ほどの変動ですが
原油はそれ以上です
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/materials/?mn=0000065575
 2000年に1バレル 10
  →2006年に1バレル90と 9倍に上がってます
なので為替の影響など微々たるものです

>2010年から2013年2月頃までドル安だったのでしょうか?
 2010年1月 1ドル92円
 2011年1月 1ドル82円
 2012年1月 1ドル76円
 2013年2月 1ドル76円
    はい円高ドル安です

>成長率年2%はrikukoro2の考えでは可能と言う事ですね
 元々アベノミクスのメインであるインフレターゲットの導入で物価上昇は2%ですから
 簡単でしょう。とゆーか主な先進国で採用してなかったのは日本だけです。
  理由は韓国と中国の経済にダメージを与えるから日本の成長を抑制したのです。

 実際 以前の与党である民主党が選出した日銀総裁の白川が
IMF総会で欧米から金融緩和を薦められるが「新興国の為に何もしない」と宣言したのは有名な話です。

投稿日時 - 2013-05-29 13:22:58

お礼

燃料高騰はアベノミクスとは関係ないのがわかりました。ただ円高が燃料の実質価格を押さえていたと記憶してますが、確かに民主党時代にも燃料高騰があったのを記憶してます。
個人的な見解ですがなぜ『韓国と中国の経済にダメージを与えるから日本の成長を抑制したのです。』個人的見解ですが、あれ程日本バッシングがある国に考慮
したのかわかりません。
本来のブラック企業から題材が変わってしまいましたが、色々と勉強になりました。

投稿日時 - 2013-05-29 23:11:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

>あれ程日本バッシングがある国に考慮したのかわかりません。
 よくネットで民主党は韓国の手先とか叩かれていますけど
単純に日銀の政策だけをみても、韓国有利な政策ばかりです。

以下本当にあった白川の発言
●デフレは人口減少が原因と断言
●「デフレ不況は国民の改革努力が足りないせい」と日銀の責任全否定
●遂にはテレビ番組(テレ東)で「デフレ脱却できなかったのは国民が悪い」
●ノーベル賞経済学者(クルーグマン)から「銃殺にしろ」と言われる
●金融緩和しなかったことを部下が中国に出向き共産党に報告
●金融政策はどうせ無意味だから何もしないと宣言
●安倍政権が誕生後、インタゲを要請されても「来年から本気出す」と言ったまま何もせず辞職

実際2012年8月、アメリカのグローバル・ファイナンス誌が毎年公開している世界の中央銀行総裁の評価によると、白川は「C-」。

2012年12月、ウォール・ストリート・ジャーナルがアメリカなどの経済評論家に、世界の5大中央銀行総裁の格付けを依頼したところ、白川は圧倒的に最下位の評価

 自民党が総裁に推した武藤を度重なる反対のうえ民主党は強引に白川を総裁にしています

投稿日時 - 2013-05-30 01:36:30

お礼

民主党下では何もしなかった、あるいはできなかったと思っていましたが、悪影響のことばかりですね。沖縄軍移設、震災への対応。。。。
国民のせいにするなんてゆるされませんね(責任はしっかりとるべき)
今は株や円の変動が激しいので、今後アベノミクスが偉大な政策であったか?
愚策であったのかわかりませんが、偉大な政策であって欲しいですね。

投稿日時 - 2013-05-30 14:49:46

ANo.5

>なぜ、国はその様な会社を把握し実名を明かさないのでしょうか?
公務員が働かずに「把握」しようとすらしていないから。

>また、阿部総理が解雇理由のおうはばに広げるといった馬鹿な考えを打ち出したのでしょうか?
労働市場の流動化は若年層にも良い影響が多いから。

→これでは、ますます労働者の使い捨てが増える一方だとおもいます
これが負け犬目線の発想なんです。終身雇用で守られたPC打ち込みもカルタ取りみたいで時間潰しに会社に来ているような初老の害虫を賃金カットしやすくし有能な若者を雇用するチャンスが生まれます。
誰でもできる作業は海外での作業者と同じ賃金基準になります。
賃金が安い故に不人気の介護なども雇用のミスマッチが減って需要が高まれば採用圧力が増え=賃金UPに繋がります。
現在保護され過ぎているものは市場から退場させる。
夏場は農作業で暮らし冬はスキー場で働く、安定しないから嫌だ? 皆がホワイトカラー管理職の能力は無いのです。格差があって当然。200円の米国米が流通すれば年収100万で暮らせます。

>アベノミックスでただ単に円安誘導で実際の企業の設備投資や賃金アップがおこなわれていない状況で雇用回復がないのに良くぬけぬけと言えた発言ではないでしょうか?
なんにもしないで廃れていく分野に税金を垂れ流し続けるのか?しかも中間搾取で公務員が良い思いするだけの仕組み。
簡単ではないですがまず変化が必要です。

投稿日時 - 2013-05-29 11:21:44

お礼

ありがとうございます。若者の雇用対策は必要なのは理解できてます。
今の大学生は昔と違いスキルが高いのはたしかですね!
そういう、人が間違ってブラック企業に入社でもしたら残念ですね。(優秀などでそういう会社に努めてもすぐリセットし転職すると思いますが)
ブラック企業の調査が国でできないのなら、いっそう民間で行えばいいのでは、
仕事柄、帝国データーバンクをりようしますが、代表者の人柄、趣味、抵当物件
などがわかりますが、しっかりとした売らづけがあれば『ブラック企業一覧』の
ような本をうりだせばうれるのではないでしょうか?
色々とありがとうございます。

投稿日時 - 2013-05-29 12:25:12

ANo.4

じゃ~政治家なれば?

あなたには妙案があるのでしょうから。

投稿日時 - 2013-05-29 05:42:04

お礼

そんなに簡単になれませんよ。お金もいるし、2世議員でいいのでは?
企業においても、2世、3世の企業は、あえて自分の地位や社員の高感度を得る為に比較的、福利厚生などを充実さす傾向にありますよ。

投稿日時 - 2013-05-29 12:30:27

ANo.3

補足として
米国の例
・大規模金融緩和QE1(日本でいいうアベノミクス)をFRBの主導で始めたのが
 2008年11月

・米国の株価、いわゆるNYダウが急上昇が
 2009年2月

・失業率がマイナスからプラスに転じたのが
 2010年10月

米個人所得がマイナスからプラスになったのはその後しばらくです

投稿日時 - 2013-05-29 03:19:10

お礼

アメリカでは約2年かかったということですね。
勉強不足でっすが、2010年から2013年2月頃までドル安だったのでしょうか?
日本でも成長率年2%はrikukoro2の考えでは可能と言う事ですね。
安心しましたありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-29 04:10:21

ANo.2

>これって労働基準法違反にならないのですか?

 なる場合とならない場合があります。

>国はその様な会社を把握し実名を明かさないのでしょうか?
 現在、検討はしてますけど、その為には管理部署を作成し多くの調査が必要です。
 いわゆる税務署みたい機関をもう1つ作るようなもので、多額の費用がかかりますい
  昨今公務員が多すぎと批判をうけているのに、さらに数十万の公務員と数千億の費用をかけるのは国民が全面的支援するには難しいでしょう
 例えば国が『ブラック企業監視庁』を作成するので年間2万税金増やします
 といって素直に納得するとは思えません。いわゆる国税庁と全国の税務署を2倍に増やすようなもんですからね

>阿部総理が解雇理由のおうはばに広げるといった馬鹿な考えを打ち出したのでしょうか?
 一応安部ですね、阿部じゃないです。
  そもそも馬鹿じゃないです。
 例えば最低賃金制度を撤廃したら、質問者はどうなると思います?
 経済をしらない人間は(賃金が安くなる)と考えるでしょうね
 実際は逆です。労働賃金が上がります
  実際にEUで労働賃金がもっとも高いドイツには最低賃金制度はありません
  (理由として国内の雇用が増るというのが一番)
  逆に労働賃金を大幅に上げた韓国では労働賃金に大幅に減りました
  (理由としてサムソンなどの大企業が高い賃金に嫌気がさし拠点を海外に移転した)
 では解雇理由の大幅に広げると、高齢で無能な管理職を簡単に切ることができますので
 労働者(とくに若者)の雇用が多くなります
  そうなると失業率が低下し、人を使い捨てできなくなります。なんせ人が少なくなるのですからね
 実際にEUではそうなってます。
 なので質問者の『労働者の使い捨てが増える一方だとおもいます』は思うだけで実際は逆になります。
 逆に労働者の保護を高くすると管理職は高給、あとは使い捨ての派遣になりますよ
 理由は企業が怖くて正社員を雇わなくなるからです  


>アベノミックスでただ単に円安誘導で実際の企業の設備投資や賃金アップがおこなわれていない状況
 それが当たり前を?
  アベノミクスの最初の効果は失業率の改善になります
 アベノミクスの根本はインフレターゲットの導入になるんです。これは1990年ニュージーランドを始め米国や欧州など先進国で次々と採用された政策ですが、どの国も賃金アップは最低二年ほどです。
 速攻で効果がでた国家など聞いたことがありません
 米国も大幅な金融緩和いわゆるQE1を始めたのが2008年
 そこから株価が改善され、失業利が改善し始めたのは2010年
 
 
>良くぬけぬけと言えた発言ではないでしょうか?
 それは貴方が経済を知らないだけ

投稿日時 - 2013-05-29 03:08:18

お礼

アベノミクスの第一段階がデフレ脱却→インフレ。
高齢で無能な管理職を簡単に切ることができます>
少しかわいそうですね、こういった事の出来る企業(特別退職金や次の雇用先の指導を行う企業を除いて)は逆に若者層の切り捨ても簡単にするのではと言う心配もあります。
日本の失業率も他の先進国に比べれば低いのはたしかですが、rikukoro2さんの失業率の基準がわかりませんが、現在の失業率が4%前後ですが、これは1997年の水準と同じ位ですね。
出来れば1995年以前の3%から2%後半を期待してます。
賃金アップに2年かかるとのことそれまでもてばいいのですが?
燃料高騰で漁船が活動を停止したように、私もスーパーなどで値段が少し上がってる気がします。
結局はお金のある人(rikukoro2)ない人(当方)では価値基準が違うと実感しました。庶民に反影される空白の2年間は、円安、株価高騰で利益をえてる一部のお金もちさんですね。rikukoro2のような方。
色々と勉強になりありがとうございます。

投稿日時 - 2013-05-29 13:02:13

竹中平蔵氏が言ってるようですが、総理は解雇には反対しています。賃金アップして解雇枠を広げるのは格差社会を増長するのと思います。

賃金を下げて、雇用枠を広げるほうが社会的には望ましいですのですが、これは組合の主張ではないです。

残念ながら、ブラック企業は本来成り立たない事業を無理にやってるのでそういった不正に繋がるのでしょうが、これも雇用を守るために目をつぶっているのが現状ではないでしょうか。不正摘発には内部告発しか手が無いのですが内部告発したものを守れないのも現状です。

質問者のような考えの人物が社長になれば解決法するかもしれませんが。。

投稿日時 - 2013-05-29 02:53:45

お礼

ありがとうございます。
私や同期は病気や生活スタイル(家族サービス)ができなくなり10年以内に約2/
3が辞めて行きました。私も精神をやんでしまいました。
大学のゼミで日本経済の特徴(バブル前)は終身雇用制、年功序列制など会社に対しての安心感があり愛社精神につながっていました(昔の丁稚)が今は欧米式の個人成果主義(歩合)が多いですね、そういった企業は限りなくブラックにちかいですね。そのくせ愛社精神を要求する経営者もどうかと思います。
安心して働く環境も大事だとおもいます。

投稿日時 - 2013-05-29 03:59:19

あなたにオススメの質問