こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

議決権の委任について

 当社役員A(代表権無し)は、株式会社Bの副社長をしており、かつ、当社は(株)Bの株主です。
(株)Bの株主総会において、当社役員Aは代表取締役として出席します。
このとき当社の株主としての議決権を、役員Aに代行させることは出来るでしょうか。
 代行出来る場合、根拠となる法令等あればご教示願います。また、その際、委任状は必要でしょうか。ちなみに、当社で代表権を有するのは取締役社長のみで役員Aに代表権はありません。

(参考)1法人において、ある個人が役員かつ株主である場合は、個人としての権利を行使出来ると思いますが、今回のように、ある個人が一方で副社長、一方で法人株主の役員の場合、当該個人は法人株主の議決権を代行し、代表権と議決権、2つの権利を行使出来るでしょうか。

投稿日時 - 2013-06-19 16:26:51

QNo.8140780

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まったく問題ありません。

株主が、だれに委任しようと定款に特段の定めがない限り、問題ないからです。株主本人でないので委任状は必要です。会社法310条ほか。

投稿日時 - 2013-06-22 07:37:30

お礼

kgrjy様
ご回答いただきありがとうございました。
やはり、株主の議決権の代行は委任状があればだれでも可能なのですね。
とても助かりました。

投稿日時 - 2013-07-05 08:52:54

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問