こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

交通事故の件で質問です。

先日、接触事故をおこしてしまいました。他県へ引っ越してきて道路事情が良く分かっていない状態下の事です。

事故の状況は、私が片側二車線の右レーンを走っていると某交差点へ接近。交差点手前でその片側二車線の右レーンはレーン幅が広くなり『区切り車線の無い右折専用レーンと直進専用レーン』になりました。私は、私の前の車が右ウィンカーを出した事と前車の下から右折専用矢印が出てきた事でそこが右折専用レーンだと気付きましたが、直進したかった私は左ウィンカーを出して中央レーンへ移動。
相手の車は、左車線を走っていたところ、交差点向こうに停車中の車があったので右レーン(区切り車線の無い直進レーン=右折専用レーンを含む片側三車線の中央レーン)へ移動。
※それまでの走行順番は、私が前を、相手の車が後ろを走っていました。

次に、私は前の車が右折の為に原則を始めた事もありブレーキを踏み原則を開始しながらの走行。相手は、それまでの流れに乗ったスピードでの走行。よって、結果として接触の時は相手が前で私が後ろになり、相手の車の右後方、私の車の左前方が当たった形です。


結果としては、交差点手前でお互いが車線変更を行った時の非常に軽い接触事故だったのですが、一か月が経った今、警察より「相手方の同乗者が事故の衝撃で腰に痛みを訴え診断書もとってあるので、人身事故となり現場検証が必要」との連絡がありました。
とてもその様な衝撃があったとは考えられない事故だと思っているので人身事故というのには納得がいきませんが、最悪の場合は私に4~5点の原点が課せられる可能性があるとの話です。

保険会社の話ではまだ過失比率は出ていないとの事ですが、私は正直にかつ客観的に考えたところ、お互い通行中でお互いが車線変更を行っていたので5対5だと考えています。しかも、こちらは区切り線の無いレーンをまたがる車線変更で、相手は区切り線があるレーンからの車線変更なので、どちらかというと相手に過失があると考えていました。
(私はそう感じていますが、相手は相手が車線変更を終えた後の事故なので優先権は自分にあり3対7で私が悪いと言っている様です)

また、車の損害状況は、修理屋の見積りで私の車が約28万(3000cc)で相手は16万(1500cc)程度の様です。当初の考えでは、今後の任意保険料の負担増を避ける為にも5対5の場合はお互いの車はお互いで修理を行おうと提案する予定でしたが、先方の主張からもそれは難しそうです。

なお、相手の主張では、事故時は私の前を走っている車が右のウィンカーを出していたのは認識していたと話してある様ですが、私の車の存在(左に上げたウィンカー含む)には気付かなかったと言っているようです。(私がウィンカーを出していなかったと言っているのかも…)
そこで疑問に思ったのですが、相手の主張の様に、私の後方を走っていた車が私の前の車が右にウィンカーを上げているのを確認出来る位置にいたのに、私の隣のレーンを走っていたと言えるのでしょうか?前の車の右ウィンカーが見えている位置にいれば私の隣を走っていないと見えないはずですが、その場合は私の視界に入るはずだと思うのです。でも、私の左の窓にはその様な様子は見れませんでした。

また、私と私の前車の車間距離は離れ過ぎていなかったので仮に相手が隣のレーンを走行中で私の後ろ(私の死角)を走っていたとすれば、私の車が障害物となり私の前の車の右ウィンカーが見えるとは考えにくいと思っています。


そこで質問ですが、こういう場合は事故による免許証の原点や修理金、及び先方の治療費等はどの様に考えておけば宜しいでしょうか?過失割合が出ないと何とも言えないところですが、腹立たしく納得がいかないところです。

また、その他対応策として何かありましたらアドバイスを宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2013-06-06 23:41:09

QNo.8122768

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私の回答は今までの経験や保険代理店からのアドバイスです。


>私も事故はお互い様だとも思うので『望まない』と返答しました。

それはその時点の回答なので、相手に誠意があれば、それで問題はありません。
但し、今回はあなたが加害者になれば、あなたが先方にお願いする立場なのです。
ですが、望む望まないは、軽微な事故程度の行政処分の範囲内で上下することなので、
影響は少ないです。

私としては、1か月も経過してからの通院は怪しいし、
相手に対し「それは事故が原因じゃなく、単なる腰痛でしょ?」
と言ってやりたいです。
認める必要はないと思います。

双方が人身事故の場合には、あまり関係ないです。

>>人身事故で、30日以上経過していれば、診断日数に30日分加算されます。更に重たい行政処分が先方に下ります。

3日目に初診で診断されると、既に2日間経過分も診断日数として加算されます。
診断書の全治が7日間とすると
7+2=9日間ということ。
これが30日後の場合には、29日が処分対象日数となります。
確か、2週間を超えると、処分が重くなります。
だから、余計に嫌ですよね。

>警察からも現場検証の日時のすり合わせで何度も連絡が来ていますが、無理に時間を作って立ち会うというよりも、放置優先のスタンスでやってみます。
何だか難しい事案になってきた気もしますが、アドバイス等がありましたら引き続き宜しくお願い致します。

警察には、1か月も経過しての人身事故の現場検証は受け入れられないと話をしてはどうですか?
原因が本当に事故にあったのか、
あなたの思うまま説明すればどうでしょう?
それでも、説得される場合には、弁護士相談案件としては?
市役所などで、予約が必要ですが、
無料相談もやってますよ。
私も利用して、民事訴訟の裁判に挑みましたかが、
想像以上に利用価値がありました。

ネットでの相談は限界がありますので、
弁護士などでの対面相談してください。

ここは、私も含めて素人集団です。
本気の回答には答えられないのではないでしょうか。

投稿日時 - 2013-06-09 22:06:46

補足

あれから早数ヶ月、未だに事故の件は解決していません…
警察より、改めて現場検証をしたいとの申し入れがあったので了承して立ち合いました。その際、私の言い分はお伝えしましたが、結果として人身事故となり2点の減点が来ました。

それ以後は民事(?)だと思うのですが、保険会社からは何の連絡もありません。少し前に確認したところ、相手の言い分とこちらの言い分が違う為折り合いが合わないとの話しでしたが、解決までそんなに時間が必要なものでしょうか?
衝突事故ではありません。接触事故です。人身事故になった事も納得はいきませんが、今となってはとても面倒になってきました。

解決したらご報告のつもりでしたが、もうすぐ丸4ヶ月が過ぎようとしています。呆れてしまいますがこれが現実なのでしょうね…
まったく。。。

投稿日時 - 2013-08-31 21:03:09

お礼

>>警察には、1か月も経過しての人身事故の現場検証は受け入れられないと話をしてはどうですか?原因が本当に事故にあったのか、あなたの思うまま説明すればどうでしょう?

>>それでも、説得される場合には、弁護士相談案件としては?市役所などで、予約が必要ですが、無料相談もやってますよ。


重ねてのアドバイスありがとうございます。
また、お礼が遅くなりまして失礼いたしました。

なるほど。弁護士への相談ですか…
確かに、正直な気持ちは一ヶ月も経って腰に痛みを訴えてくるのも不信感が募りますが、警察の話では『診断書が出ているが非常に軽傷の様子』と言われています。
軽傷なのに一ヶ月もして?先にも言いましたが、こちらも隣に座っていた嫁が今まで言った事が無かった腰痛を訴えています。
アドバイス通り、警察にも一度受け入れたくない旨の話をしてみます。また、もしも話がこじれた場合を考え、市役所にも弁護士の無償相談の件で相談をしてみました。しかし、事前(平日限定)に市役所の職員に説明に行き、かつ更に本番(弁護士相手)も平日に市役所へ行く必要がある様で、仕事の関係上それはちょっと難しいです。

ですが、いずれにしてもこのままでは納得がいかないので、正直にぶつかってみます。

色々とアドバイスありがとうございました。その他、何かお気づきの点がありましたら、またアドバイスを宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2013-06-15 00:17:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

あなたの立場に立てば、
絶対に譲らないことです。
事故に5:5は無いので、
あなたが、4となれば加害者です。
行政処分対象となります。
30万円前後の罰金刑もくるでしょうね。

これを避けたければ、車の修理代などのことは考えずに、
3:7など受け入れないことです。
自分の車の修理などは、それから比べれば大した問題ではありません。
とりあえず自分のお金で修理しておけばいいのです。

>今後の任意保険料の負担増を避ける為にも5対5の場合はお互いの車はお互いで修理を行おうと提案する予定でしたが、先方の主張からもそれは難しそうです。

あなたが拒否すれば先方はどうすることもできませんよ。

それから、先方のけがも怪しいです。
1か月も経過して?
それじゃあ、あなたも実はあるのでは?
病院に行き、診断書を貰ってはどうでしょう?
対等の立場ですればいいのです。

とりあえず、人身事故として30日も経過してあなたが認めるのも変ですよ。

人身事故で、30日以上経過していれば、
診断日数に30日分加算されます。
更に重たい行政処分が先方に下ります
それは当然、加害者側のみということになりますが。

交通事故も交渉術です。
焦らず、放置するくらいのつもりで交渉に臨んで下さい。

投稿日時 - 2013-06-07 00:36:49

お礼

tepitepiさん
早速のアドバイスありがとうございます。

>>あなたの立場に立てば、絶対に譲らないことです。事故に5:5は無いので、あなたが、4となれば加害者です。

なるほど。5:5は無いのですね。


>>行政処分対象となります。30万円前後の罰金刑もくるでしょうね。

実は、以前追突(10:0)された際に、警察から『加害者に対して行政処分などの罰を課せる事を望みますか?』等の質問をされた事があります。その際は、相手の事故後の対応も良く、私も事故はお互い様だとも思うので『望まない』と返答しました。
しかし、今回の様な相手との意見の相違があって揉めた場合は、その様な感情になる事はなさそうですね。という事は負けられない。と。


>>これを避けたければ、車の修理代などのことは考えずに、3:7など受け入れないことです。

分かりました。ただ、感情的にも受け入れたくありませんが『受け入れない』とはいつまで拒否出来るものでしょうか?何となく、平行線を辿ったまま時間が過ぎれば『ラチがあかないので法廷で』なんて事を覚悟する必要がありますか?


>>『今後の任意保険料の負担増を避ける為にも5対5の場合はお互いの車はお互いで修理を行おうと提案する予定でしたが、先方の主張からもそれは難しそうです。』
>>あなたが拒否すれば先方はどうすることもできませんよ。

これはどういう事でしょう?『私は、あくまでも過失割合は5:5だと思うから(そう考えています)相手や相手の保険屋が何と言ってこようと受け入れない』というスタンスでしょうか?


>>それから、先方のけがも怪しいです。1か月も経過して?それじゃあ、あなたも実はあるのでは?病院に行き、診断書を貰ってはどうでしょう?対等の立場ですればいいのです。とりあえず、人身事故として30日も経過してあなたが認めるのも変ですよ。


まず、一ヶ月も経ってから痛みを訴えてきた相手に対しては、非常に不信感を持っています。『その状態で認めるのが変だ』というお言葉には安心しました。
実は、私の妻も事故後3~4日後くらいから腰に痛みを訴えています。ただ、事故当時は何とも無かった事。事故の程度が体の痛みを訴える程の衝撃が無いと思った事。『いまさら…』等々の事から、私は妻の腰の痛みは頭から離れていました。
しかし、アドバイスにもある様に、一度往診し診断書を取ってみるのも良いかもしれませんね。

ただ、そこで重ねての質問になりますが、仮に私が過失割合が多いという結果になった場合はどうなりますか?こちらの同乗者という事で、妻が『仮に事故が原因の負傷者になったとしても』とくにデメリットはありませんか?


>>人身事故で、30日以上経過していれば、診断日数に30日分加算されます。更に重たい行政処分が先方に下ります。それは当然、加害者側のみということになりますが。

少し難しい話かとも思いますので、大変お手数ですが出来れば噛み砕いてアドバイスを頂けると助かります。


また、『交通事故も交渉術です。焦らず、放置するくらいのつもりで交渉に臨んで下さい。』とのアドバイスから、警察からも現場検証の日時のすり合わせで何度も連絡が来ていますが、無理に時間を作って立ち会うというよりも、放置優先のスタンスでやってみます。

何だか難しい事案になってきた気もしますが、アドバイス等がありましたら引き続き宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2013-06-09 11:16:36

あなたにオススメの質問