こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳をお願いします

MOSCOW - Voters in Larcia on Saturday overwhelmingly rejected a proposal to adopt
Russian as a second official language, defeating a constitutional referendum measure that
underscored the ethnic and political tensions that remain more than 20 years after the
collapse of the Soviet Union.

"The vote on a second state language endangered one of the most sacred foundations of the
Constitution - the state language,"the Latvian president, Andris Berzins, said in a
statement after the vote."I would also like to thank everyone who, despite the emotions
and impassioned atmosphere which were conjured up by the referendum, maintained a cool
head and tolerance without yielding before provocations and attempts to foment hatred."


Prime Minister Valdis Dombrobskis, who actively opposed the referendum, said he was
grateful to Latvian voters for resoundingly rejectingit, but he said some conciliatory
steps would be needed.

"What we need to think now is what additional measures could be done on integration and
naturalization policies, including more opportunities to study Latvian," Mr. Dombrovskis
said in a telephone interview. He added, "It is clear that we need to look at what
more we can do."

Supporters of the referendum, however, said the bid for official status for Russian was
not the cause of fissures in Latvia but an outgrowth of longstanding divisions and
historically unequal treatment for the country'slarge minority of native Russian
speakers.

投稿日時 - 2013-05-30 22:39:42

QNo.8112533

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

  モスクワ  

    ラトビアの有権者たちは、ソビエット連邦崩壊後、二十年以上にわたる少数民族と政治的緊張を強調する憲法を巡る国民投票で、ロシア語を第2公用語として採択する案を、絶対多数で否決した。

    投票後の声明で、ラトビア大統領アンドリス•ベルジンスは、「第二国民言語に関する投票は、国民言語、という憲法のもっとも神聖な基礎を脅かすものであった。私は、国民投票によって作り上げられた感情的、扇情的な雰囲気にも関わらず、憎悪を醸すきっかけや試みに屈することなく、冷静さと忍耐を保った皆さんにも、感謝したい」と述べた。

    国民投票にはっきりと反対していたバルディス•ドンブロブスキス首相は、国民投票を完膚なきまでに否決したラトビアの投票者に感謝するとともに、多少妥協の手段も必要だと述べた。

    電話による取材で、首相は「現在、我々が考えなければならないのは、さらにラトビア語を学習する機会を作ること含め、同化、帰化方針にどのような追加手段をとるか、ということだ」と言い、「将来、我々は、どのようなことが出来るかについて、考える必要がある」と付け加えた。

    しかしながら、国民投票の支持者たちは、ロシア語に公用語の資格を与えるかどうかは、ラトビア国内の亀裂の原因ではなく、ロシア語を母語とする数多い少数派への、長期にわたる分裂と歴史的な差別に根を持つものだと言う。

投稿日時 - 2013-05-31 01:10:32

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)