こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

短期アルバイトからの就職?

22歳女性既卒です。
今考えていることは、短期で花屋のアルバイトをして現実を知ることです。
それでも花が好きで花屋がいい。と感じたら長期で続ける。やっぱり生産がしたいと感じたら生産を。
長期では体力的に難しいと感じたら、そこから必死にまた新しい仕事を探し始める。その時にはやりたい仕事がでてくると考えます。私がしたい仕事は親の反対するものが多く、できるならばアルバイトをして一人暮らしをして資格をとり落ち着いて考えたいと思ってます。今は反対されるたびに心折れてしまう毎日です。メニエール病完治が、また復活な気もして焦ります。
正社員の道は難しいけど、この道は間違ってますか。
もし花卉の道を諦めたとき、心折れたとき、何から考え始めたらいいのでしょうか。ぼーっとしてしまいそうなのです。皆さんの意見お聞かせください。

以下はこれまでの考えなどです。
親に毎日のように「何がしたいのアルバイトじゃだめ正社員になれ」求人誌が発行されたら、これをしろ。そう言われ続けて分からなくなった日もありました。そしてやっと見つけた、母の日に市場で短期の生花アルバイト。

そこから「やっぱり花が好きなんだ」と認識し、それからは花の雑誌を読んだり、パソコンで花屋について調べたりで2週間が経ちます。やっぱり花屋になりたい!と思いました。
でもネットを調べてみると花屋は重労働で管理が大変なことを知りました。
しかし、やってみなければわからないのかなとも思いました。だから、花屋で面接をしました。
ですが「癒される、好きだ」それは趣味の領域、仕事にしたら嫌いになるかもしれないと言われました。
面接の方と話したところによると、生産関係の方が向いている(合っている)のではないかと言われました。

確かに、スーパーレジ打ちはあるけど接客販売は経験したことがない、上手くしゃべれるわけでもない、自分のことを聞かれて答えられないのに、花のことを聞かれても答えられない、確かにそうだ。明るいかと聞かれたら、限られた人(友人)のみである。花屋やアレンジメントの経験、資格はない。ですが花が好き、咲いている花たちが好き、花の写真を撮るのが好き、自然が好きなことは変わりません。(一昨年、じゃがいも農家、長芋のアルバイト経験)

だから、生産に関わろうと思い、その後、パソコンで花卉の生産を調べ、2件ほどヒットしたのが東京ではなく地方。寮で10月までの短期農業、花卉。

ただ、それを話しただけなのに両親に反対され涙がでて心・勢い、ぐしゃりです。
農業・花屋じゃなかったら自分に何が残るんだろう。花のことをきっぱりと忘れることで何も手元になくなってしまい、したい職業がないような気がして怖いのです。結局は臆病かもしれないけど、でも安易に飛び込んではまずいと思ってます

投稿日時 - 2013-05-29 11:07:48

QNo.8110063

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「22歳女性既卒です」というには現実をお分かりでないという気がします。

あなたは大人なのですから、したいことがあれば親から離れて自立すれば良いのです。
本当に花屋が好きならば、町に下宿してでも花屋に勤めれば良いのです。
花を育てたければ、地方の農家に寄宿してでもそこに行けば良いのです。
「両親に反対され涙がでる」のであれば、両親から離れればあっさり解決です。

私にはあなたは結局両親の元で安全を確保し、その上でて好きなことをしたという、ぜいたくなことを思っているように感じます。

それ以前にその年齢になってしたいことがわからない、あるいはしたいことで食っていけると思うことが疑問です。
世の中の多くの人は好きだから今の仕事をしているのではありません。
その前に食っていかなければいけないから手近の仕事を選ぶのです。
好きなことをしたいというのは食うことに不安がないからいえるのです。ということはあなたは両親から離れられないということです。

世の中すべて自分の思うようには出来ないのですから、優先順位で取るべきものと捨てるものを区別しないといけません。そうしないとあなたは今後もずっとそのような愚痴を言い続けることになると思いますよ。

投稿日時 - 2013-05-29 11:41:00

お礼

回答ありがとうございます。
自分の考えが甘いということがわかりました。
考え直しています。

投稿日時 - 2013-05-29 14:47:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

うちも小さな頃から和風洋風で花を生ける習慣あり、外国の家に主に住んでるが花は欠かさないし、時間ない時は電話で届けさしてる生活。オフィスにも。

ある意味「花に囲まれた生活」だよね、毎回写真とってるし。

うちは、経済が一度豊かになり、まだその過去の貯金で食いつなげると人々が思ってるうちほど「好きな事を仕事にしないと嫌だ」という人々が闇雲に増えるもので、最近もまだその傾向を脱してないと見てるね。

好きを仕事にするって普通に思うんだろうが、恵まれた環境に置かれた人の中から、更にわずかな人しか実現しないもんなんだよ、そもそも。

好きは自分にとり何よりも大事だ、それが全ての原動力になる~と言いたいなら、それっポチで泣く自体あり得ないでしょ。スキスキ叫んで泣きわめくだけなら赤ん坊でもできる。

スキスキ言うだけでなく、環境整え、周りの人間を巻き込んだり、具体化できる人だけが「好きを仕事とする事ができる人」。

多くの凡人、庶民は、好きか嫌いの前に、「自分を食わせ続けられる仕事」、その中で比較的嫌いでない仕事につければ御の字だよ。

うちも生活と先行きにゆとりを作れてるから、気分にまかせて花注文し、純粋に癒されてる面があるよ。

好きを仕事にするなとは言わないが。それだけが素敵な人生でもないわけよ。

貧すれば鈍すると言う言葉あるしね。うちなら高報酬でステップアップできる専門職につき、地位安定して以降に(資金力もつけた後)余力で趣味と実益ビジネスに手を出すね。まさに自分自身そのパターンでやってきたし。一等地にあるセンスいい花屋やネイルサロンて、前に外資金融にいたとか、元CA(正規のね)とか、そんな人がサイドビジネスで出してるケースのほうが、成功してる例は多い気がする。

まあ、逆からのやり方でも好き好きだけどさ。うちはそういう考え方。参考に。

投稿日時 - 2013-05-29 14:33:31

お礼

回答ありがとうございます。
自分の考えがすごく甘いということがわかりました。
厳しい指摘をありがとうございます。

投稿日時 - 2013-05-29 14:48:20

あなたにオススメの質問