こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

理系院生のtoeicスコア

現在、某大学院で土木工学を専攻しています。

先日toeicを受けたのですが680点でした。

ところで理系の学生はtoeicでどれほどのスコアを取ると就活の際に企業にアピール出来るでしょうか?
やはり800くらいは必要でしょうか。

とりあえず730を超えるまで受けてみようと思います。

投稿日時 - 2013-06-18 10:30:14

QNo.8138986

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ご本人もTOEICで採用されるとは思っていないと思います。
他の候補者と条件が同じ時、有利になる可能性のある点数はどのぐらいか?という質問と思います。

ネットに企業のまとめをしたものがあります。
例えば http://uguisu.skr.jp/toeic/hope_level.html

最近は得点だけを目指す勉強方法が幅を利かせているので、まあ800点はアピールの最低ラインではないでしょうか?
昔は大手企業でも理系大卒・院卒の会社平均が4、500点台などという時代もありましたが、就職が厳しくなったので同じような考えの人が増えて点数も上がっているようです。もっとも、企業は総合職の技術系新入社員に海外での実務で使えるレベルを求めているとも思いません。そう考えるなら、多くの場合、帰国子女クラスの語学力がないと話になりません。なので、人事も別枠で考えるだろうと思います。

800点まで120点。受験の時のように集中してできる時間を割けるなら、それほど遠い道ではありません。ただし、将来、海外勤務をしたくないとか英語での実務に興味がないのであれば、別のアピールポイントを探した方がいいです。入社のためだけの英語勉強は時間の無駄です。将来のビジネスマンとしての有りたい姿をとりあえず描いて、その中で英語が必要なパーツであればTOEICの点数を上げることは役に立つでしょうし、他のパーツがあるならそちらの力をつけることでもアピールの要素にできるはずです。

投稿日時 - 2013-07-06 10:41:34

ANo.3

すでに回答されている通り、
英語の能力そのものを求める企業や職種はわずかだと思います。

また、英語を読み書きで使うような専門職なら、
900点あっても特別な評価はされないことが多いでしょう。


また、実際ビジネスで英語使うとなると、コミュニケーションが中心なので、
筆記試験の成績を企業がどこまで評価するか疑わしいです。


なので、点数が何点ではなく、
どういう目的でtoeic を頑張ったとか、どういう風に努力したとか、
プロセスのほうが大事だと思いますよ。

高得点を取れば、その説明により説得力を持たせることができる、という感じでしょうか。

投稿日時 - 2013-06-19 12:40:03

お礼

ご回答ありがとうございます。

目的...自分の場合は海外旅行で英語を使いたいという考えからでした。
確かにプロセスって大事ですね!

英語の能力だけでなく努力したことを評価されたら嬉しいです。

投稿日時 - 2013-06-19 17:29:01

ANo.2

理系なら、TOEICの点数以外のところでアピールしたほうがいいような

きがします。わたしは、留学前にうけたTOEICが750点で、留学先で

不便をかんじなかったので、準備なしでTOEICをうけて、750点程度で

あれば、十分と思います。

ちなみに、その後一年に数回英語をはなす程度の状態で、15年という

ながい空白をへて受験したTOEICの点数は915点でした。過去問を2

回1冊分やるだけの時間しかない、という条件のもとでの点数です。

というわけで、750点以上のTOEICの点数はあてにならず・・・

理由は、そもそも高度の英語運用能力をはかれる試験になっていない

からと思います。

理系であれば、専門的な話でつまずかないとか、専門分野の知識がし

っかりしていることのほうがよほど重要だと思います。

投稿日時 - 2013-06-19 04:30:10

お礼

ご回答ありがとうございます。

確かにtoeicのスコアって必ずしも英語の能力と比例していないですよね。
もちろんtoeicスコアを一番のアピールポイントにするつもりはないので、その他の勉強も頑張っていきます!

投稿日時 - 2013-06-19 17:25:35

ANo.1

建設分野の場合、建設会社でもコンサルでも95%以上が中小と呼ばれる企業です。(⇒多くの企業は語学力を求めてない)
toeicを必要となるのは海外展開している僅かな大企業です。しかし、海外事業を手掛けるにはtoeic云々より、現実的に議論できるかが問われます。○点と言うより、語学力を高めようと努力する人として評価されますが、具体的な点数は重視しないと思います。
なぜかと言いますと、技術職の場合、まずは技術力なのです。技術力があって語学力です。語学力については、発展途上国の場合、通訳を雇ってもタバコ1箱程度の費用すら掛からない。でも、技術力はなかなか向上しないものです。特に土木技術は、大学や院で学ぶ机上の空論は全く現場では役にたちません。どの企業でも技術部署は新卒をそのように思ってます。
私が評価するならtoeic800点の人より、土肩や測量、設計事務所など関連業のバイト経験者を優遇します。
建設分野なら技術士補(ジャビーなら不要?)や土木学会技術者試験(学生でも受験可能)その他色々取得しての前提でtoeicの点数を高めるべき。
参考までに。

投稿日時 - 2013-06-18 12:48:18

お礼

ご回答ありがとうございます。

非常に参考になりました。
これからは現場で使えるような技術力を磨きつつ英語力も高めていきたいです。

投稿日時 - 2013-06-19 17:22:12

あなたにオススメの質問