こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

赤ちゃんや幼児に対するタバコの害はどの程度なの?

よく「赤ちゃんや子供の前ではタバコを吸わないようにするべきだ」といった意見を見ることがあるんですが、このように子供に対しては大人以上に注意すべき理由はなんでしょう。
タバコの大人への影響と子供への影響の違いを教えて頂きたいです。
また、なにかデータなどがあればそういったものも見てみたいです。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-06-20 05:02:24

QNo.8141572

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ttp://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130616/wlf13061618000021-n4.htm
未成年者が喫煙すると、がんや虚血性心疾患などの危険性が高まる。肺がんの死亡率は、20歳未満の喫煙者の場合、非喫煙者の5・5倍になる。喫煙する時期が早いほど、死亡率は高くなる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%97%E5%8B%95%E5%96%AB%E7%85%99
受動喫煙
喫煙者の親から子への影響がある。

投稿日時 - 2013-06-20 05:54:23

お礼

回答ありがとうございます!
若ければ若いほど危険性があるんですね!

投稿日時 - 2013-06-20 09:20:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

NHKでやっていましたが、親が喫煙する家庭で
育った子供の肺がん発生率は、喫煙しない家庭
の4倍になる、ということでした。

投稿日時 - 2013-06-20 07:42:11

お礼

回答ありがとうございます!
子供のうちから副流煙を吸ってるとやばいんですね!

投稿日時 - 2013-06-20 09:20:52

ANo.1

 ニコチンやタールその他の化学物質が、体重が軽く余命が長い乳幼児の
呼吸器系・循環器系・脳神経系に与える影響が大人より大きいためだと思います。
有害性については大人のデータがたくさん在りますので、それらの拡大解釈されれば
良いと思います。

投稿日時 - 2013-06-20 05:43:00

お礼

回答ありがとうございます!
>体重が軽く余命が長い乳幼児の
呼吸器系・循環器系・脳神経系に与える影響が大人より大きいため
⇒そうなんですね!

投稿日時 - 2013-06-20 09:17:20

あなたにオススメの質問