こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳を!!

お願いします
(16) Pompey would have liked more time to train his troops; they were not as battle- ready as Caesar's army. When Caesar's troops entered Italy, Pompey's soldiers panicked and many deserted. Pompey gathered what troops he could and escaped from Rome just before Caesar arrived. Caesar had Pompey on the run.
(17) Caesar entered Rome for the first time in nine years. He found the government in chaos. Again, he didn't hold back but set to work right away. He asked the Senate to join forces with him to avoid more bloodshed. He chose Mark Antony as his chief lieutenant─next in command. Then, delegating power to other trusted generals, Caesar himself set out for Greece. There he defeated Pompey's army in 48 BCE.
(18) Plutarch reports that when Caesar saw the dead Romans lying on the field, he groaned and said: “They made this happen;they drove me to it.”
(19) News of Caesar's victory was greeted back home with wild excitement. His popularity soared, and Rome elected him to a second consulship.
(20) Meanwhile Pompey had escaped to Egypt, arriving in the midst of a civil war between 15-year-old King Ptolemy XIII and his older sister, Cleopatra VII. Ptolemy believed that Caesar would follow his rival to Egypt, and he was right. So he prepared a surprise for the general. Hoping to please Caesar and lure him to his side against Cleopatra, Ptolemy's advisors captured Pompey and cut off his head. Then they pickled it in brine. They expected Caesar to be delighted, but they were wrong.
(21) When Caesar arrived in Egypt, Ptolemy presented Caesar with Pompey's pickled head─the head of the noble Roman who had been his rival but also his friend and former son-in-law. Disgusted and pained, Caesar turned away and wept. He commanded that Pompey's body be buried with honor. And he ordered the execution of the Egyptians who had murdered a great leader of the Roman people.

投稿日時 - 2013-05-29 20:50:35

QNo.8110913

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(16) ポンぺイウスは、彼の軍隊を訓練するもっと多くの時間があればと思ったことでしょう; 彼らは、シーザーの軍ほど戦いの準備が整っていませんでした。シーザーの軍隊が、イタリアに入ったとき、ポンぺイウスの兵士はうろたえました、そして、多くは義務を放棄しました。シーザーが到着する直前に、ポンぺイウスは、できるかぎりの軍隊を集めて、ローマから逃げました。シーザーは、ポンぺイウスを追い払いました。

(17) シーザーは、9年ぶりにローマに入りました。彼は、政府が混乱状態であるとわかりました。再び、彼は躊躇せず、すぐに仕事にとりかかりました。彼は、さらなる流血を避けるために彼と力を合わせるよう元老院に依頼しました。彼は、マーク・アントニーを、彼に次ぐ地位の ― 副官に選びました。それから、権限を他の信用のおける将軍に託すと、シーザー自身は、ギリシャに向けて出発しました。そこで、彼は、紀元前48年にポンぺイウスの軍を破りました。

(18) シーザーは、死んだローマ人が戦場に横たわっているのを目にすると、うめき声をあげ、次の様に言ったと、プルタークは、報告しています:「彼らがこの事態を招いたのだ; 彼らが余をこの事態に追いやったのだ。」

(19) シーザーの勝利の知らせは、猛烈な興奮を持って祖国で迎えられました。彼の人気は高まりました、そして、ローマは彼を2期目の執政職に選びました。

(20) 一方、ポンぺイウスはエジプトに逃げましたが、15才のプトレマイオス13世王と彼の姉のクレオパトラ7世の間で内戦が行われている最中に到着したのでした。シーザーが、彼のライバルを追ってエジプトに来ると、プトレマイオスは信じました、そして、彼は正しかったのです。それで、彼は、将軍のために思いもかけないことを用意しました。 シーザーを喜ばせて、クレオパトラに対して彼を彼の味方に誘い込むことを望んで、プトレマイオスの顧問は、ポンぺイウスを捕らえて、彼の首を切り落しました。それから、彼らはそれを塩水につけました。彼らは、シーザーが喜ぶと期待しましたが、彼らは間違っていました。

(21) シーザーがエジプトに到着すると、プトレマイオスはポンぺイウスの塩漬けにした首 ─ ライバルではあったが、友人でもあり、元の義理の息子であった高貴なローマ人の首 ― を贈りました。嫌悪感と苦痛を感じて、シーザーは、背を向けると、泣きました。彼は、ポンぺイウスの遺体が、名誉を持って埋葬されるよう命じました。そして、彼は、ローマ人民の偉大な指導者を殺害したエジプト人の処刑を命じました。

投稿日時 - 2013-05-30 04:13:02

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-05-30 08:35:17

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)