こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大学・将来の職業について。

高校2年の理系の男です。2年になりだんだんと受験、そして将来のことを真剣に考えているにですが、目標とする大学、将来なりたい職業が見つかっていません。自分が好きな分野、就職しやすそうなどの理由から理学部、工学部に目をつけています。そこで2つ質問があります。

・化学が好きなので理学部を考えているのですが、理学部に進んだ場合就職できる職業は研究職以外に何かあるのでしょうか?また企業に就職するとどのようなものを研究することになるのでしょうか?
・工学部にはさまざまな学科がありますが、物理的に機械を作る系統、コンピュータなどでプログラミングする系統くらいにしか違いがわかりません。そのあたりの違いを説明してください。

これらのことはインターネットを使って調べては見たのですが思ったような情報をえられませんでした。選択の幅を広げたいので理学部、工学部以外でもおすすめしていただける学部、理系職として有名な職以外の職業、理学部・工学部ではこの大学がおすすめなどありましたら教えていただきたいです。経験談など交えていただくとより一層参考になりますのでよろしくお願いします。

1つの質問に対する回答でもかまいませんのでよろしくお願いします。見苦しい点などあったと思いますが、最後まで読んでいただきありがとうございます。長文失礼しました。

投稿日時 - 2013-06-16 23:06:40

QNo.8137089

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 昨夜の追記です。
もし質問者様が幼児だった場合に、親の職業を聞く時、どの様な「聴き方」をしますか?
「お父さんって、何屋さん?」こんな聴き方をしますよね。質問者様のお尋ねはこれと全く同じです。
個別の商店ならば、その店の看板商品を扱いますが、スーバーマーケットならば鮮魚店もあれば精肉店や青果店 、そして様々な生活雑貨なども扱っています。間口が広いことだけは確かです。そういった職域は総合商社に象徴されます。一方には専門店や専門商社などがあります。何れを職場として志望されるかは志望者の意思に委ねられます。
 けれどもその職場で配属された先が自身の大学時代の専攻領域をそのまま受け容れる場合などごく少数の事例でしかありません。殆どは大学時代とは全く無関係な分野を任されます。
 質問者様が材料工学を専門としていても、結果としてゼネコンに就職し民家や公共施設の設計を受注した場合などに、どう対応しますか?
 そうした場合にこそ専門の知識を発動させる絶好の機会であるとも考えることが可能です。そこに住む人や利用する人にとっての印象や快適度といったファジイな要素は計量化によるパターン分類などは大凡不可能といえます。
 図書館を利用するにあたって、蔵書数やカウンターでの対応、本に関する知識の有無などもある一方で、そこを利用する方々の目的によっても、図書館の印象も大きく変わります。読書を楽しむために訪れる人もいれば、そこでなにがしかの調べ物をするために訪れる利用者、なかには読み聞かせ教室を楽しみにしてくる子どもさん達もいます。そのためには「どの様な空間」を提供すれば、利用者を含めてトータルな形で発注側の意図を満足させることができるか、と常に考える必要もあります。
 理系といっても、寺田寅彦や湯川秀樹といった先学は自身の領域に引きこもっていたわけではありません。確かに専門領域を深めていけばいくほどに、人間の森へと踏み行っていく形に近づいてもいきます。
 自身が学んだ領域をどの様に生かすことができるかと考え続ける姿勢、これが大事です。知識は得ることができても知恵は中々に身に着けることは困難です。
 「モノ作り」にしても「材質」によって「出来上がりの印象」も異なります。顧客が求めるものを想像するだけの引き出しの多さも必要です。
 理系の学生からすれば、一般教養などは自分の領域とは無縁で役に立たない学問かもしれません。けれどもそうした「無関係な学問」を態々必修単位にしている背景も考えねばなりません。もっと広げていけば、大学は何をする場であるのかと問い続ける姿勢を育てるのが僕ら大学教員の仕事でもある。近視眼的に「すぐ役に立つ」はその場しのぎの付け焼き刃ともいえます。生徒の質問に対し「答だけ」をすぐに教えてしまう教員と「答に辿り着く道筋」を示す教員がいたなら、質問者様は何れを選びますか?
 一度、よ~くお考えになってみてください。もし答だけを欲しがる学生が来たなら、僕は容赦なく撃墜しますからそのおつもりで、フッフッフッ!

投稿日時 - 2013-06-17 15:27:44

お礼

ありがとうございます。よーく考え志望大学など決めたいと思います!

投稿日時 - 2013-06-22 17:51:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

>>・化学が好きなので理学部を考えているのですが、理学部に進んだ場合就職できる職業は研究職以外に何かあるのでしょうか?また企業に就職するとどのようなものを研究することになるのでしょうか?

学校の先生。また「俺は理系ですけど営業をやりたいんです」なんて人も一定います。
研究は色々ですね。お菓子メーカーや洗剤メーカーなど。必ずしも自分の好みの研究は出来ませんよ。企業は利益を生むためにあなたを雇うわけですから。
理由は省きますけど、僕は薬学の方が面白いと思いますけどね。例えば流行りのIPSやバイオテクノロジーなんかは分野は農学なんですけど、日本は法律の関係で医学・薬学になっちゃうんですよね。医学は難しいけど薬学は割と簡単だし。すげえトマト作るのも、ネットでそういう野菜売るのも、難病予防でも、有名な薬を改良して売り出すことも、薬学免許あるだけで大体できちゃう。
この分野はこの先も確実に伸びますよ。

>・工学部にはさまざまな学科がありますが、物理的に機械を作る系統、コンピュータなどでプログラミングする系統くらいにしか違いがわかりません。そのあたりの違いを説明してください。

僕も分からないし、やってる本人も分からないと思うよ。分かる必要もない。
別大学なら考え方も違うし、専攻に対する考え方が違うのだから。
だから君がピンポイントで「○大の△学部の研究は・・・」と書かないとダメだよ。


ガイジンさんが「日本人ってまじめですか?」と聞いてきたらどうする?
僕は答えようがないよ。君も同じじゃないかな。

投稿日時 - 2013-06-17 10:19:37

補足

ありがとうございます。
薬学部も調べてはみたんですが、飽和状態で求人がすくないようなので…。本当に詳しく調べた訳ではないですが。

投稿日時 - 2013-06-22 17:49:45

ANo.3

 こんばんは、夜分に失礼します。
「化学に興味がある」専門領域を決めるにあたって、これはとても大切な要素です。がしかし、質問者様には幾つかの誤解もあります。
 「理学部」といっても間口はいささか広うございます。専門として物理学もあれば数学もあります。そして大学によっては生物学や地質学までもカテゴリーになります。物理学や数学と化学が直接に関係のある学問かといえば、答はどうかな?と質問者様ご自身でもお分かりになるはずです。
 けれども直接的あるいは表層的なな関係がないからといって、それが直ちに結論であるとの話にもなりません。こうした考え方は他の学問領域でも同じです。例えば「歴史学」といっても、それが直ちに古い時代の話を調べるだけとの意味ではなく、学問領域として接する他の学問の力を恃まざるを得ない部分も多分にあります。それは経済学や社会学そして政治学などといった社会科学領域であることもあれば、文学作品などにみられる人間の意識を手掛かりとする手法もあります。更には心理分析や画像処理などといった情報処理の応援を求めるケースも現在ではスタンダードなものとして扱われてもいる。
 高校までに学んだ科目はデータとしての知識ではあっても、大学以後では「知識をベースにした展開力」が求められる世界であるとお考えいただければ分かり易いかとも存じます。
 もし質問者様が学部卒業後に就職をお考えでしたら、製薬業界ならば薬学部の出身者と比較してアドバンテージがあるとお考えでしょうか。薬学部ならば薬物が人体に及ぼす効果と副作用などを前面に押し出して研究開発に携わりますが、理学部で扱う化学ではどうでしょう。質問者様は元素記号の意味と順番を学ばれたことと存じますが、その中で「自然界にあるもの」と「人為的に合成されたもの」の違いも学ばれたはずです。自然界にあるものと自然界にあるものを結合させることで初めて創り出されるもの、が人為的なものであると一先ず定義するなら、そこで問われるのは「関係」に対する着眼点が大切との話にもなります。どう関係させればどの様な結果になるか。シミュレーションすることも可能です。
 薬学なら結果が全てです。形として生み出されるものだけが評価の対象となってしまうことも稀な話ではありません。逆に理学なら「こうすることで、こういった結論が出されるよね」とのベーシックな部分に焦点が当てられているともいえます。余り適切であるとはいえませんが「すぐ役に立つ」系の実学に対し、「そのための枠組み」を提供することで存在意義を社会に示すことが、理学系学部の良さである。それは哲学領域に似ているともいえます。パスカルやライプニッツ、そしてニュートンやアインシュタイン、ホーキンスといった先学の軌跡を調べて見れば、学問の嶺々を為す彼等の成果は何れも発想の仕方であり着眼点であるといえます。彼等が形あるものを作りだしたでしょうか。
 「工学系」も同じです。電気工学もあれば土木工学もある。土木工学ならばそれは建築設計学などとも連関する。土木工学でも土石流の積算など「作る系」と「創る系」に分かれます。
 何れを求めるかが不明確ならば、中心に人間を置いて考えてみることも一つの方法でしょう。その場合には「系」という学問の発想をする京都大学の総合人間学部などをお勧めします。人間を対象として見た場合、いかなる観察角度から眺めるかとして、文系・理系の複眼的なアプローチを試みんとする学問スタイルです。
 僕の目からみれば、質問者様が何をしたいのか、はっきりと解らないままに目的を求めていようと筋違いの発想をしているようにしか思えません。ですからこの様ないささか失礼な回答ともいえない回答しかできない話になってしまいます。
 以上、経済学を学部時代に専攻しながら、なぜか歴史学の領域から人間観察の森に脚を踏み入れ、その一方で生業として企業でシステム設計に従事する、ヘンなおっさんからのお話しでした。

投稿日時 - 2013-06-17 02:25:57

お礼

ありがとうございます。参考になりました!

投稿日時 - 2013-06-22 17:45:49

ANo.2

http://www.titech.ac.jp/admission/introduction/index.html

工学系って何よ?

ざっくりなわけかたは、東工大のサイトを見ると分かりやすい。
「高校生の段階で、「どの学科がいちばん自分に合っているか」という判断をするのは容易ではありません。むしろ早過ぎるといえるでしょう。そこで本学では、入学時には所属学科を決めず、学科を7つの類に分け、類別に入学者を決定するシステムをとっています。」
というスタンスを取っているものですから、東工大。
そして、工学系に関しては、だいたい網羅している。

化学系となると
2類 → 素材系
3類 → 化学系
6類 → 建築・土木系(上下水とかだとこっち系になり、化学臭もします)

参考URL:http://www.titech.ac.jp/admission/introduction/index.html

投稿日時 - 2013-06-17 02:10:47

お礼

ありがとうございます!参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2013-06-19 21:06:32

ANo.1

「化学が好き」を大切にしてください。
日本は中国などに追い抜かれている分野もありますが
「素材」に関しては、将来的にも負けないでしょう。
理学部は何といっても「研究環境」です。
旧帝大が良いのは当たり前ですが、
おすすめの理学部は、兵庫県立大学です。
SPring8やニュースバルという設備があり、
世界から研究者が集まり、研究環境は旧帝大に匹敵します。
また、この大学はスパコン「京」ともつながっています。

投稿日時 - 2013-06-17 00:09:27

お礼

ありがとうございます。とても参考になりました!

投稿日時 - 2013-06-19 21:05:49

あなたにオススメの質問