こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳を!!13

お願いします
(1)“When I was 18 years old…I raised an army and used it to bring freedom back to the Roman state. I spent my own money to do it…. Because of this, the Senate passed a special resolution to make me a senator.” These words were written by Julius Caesar's great-nephew: the first person to serve as a Roman general and member of the Senate while he was still a teenager.
(2) Julius Caesar, who had no legitimate sons of his own, was especially fond of his sister's grandson, Gaius Octavius. When his sister Julia died, the dictator chose 12-year-old Octavius to deliver his grandmother's funeral oration. Five years later, in 46 BCE, Octavius rode with his great-uncle in his triumphal procession into Rome. The next year, the young man joined Caesar's military campaign in Spain. The dictator believed that someday his great-nephew would do great things for Rome.
(3) After his victories in Spain, Caesar planned a war against the rebellious tribes of Illyria, a region across the Adriatic Sea. Putting young Octavius in charge, he sent the army to Illyria with instructions to wait for him there. Then Caesar returned to Rome to begin reforming the government─a big job. Caesar set to work with energy and determination. But his plans were foiled by the daggers of his enemies, when he was assassinated on the Idea of March.
(4) Eighteen- year-old Octavius was in Illyria when he got news of his uncle's death. He made up his mind to return to Rome. While he was packing to leave, a second messenger came with the surprising news that, in his will, Caesar had adopted Octavius as his son and made him the heir to an enormous fortune. This news was sure to raise eyebrows─and perhaps some swords─in Rome.

投稿日時 - 2013-06-15 11:21:13

QNo.8134826

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1) 「余が18才のとき、 … 余は軍を上げて、自由をローマに取り戻すために、それを用いた。余は、それをなすために余自身の金を使いたり …。これにより、元老院は、余を元老院議員にする特別な決定を下したり。」これらの言葉は、ジュリアス・シーザーの姪の息子(大甥)によって書かれました:彼は、まだ十代の時にローマの将軍、元老院の議員として働いた最初の人でした。

(2) ジュリアス・シーザーには、彼自身の合法的な息子がいませんでした、それで、特に彼の姉の孫ガイウス・オクタウィウスを可愛がりました。彼の姉ジュリアが死んだとき、独裁官は12才のオクタウィウスを彼の祖母の追悼演説をするように選びました。5年後の、紀元前46年に、オクタウィウスは、彼の大叔父と共に馬上の人となり、ローマに凱旋しました。その翌年、この青年は、スペインでのシーザーの軍事作戦に加わりました。独裁官(ディクタトル=シーザー=カエサル)は、いつか、彼の姪の息子(大甥)が、ローマのために大きなことをなすと信じていました。

(3) スペインでの勝利の後、シーザーは、イリュリアと言うアドリア海を渡った地域の反抗的な部族との戦いを計画しました。若いオクタウィウスに任せて、彼をそこで待つようにという指示を与えて、彼は、軍をイリュリアに派遣しました。それから、シーザーは、大仕事の ― 政府改革を始めるために、ローマに戻りました。シーザーは、精力的に決然として仕事にとりかかりました。しかし、彼が、3月15日に暗殺されたとき、彼の計画は、彼の敵の短剣によってくじかれました。

(4) 彼の大叔父の死の知らせを受け取ったとき、18才のオクタウィウスは、イリュリアにいました。彼は、ローマに戻る決心しました。彼が、帰るための荷造りをしていた時、二人目の使者が、遺言により、シーザーが、オクタウィウスを彼の息子として養子にし、彼の莫大な財産の相続人にしたという驚くべき知らせを持って到着しました。この知らせが、ローマで驚きをもって眉をひそめられることは確実で ─ おそらく剣を取って反対するものも出ると思われました。

投稿日時 - 2013-06-15 18:05:17

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-06-15 20:17:54

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)