こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

離婚は夫を解放すること?見放すこと?

30台中盤、結婚8年目の夫婦です。子供はいません。
これからどうすれば良いのか、悩みすぎてわからなくなったのでご助言頂きたく思います。

夫から別れたいと言われ、今月頭から夫と別居をはじめました。経緯は下記になります。
1年ほど前、ちょっとした出来事(私のケアレスミスで夫に不便をかけてしまった)から、私に対する愛情が一気に冷めた、と昨年末に言われました。
ちょうどその頃、夫の同僚で夫婦関係に悩んでいる既婚女性がおり、その女性からアピールされるようになったようです。
今年頭に、私がデートやホテルの領収書を見つけて関係が発覚。肉体関係はすんでのところでしてなかったといいますので、それを信じました。
その時、もう君に対して愛情はない。離婚してほしい、といわれました。本当につらかったですが、数日間泣き通しで気持ちに整理をつけ、離婚に同意しました。
すると、そんな私の姿を見て夫から、相手の女性への感情はただの同情と浮ついた気持ちだと気づき、君が一番大切な存在と気づいた。やり直したい、と言われました。もちろん、同意しました。
その後、はじめはうまく行っていたように感じたのですが、私が夫を愛していることに拒否反応を示すようになりました。ハグもキスもできません。私に対して、自分は犯罪加害者だ。生涯をかけて懺悔するという気持ちしかない。今までのような愛情を求めるなら、それは無理だ、といわれてしまいました。
夫は自殺願望がでてきて、何度か自傷もしたようで、私が夫の誕生日にケーキを買って行ったら、それをきっかけに自室にこもるようになり、寝室も別になってしまいました。
そして、「自分では君を幸せにできないから、別れて、誰かほかの人を見つけて幸せになってほしい」 と言われてしまいました。
そんなつらそうな夫が不憫で、もう解放してあげたほうが良いのかもとも思い、まずは別居するにいたりました。お互い泣きながら別れました。

私はもう、不倫のことは許しているし、以前のような関係に戻れたらそれでよいのですが、夫はそれは無理といいます。君を愛する資格は自分にはないといいます。

この出来事が起こるまで、一緒に旅行に出かけたり、毎日お風呂を一緒に入ったり、私の仕事が遅いのを気遣ってくれたり、とラブラブ夫婦のつもりでした。
なぜ夫はここまで自分を責めるのでしょうか。PDSTのような心の病にかかってしまったのでしょうか。以前のような関係に戻ることは不可能なのでしょうか。
また、このような状態で離婚に至って、私はほかの誰かと再婚できたとして、夫のその後が心配でなりません。
ここで離婚に同意する事は、夫を見放すことになりはしませんでしょうか。
どうかご意見頂戴したく存じます。

投稿日時 - 2013-06-17 03:11:45

QNo.8137323

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

たいへんな状況ですね。心中お察し申し上げます。

質問文を拝読させて頂きました。質問文を見る限りではあなたは再構築(やり直し)したいようにお見受けしました。浮気による再構築の場合、徹底的な事実確認とペナルティ(慰謝料、誓約書、小遣いの減額等)が前提条件になります。これをやらずに中途半端に再構築をはじめようとした結果が質問者ご夫婦の現状に繋がっているような気がしてなりません。
 ちょっとした出来事で愛情がさめたと言われた事も、当時舞い上がっていたご主人が貴方と別れたいが為の理由づけでしょうし、ホテルの領収書及び犯罪加害者であるとのご主人の言葉の指し示す事も肉体関係があったと考えるのが自然だと思います。それでも貴方はご主人と既婚女性は肉体関係が無かったと信じ込もうとしています。貴方が現実を認めたくない気持ちはわからない訳ではありませんが、そんな貴方の態度が、ご主人を追い詰めているような気がしてなりません。

ではこれから再構築に向けて何をすれば良いのかを考えてみました。
(1)心療内科の受診
 質問文を拝読する限り、貴方もご主人も何らかの精神疾患にかかっている可能性が高いような気がします。精神疾患を放置したままの再構築はかなり厳しいと思いますので早めの受診をおすすめ致します。またご主人が心療内科の受診を渋るようでしたらご主人の親、兄弟の協力を仰いだほうが良いかもしれません。
(2)浮気の事実確認
 今更と思われるかもしれませんが、再構築を選択する場合、不可欠な要素です。ただ状況があまり良いとは言えませんので心療内科の医師と相談しながらの確認する方法を模索しては如何でしょうか?そういった意味でも心療内科にはご夫婦揃って行かれる事をおすすめ致します。
(3)ペナルティについての話合い
 これも今更と思われるかもしれませんが、貴方の寛容すぎる対応+ノーペナルティがご主人を罪の意識で押しつぶしてしまっている現状(あくまでも可能性ですが)を考えると、必要不可欠なものとご理解下さい。ただ話合いの時期に関しては心療内科の医師と相談して決めるのが良いかもしれません。

最後に離婚についてですが、離婚をするという事は100%相手の存在を消し去るという事です。(お子様もいらっしゃらないようですし)現状は離婚後のご主人の去就について気になって仕方が無いようなので、未練が多分にあるという事なのでしょう。

思いつくことを、そのまま書いてしまいましたので参考になるか不明ですが、貴方が後悔しないような対応ができるよう、陰ながら祈念しております。

投稿日時 - 2013-06-17 06:13:33

お礼

ご助言、ありがとうございます。

>浮気による再構築の場合、徹底的な事実確認とペナルティ(慰謝料、誓約書、小遣いの減額等)が前提条件になります。これをやらずに中途半端に再構築をはじめようとした結果が質問者ご夫婦の現状に繋がっているような気がしてなりません。

上記、目から鱗でした。確かにそのとおりだと思いました。
夫を失いたくなくて、嫌われたくなくて何事もなかったように済まそうとし、だけども心ではもやもやが晴れずにいたのだと思います。
そういう状況を感じ取っていて、夫は追い詰められたのかもしれませんね。

(1)~(3)の具体的で的確なアドバイス、ありがとうございます。
とても参考になります。そのようにさせてみたいと思います。
私自身も、カウンセリングを受けてみたいと思いました。

投稿日時 - 2013-06-23 21:15:38

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

配偶者を見放すということは、相手が自立できないほどの重病に侵されている場合や経済的に大変な苦境に立たされている場合に、もう一方の配偶者として何の協力もしないという意味です。

あなた方の場合は、客観的にみてお互いの婚姻関係に悩んでいるという状態で、どちらかが致命的はハンデイを負っているという訳ではありません。夫婦関係が悪化すれば誰もが悩み苦しみ精神的に混乱するのはごく当然のことです。

従って、貴女がご主人を見放すという表現は正しくありません。あくまで同じ立場にあるとお考えください。

貴女がご主人との夫婦生活に悩んでいるように、ご主人も貴女との夫婦生活に悩んでいるのです。

ですから、離婚をするということが相手に対して(困っている人を見捨てる行為)になると考える必要はありません。どちらかに致命的な離婚原因がない限り、離婚は夫婦双方の責任なのです。

大切なことは、お互いにまだ愛情を失っていないかどうか、夫婦としての信頼関係が壊れていないかどうかを冷静に深く考えることではありませんか。

その結果、やはり二人の関係は破綻しているということに考えが至れば、たとえどんなに辛くても、素直にそれを受け容れれば良いのです。

貴女のご主人は誰が見ても放置してはいけない大変な状態に陥っていますか。もしそんな状態にあるとすれば、別れることは(相手を見捨てる)ことになります。

そうでなければ、離婚は等しくお互いの責任なのです。

投稿日時 - 2013-06-18 21:20:33

お礼

ご助言、ありがとうございます。

>貴女のご主人は誰が見ても放置してはいけない大変な状態に陥っていますか。もしそんな状態にあるとすれば、別れることは(相手を見捨てる)ことになります。
>そうでなければ、離婚は等しくお互いの責任なのです

私からは放置してはいけない状態に見えるのですが、実際のところはわかりません。
これから少しずつそれを探っていってみようと思います。
そうすれば、仰せのとおり、どちらかの答えが出ますね。

投稿日時 - 2013-06-24 01:53:26

ANo.10

個人的な意見を述べますが、あくまで意見をシェアをさせて頂くためのものです。ヒントがなければスルーで構いません。よろしくお願い致します。

◆離婚
ご自身でご自身の気元を取ることが出来るようになるため。


◆生きている理由
・誰かの人生を背負うために生まれて来たヒトはない、誰かの問題解決のために生まれた人間もいない


◆生れなおして存在しているワケ
・前世で未完了だったことの成長とバランスを遂げるため今世、生れなおしている


◆家族でいる理由
・無償の愛(=他人のしたいようにする権利を愛すること。対義語:思いどうりにしようと支配・コントロールする)を経験するため


以上、ポイントを4つ挙げましたが、信じられなければ信じなくても全然構いません♪ワタシはこういう意見/理解に辿りついたというだけです(笑)


あなた様はあなた様の(魂の目的に沿って)顕れる課題をポジティブにクリアーにされていくのが良いと観じます。私も裁判としう一見するとネガティブな事象を(克服できないことが人生に訪れることは無いし準備できたことしか起こされない事を知っている)ネガティブに反応したり行動したりするほど、ドツボに嵌りかねないと思っています。

神さまは試練:レモン(梅)を私たちに与えました。一見すると困難極まりない生活に関係なさそうなものを、砂糖やさらに塩漬けしながら“レモネード”や“梅干”というものに換える知恵を授けてもくれていますね♪

どんなレッスンも、じつは愛の作用であるという情報です。ご主人さまはご主人さま(の魂)が経験しなければならない事を人生に招くのみでした。それを感情移入したり介入したりした処で、あなた様がエネルギーを洩らしたり新たな課題を背負うことになるだけであるし、ご主人さまの得るべき経験を奪うことにもなりかねない・・・お分かりになっていただけますか。

●ご自身を大事に扱うこと(愛することでご自身を手放すこと)
●投げ掛けたことは返される、投げ掛けないことは返されない
●優先順位はジブンが先(ご自身を手放すことが、潜在意識下で繋がるご主人が同じ問題を抱えるヒトからも問題を無くせる方向へ導ける
※参照:『豊かに成功するホ・オポノポノ』『因果の法則』『日々の暮らしを楽にする』
  それぞれイハレアカラ=ヒューレン 、斎藤 一人、 小林 正観  著

御相談者さまがご自身について正直なコミュニケーションを取る(ほんとうのジブンを生きる)姿勢に戻ると・・・

不思議と自然に“ご主人も自身について正直なコミュニケーションを取り戻す”ため“ジブンを責めなくなる可能性がありそうです☆かといって御相談者さまが悪いのではありませんで、すべては(魂的にそれを経験するとこういう思いをするんだな、と分るための)必要な経験が招かれています

最後に、(何であろうと)決定はいつもジブンの為に行ってください。誰かに人生の舵をわたす行為(ジブンに100%責任を負わず誰かのせいにして生きること)は新たなカルマ(業)を生みかねないと存じます。妻・女性・家族の半分・・・等々、今世の役割の世界で生きることより重要なのは“ほんとうのジブン”を生きることだと思って止みません。陰ながら応援しています♪

~ あなた様に全ての理解を超える程の平穏が訪れ、あらゆる良きことが雪崩の如く起きます  ~

投稿日時 - 2013-06-17 10:26:34

お礼

ご助言、ありがとうございます。

今まで自分では考えたことのない思考で、とても興味深く感銘いたしました。

“ほんとうのジブン”というお言葉を胸にがんばりたいと思います。

>~ あなた様に全ての理解を超える程の平穏が訪れ、あらゆる良きことが雪崩の如く起きます  ~
起きます、と断定して書いていただけると本当にそうなる気がしてきました。

投稿日時 - 2013-06-24 01:38:46

ANo.9

 あなたの残りの人生に、彼の精神科入院などの異常事態も包み込む度量があるなら別れなくていい。それが怖いと思うなら、背負いきれないことに対して、倫理を持ち込んでも無意味なこと。夫婦は別れれば他人なんだ。ただ、このままではあなたも精神科に行くことになると思う。

投稿日時 - 2013-06-17 08:41:39

お礼

ご助言、ありがとうございます。

別れれば他人、、夫婦の絆って曖昧ですね。

でも主人が精神疾患で苦しんでいるのなら、私が彼を助けることができるなら一生をかける覚悟はあります。血縁者に精神疾患の者がおり、その苦労は身にしみて存じております。

私も潰れないよう、がんばります。

投稿日時 - 2013-06-24 00:18:33

ANo.8

既婚者女性です。残念ながら、ご主人は肉体関係があったと思います。

これは、ない というのは当然ですし、そのことで面倒になりたくない というのも事実ですが、きっと根は真面目なかたなので

しょうね。質問者さんも悪くないです。ご主人を思っている事。それで自分に悪い。。。と感じているのかもしれませんね。

きっと2つの心で揺らいでいる。また子供もいないので、自分が自分たちが無理につながっていないといけない理由もあり

せん。離婚をしなくとも別居でもうまくいくこともありますよ。

というのも我が家もそのような事がありました。彼(夫は)子供がいないので、独身時代のように自由にしたくなり、また女性関係もあった事がありましたね。

私がそのことを責めないでいると、今度は夫が心のどこかで自分を追い込んでいたようです。けど、もし事実が分かった時、

責めれば、せめたで(面倒くさい!!)となるのが本心だったと思います。決断できないのです。してしまった事実は消せないし・・・という。質問者さんがすきなら少し距離を置いて、また時間が解決答えをだしてくれますよ。

相手をすきだという事は、無理に変えなくてもいいのでは?私はされたら、し返す!!なんていう考えもないですけれど、

寂しい時は、素直にできる範囲でほかの人に頼ってきました。夫とも仲がいいですよ。もし離婚届けをだされても、自分が納得できないのなら、1人だと大変だから、これは預からして と持ったまま別居で頑張ったら?

互いにいけなかった事も気づくし、それで納得したら離婚をすればいい。質問者さんにも素敵な人ができるかもよ。

投稿日時 - 2013-06-17 08:37:32

お礼

ご助言、ありがとうございます。

ange45様も同じようなご経験されたということ、つらかったご経験を
書いてくださりありがとうございます。

>相手をすきだという事は、無理に変えなくてもいいのでは?
>さびしいときは、ほかの人にも頼る
ありがとうございます。そうですね、私も自分を縛らないで、無理せず、自分の気持ちに正直にいたいと思いました。

投稿日時 - 2013-06-24 00:12:16

ANo.7

ご質問者様おはようございます。

離婚を前提に別居ですか。とても辛い状況ですね。

ご質問者様の文章からは「やり直したい」意図が読み取れましたが、ご質問者様がご主人様と身体が触れ合うことを拒絶している現状が今後も続くようでは、お二人の関係を再生させることは難しいと思います。ご主人様はそのことが思った以上にショックっだったようですね。男性は基本的に精神がか弱く、とても繊細な部分がありますからね。

ご質問者様には残酷な話しですが、お互いを強く想い合っていた関係であっても、ご質問者様がご主人様から一度でも目を離せば、もう愛し合っていた頃のご主人様の姿を見ることはできないのです。ご質問者様が好きだった過去のご主人様はもういないのです。それはご主人様から見れば、ご質問者様にも言えることです。ご主人様の大好きだったご質問者様ももういないのです。

ここで重要なのは、見失った過去の相手を探すことではありません。新しい条件が付け加えられた「現在」の相手の方とご質問者様との関係が「再生」して行くことなのです。何度でも何度でも同じ相手と恋に落ちることができるのか?という人間的な再生力や根気強さが結婚にはとても重要なのだと思います。

人間関係に安定はあり得ません。人間は変わり続けるものです。人間関係には、変わり続ける相手の方に対応し続ける不断の努力が必要なのです。よって、結婚や家庭は安心や安楽を求める場所では無く、常に戦いの場なのです。お互いを気遣い、協力して助け合いということは、お互いに相手を尊敬し、一方で自分自身を常に律し続けなければ継続して実現させて行くことは難しいのです。

新しい条件が付け加えられたご主人様、そしてご質問者様なのです。過去にあったある時期のお二人のような仲の良さはもう二度と訪れることのない終わってしまったことなのです。現在は、新しい前提に立ったこれまでとは違うお二人の関係を再生させて行く途上です。やり直すにしろ別れるにしろ、ご質問者様にもご主人様にも人間的な再生が絶対に必要になるでしょう。

もしやり直すのなら、ご質問者様が幸せだと思った過去のラブラブなお二人を超えて行くべきです。常に「今」が幸せの絶頂であるように意識を変えるべきでしょう。それには「終わり」や「別れ」を意識することがポイントになると思います。裏切ったり裏切られたりすることに一時の迷いのようにとらわれないで、相手の方の存在を必要とし、また、自分自身も相手の方から必要とされるように振る舞わなければなりません。そうでなければ折角やり直しても元の木阿弥です。

ご質問者様がご主人様を想うのなら、ご主人様を解放させるのではなくて、自分自身の素直な気持ちを解放させるべきです。

離婚を選んでご主人様と別れるのなら、ご主人様のことは次第に忘れて行くでしょう。新しい相手の方との出会いがご質問者様を別の方向へ導くでしょう。人間は相手の方からの影響によって大きく変わって行きますね。無論、ご主人様によってご質問者様も大きな成長を遂げられたのだと思います。不幸な出来事に際し、それでも尚、相手の方を思いやる気持ちに至ったのです。ご主人様を労わる優しい気持ち。これは本当に素晴らしいことだと思います。

最後に、人の気持ちを変える一番の方法をお伝えいたします。まず、相手の方をよく観察して、相手の望むものをこちらが提供することです。そしてお互いが利益を分け合えるWinWinの関係になることです。そして今後、ご質問者様が相手の方に対して嘘をつかずに「素直」で「正直」な気持ちを持って自然と接することができる大らかさを持つに至るかが重要になると思います。ご主人様との関係の継続を望むのであれば、過去の出来事にしがみつくよりも、ご質問者様ご自身がご主人様を何度でも惚れ直すことが一番良い方法になるのではないかと思います。

ご参考になれたら幸いです。

投稿日時 - 2013-06-17 08:21:01

お礼

ご助言、ありがとうございます。
masasiro様のお言葉、呼んでいて涙がぼろぼろ出てきました。

>「結婚や家庭は安心や安楽を求める場所では無く、常に戦いの場」
とても心にしみました。

この先、過去にとらわれず、逃げずに前向きに立ち向かっていきたいと思います。

投稿日時 - 2013-06-24 00:04:48

こういう症状は何か心に隠していることがあるのではないかと思います。
まだその女が気になった自分を責めている。あるいは肉体関係には至らなかったもののかなり濃厚な感情と時間を持った、自分でもその自分自身の変化に驚いた、こんな感情が存在した、その女に対する後悔と自責の念、あなたへの義務感などに押しつぶされそうになるのではないでしょうか。私にはその時の関係がかなり深い感情だった気がします。だから頼んだら戻ってしまったあなたが、よりいっそう比較の対象になり、色あせて見えるのかもしれません。(実際はその女はたいした女ではないのかもしれません)

私はすべての事に理由があると思っています。偶然に見える事ですら実際は何かの結果だとか。呪縛に自分でかかったようになったのでしょう。やはりその女の事だと思います。いったん他人を好きになったドリフトした男を引き戻すのは鎹があるか、何か理由がないと難しいです。あなたという責任から解放される事で、残念ながらこの男性は精神的に回復に向うと思います。

ちょっとしたケアレスミス程度で離婚を言い出すのは既に彼が結婚に向いていないからでは。責任にしばられる重さに耐えかねる、安定した夫婦愛とは違います。もちろん仮面夫婦は世の中にいくらでもいます。でも私は仮面夫婦はそれを続ける絶対的理由がないと難しいと思います。彼にあなたといるべき理由があるか、あなたが彼といるべき理由があるか、それをよく考えて答えを出すべきでしょう。見放す事には残念ですがならないと思います。

投稿日時 - 2013-06-17 05:56:39

お礼

ご助言、ありがとうございます。

確かに私と夫は、お互いほぼ初めてのお付き合いから結婚して今に至っておりますので、
燃え上がってしまったのかと思います。

今は私から逃れたい一身なのかも知れません。
別居したことで、夫が精神的に回復する事も考えられますね。
それならそれで、夫にとって私はもう必要ないと思いますので、潔く身を引けると思います。

夫の真意・真実がつかめるまで、決断はしないでおこうと思います。

投稿日時 - 2013-06-23 21:08:22

ところで
ご主人さまと ほかの方との関係はどう変わりましたか?

会社の上司との関係 同僚(その女性を除く) 後輩
ご近所 お友達 
ご親族 とくに親・ご兄弟姉妹
もしいたらペット

もし ほかの方との関係も不安定になられているのなら うつ病っぽいかもしれません。
最近 仕事がうまくいっていないのでは?
給与カットは? 賞与で後輩に追い抜かれた?
仕事で お前なんか不要だ!とか激怒されたこととか?

しっかりした男の人でも 人生どこかでたいへんなストレスや病気にさらされ心細くなることがあります。
ケアレスミスが誘因ということは
もしかしたら それは 貴女さまにとってケアレスミスでも ご主人さまにとってはとても大事なことではなかったですか?

そんなときに同僚の(既婚ということは人生経験豊富しかも会社のこともよくわかっておられる)女性にフラっといっても
おかしくないかな、と(倫理的にはおかしいですが)

文章からは ご主人様がSOSを出し続けておられるように見えます
助けてほしいと
だから ほかの方が書かれてるように やっぱりウツっぽい感じがします

むかし まだ子どもだったとき
親に 「おかあさんなんか大嫌いだ!」とか泣きながら助けを求めたことをありませんでした?
言葉では 離婚 といいながら それは もしかしたらSOSだったのかも?
精神的な不安定さを感じますが

自殺願望があるというのは怖いことですが
あくまでも一般的には うつ病のまっただなかよりも回復期に自殺してしまうことがあるそうです。

ところで 会社に行かれるときのご様子はどうですか?
玄関を出る足が鈍くないですか?
廊下を歩くときの表情は?足元ふらついていませんか?
食べ物の好き嫌い 量の変化は?

なんでもいいから 変わったこと 変っていないことを記録してください
記録がないと 精神科医は 目の前のご本人の様子しかわかりません
やる気 喜怒哀楽の感情 身体の影響 うつはいろいろな症状がでます

今は ご自分とのことやご主人さまのことばに一喜一憂するのを押えて
じっくり様子をみられて記録して  自殺願望があれば やはり上手に心療内科へのご相談をおすすめいたします。

投稿日時 - 2013-06-17 05:51:00

お礼

ご助言、ありがとうございます。

ほかの方との関係ですが、恥ずかしながらほかの方と主人との関わりを私は把握できていないのです。
本人の言ですが、仕事はちゃんと行けてるし、何も問題ないといいます。

私と接しているときの主人の様子は、仰せのような状態で、うつにしか思えません。。。
今、離れてしまっているので危ないですね。
早々に医療機関に相談したいと思います。

投稿日時 - 2013-06-23 20:55:29

ANo.3

どうも、心の病なのではないでしょうか。

うつ病のときには、離婚など人生を変える決断はしない、先延ばしにする。
というのは定説です。

やはり、よくなった時に振り返ると「決断が間違いだった」と気づくこともあるでしょうし、
大きすぎる環境の変化は、心の病に悪影響を与えやすいんです。
新しい環境で一から始めるのには、それなりに元気な時でないと難しいです。


ご主人を連れて行くより先に、
あなたが心療内科にご主人の相談に行かれてはどうでしょうか。
行った後で、「先生に相談したら、一度来てくださいっておっしゃられたので、行きましょう」と。

カウンセリングと精神科医はべつです。
カウンセラーがお話を聞いてくれる人で、医師は症状を聞いて投薬治療です。
あなたもカウンセラーさんに話を聞いてもらってください。
ご主人に対して、少し余裕を持った心で接する事ができるようになると思います。

別れるのではなく、地道に再構築すること、お互いの心の癒しにつとめることで、
前向きに償ってもらいましょうよ。その方があなたもうれしいでしょう?


>以前のような関係に戻ることは不可能なのでしょうか。

過去のように「戻る」ことは、難しいだろうと思います。

ただ、これから新しい関係を構築し直せばいいんです。そこに希望をもってください。


けっして、夫婦お2人だけで解決できるものと甘く見ない方がよいと思いますし、
別れるか留まるか、お2人の間だけで極端に考えず、
第三者の手を借りる事を考えてください。

投稿日時 - 2013-06-17 04:29:30

お礼

ご助言ありがとうございます。

仰せのとおり、今離婚するかどうかの決断は良くないですね。
心の病だとしたら、離婚したら絶対後悔してしまうと思います。

主人にカウンセリングや心療内科は以前から勧めていたのですが、一向に行ってくれません。
仰せのとおり、私ひとりでまずは相談してみたいと思います。

>けっして、夫婦お2人だけで解決できるものと甘く見ない方がよいと思いますし、
別れるか留まるか、お2人の間だけで極端に考えず、
第三者の手を借りる事を考えてください。

上記、ありがとうございます。今まで誰にも言えずに苦しかったのですが、
こちらで質問させていただき、あなた様をはじめたくさんの方にお言葉頂いただけで
だいぶこれからすべきことが見えてきました。

投稿日時 - 2013-06-23 20:46:14

ANo.2

先ずは、妻としてご主人を心療内科に連れて行き、専門医の診察を受けさせましょう。

かなりの高確率で、精神的疾患を患っていると思われます。

ご主人が精神疾患を患っているのであれば、一連のご主人の言動は、病気によるものですので、妻として旦那の病気が治るようにサポートするのは至極当然だと思います。

病気を抱えた夫を、診療機関を待たずに離婚してしまうのは、見放す事に他なりません。

どれだけ勧めても説得しても、頑として心療内科に行ってくれなかったり、診察を受けたのちに完全に完治した場合に、離婚を考える事はご主人を解放する事にも見放す事にもつながりません。

それは、貴女自身がご自分の幸せをつかむための第一歩に過ぎないからです。

つまり貴女が離婚を考える前に、妻としてやらなければならない事があるので、それを果たしてからでないと駄目だという事です。

妻として今やらなければならない事を、良く考えてみましょう。

投稿日時 - 2013-06-17 04:18:39

お礼

ご助言ありがとうございます。
そうですね、精神疾患だとしたら、サポートは当然妻の務めですね。

心療内科や精神科は、以前から何度も勧めたことはあったのですが、
何かと理由を付けて行ってくれませんでした。

>どれだけ勧めても説得しても、頑として心療内科に行ってくれなかったり、診察を受けたのちに完全に完治した場合に、離婚を考える事はご主人を解放する事にも見放す事にもつながりません。

上記のお言葉に、心が楽になりました。
まずは夫を何とか説得して医療機関へ連れて行き、今後のことを考えたいと思います。

投稿日時 - 2013-06-23 20:38:20

ANo.1

なんと言うか身勝手な旦那様ですね。
私は結婚をした事がないので、未婚女性としての意見を言いますね。

あなたは浮気されたショックで体が拒否反応を起こしているんだと思います。
その拒否反応を治していくには浮気された期間の倍の期間は必要になりますよ。
そんな中、旦那さんはまさかの悲劇のヒロインになるとは…自分の蒔いた種を拾わないダメ男に見えます。

結婚の時に、「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」と誓ったんですよね?

子供のために離婚はちょっと…と言うなら何も言いませんが、好きでもない同情だけなら夫とは別れるべきです。
でもこの事件が起きると言う事は何かしらお互いが不満などを持ってないと起きないと思います。
あなたの旦那様も深く考えすぎて混乱してしまうのでしょう。
離婚を決める前にハッキリと今の気持ちをお互いに伝え合う場を積極的に作っていってはどうでしょうか。

投稿日時 - 2013-06-17 04:15:36

お礼

長文を読んでくださりありがとうございます。
わかりにくい文章ですみません、ハグ等できなくなってしまったのは夫のほうなのです。

>「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」
と誓ったんですよね?

そうでした・・・。重くよみがえります。
まずはご指摘のとおり、もっと話し合いが必要と感じております。

投稿日時 - 2013-06-23 20:27:58

あなたにオススメの質問