こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

賃貸住宅の火災保険での補償について

前回の質問(http://okwave.jp/qa/q8105373.html)ではお世話になりました。

賃貸住宅(マンション・貸家)での火災保険の補償の範囲について、まだ理解できていない部分があるので、別途質問を投稿させて頂きます。

以下のような場合、どのような保険がどの範囲で対応してくれるのかということが知りたい内容です。果たして、私の解釈であっているのかどうか、気になっています。

1、台風などによって、屋根に被害を受け、入居者の家財にも被害が出た場合:
 (1) 屋根の修理費用:家主加入の火災保険によって、新価で支払われる
 (2) 雨漏りによる部屋の損傷:(1)と同じ
 (3) 入居者の家財の被害: 家主が加入している施設賠償保険で時価による評価で支払われる。
もしくは、入居者が加入している家財保険を使うと、その保険の種類によっては、時価で支払われるか、新価で支払われるかの2種類がある。
 入居者が加入している家財保険から保険金が支払われた場合は、家主が加入している保険からは2重に支払をすることはない。その理由は、入居者が加入している家財保険の保険会社から家主が加入している施設賠償の保険会社へ、支払った保険金の請求があるから・・・

2、経年劣化によって、屋根から雨漏りして、入居者の家財にも被害が出た場合:
 (1) 屋根の修理費用:保険の対象外
 (2) 雨漏りによる部屋の損傷:1(2)と同じく保険の対象
 (3) 入居者の家財の被害: 1(3)と同じ
 
3、経年劣化による給排水管の水漏れで、入居者の家財にも被害が出た場合:
 (1) 給排水管の修理費用:保険の対象外
 (2) 水漏れによる部屋の損傷:1(2)と同じく保険の対象
 (3) 入居者の家財の被害: 1(3)と同じ

4、上の階に住む入居者が、洗濯のミスなどで漏水させ、入居者の家財にも被害が出た場合:
 (1) 水漏れした部屋(当事者の部屋)の損傷:入居者が加入する個人賠償保険によって新価で補償。
 (2) 水漏れした部屋(当事者の部屋)の入居者の家財の損傷:入居者(水漏れを出した当事者)が加入する家財保険によって、新価もしくは時価による補償。
 (3) 上の階からの水漏れによる下の階の部屋の損傷:4(1)と同じ。3(2)とは異なり、家主の火災保険では補償の対象外?。
 (4) 上の階の水漏れによる下の階に住む入居者の家財の補償:上の階にする入居者が加入する個人賠償保険による時価での補償。もしくは、自分が加入する家財保険による新価もしくは時価による補償。

上記のような場合、どの様な保険で、その範囲で補償されるかなど、教えて頂けると有り難いです。

入居者が加入する「家財保険」は、他の保険による補償と重なる部分が多いように思うのですが、上のような解釈であっているのでしょうか?

投稿日時 - 2013-05-29 13:50:23

QNo.8110255

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

さらに、混乱が混乱を招いているようですね。

火災保険は火事になた時のための保険です。
まずはそれを念頭に置いてください。

1、台風などによって、屋根に被害を受け、入居者の家財にも被害が出た場合:
 (1) 屋根の修理費用:家主加入の火災保険によって、新価で支払われる
 (2) 雨漏りによる部屋の損傷:(1)と同じ
 (3) 入居者の家財の被害: 家主が加入している施設賠償保険で時価による評価で支払われる。

何れも
火災保険の火災部分からは支払われません。
総合何某保険となっている場合には
それぞれに応じた特約部分で払われる可能性はあります。

尚、(1)・(2)新価ではありません、修理の実費となります。
(3)はそのようになります。

2の(1)(2)(3)はそのようであると思います。

3の(1)(2)(3)はそのようであると思います。

4の(1)新価ではありません。実費となります。それが賠償責任の範囲であるからです。
(2)はそのようであろうと思います。
(3)は厳密には種々のケースがあります。
(4)は概ねそうであろうと思いますが、ケースバイケースです。

※但し、何れも『有効な付保内容』である事が、絶対条件です。※

投稿日時 - 2013-05-29 18:01:37

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-31 10:31:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

保険の自由化以降各社がいろいろな商品を独自に販売しています。

ここで具体的な回答を求めるのなら、保険会社名、商品名、加入の内容
(選択した補償内容、特約など)すべてを明らかにしないと、正確な
回答は無理でしょうね。

最近の火災保険は個別に加入時に補償してもらいたいリスクの選択も
できるようになっており、どのようなリスクを選択して加入したのか、
また、新価補償か時価補償かも選択したオーダーメイド型保険に
なっています。

損害保険は火災保険にも強いプロの代理店で加入して、そこでよく
説明を受けるべきです。
自動車保険には強いが、火災保険には弱いプロ代理店もいますし・・

不動産屋さんで火災保険の代理店を片手間にやっているようなところでは
正確な説明も事故時の相談もしてもらえないでしょうね。

投稿日時 - 2013-05-29 14:35:26

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-31 10:17:20

あなたにオススメの質問