こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

悪口は心のダイエット?

いつも人の悪口や批判、噂話をしている人がいます。

その人は影で悪口を言いながら、その悪口の本人と平然と仲良くしています。
ひどい時なんて、その人が陰口を言ってる人ばかり、10人ほどがその人の家に呼ばれたりしてワイワイと談笑しているのを見たこともあります。

その人曰く、嫌なところがあってもいいところもあるし、私達がその人と関わることによってその人を良い方向に変えれるかもしれない。
だから関わりを切ることはしない。人間関係を切るのは自分の成長を止めるし人間的視野が狭くなる。
でもストレスは貯まるから、悪口を言うのだそうです。
だから、悪口は良い意味での心のダイエットなのだそうです。


綺麗な言い方をしていますが、要は裏表のある腹黒で世渡りに長けた人ってことなのではと思うのですが…

多少の悪口や愚痴は私も吐きますが、スッキリするのはその場だけで、罪悪感や嫌な気持ちになります。
他人の噂や批判、悪口って決して宜しくないことだと思ってこれまで生きてきました。

私的には、悪口を心のダイエットと正当化するのはいかがなことかと感じたのですが、そんなものなのでしょうか?

投稿日時 - 2013-05-29 10:59:57

QNo.8110052

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

悪口は、心の排泄物だと思っています。

心の中に、あまりにもためすぎてしまうと体に悪いし、
出すとすっきりする。
むしろ少し出してくれると、「心を許してくれたのかな?」と思うし、
少し出させてもらうと、聞いてくれた人に対して、
申し訳ない気持ちもありつつ、ちょっと感謝の気持ちも湧きます。

でも排泄物なので、
悪口ばかり言う人は、
聞いてくれている人に対して、
おならやげっぷをまき散らしているのと同じだと思います。

本当に不愉快で気分の悪いものだと思います。
本人はすっきりするのでしょうけど。

そんな人に対してみんな、嫌だなぁ。と思いつつ、
黙って聞いているけど、心の距離は少しずつ離れていると思いますよ。
残念なおひとですよね。

投稿日時 - 2013-05-29 11:54:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

心で思っているだけなのと、実際口に出すのとでは大違いです。
皆それぞれ育ってきた環境も違いますし、ものの考え方や価値観も違います。
そういったことで時にはすれ違いも起きますが、それを許容できる器を持っているかどうかです。
他人のことを批判するのは、それだけ人間としての器がちっちゃいということです。

余談ですが、幸せな人生を送っている人は、大体他人の悪口を言わないタイプです。
他人の悪口や不平不満を言うタイプは、あまり幸せにはなれないんでしょうね。

投稿日時 - 2013-05-29 15:13:51

あなたにオススメの質問