こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

父親について

昔ながらの頑固な職人気質で、実力が伴わないプライドの高い経営者、が父親です。
どんぶり勘定で、上手くいかない経営に疲弊しています。
私なりに心配で力になろうとも考えましたが、父と考え方がどうしても合わず、話すとすぐ喧嘩になってしまいます。

世間的には隠居して趣味を楽しんでも良い年齢なのに、ボロボロの両親をみてると胸が痛く、「可哀想」なんて感じてしまう自分が、我ながらヒドイ娘だなと思います。
父親からしたら一番思われたくない感情ですよね、きっと。

すごいね、頑張ってね、応援するよ。

そんな言葉が嬉しいんだと思います。
実際、何も知らなかった幼少時代は、疲れを癒したくて耳当たりの良い言葉をかけていました。
でも、借金抱えて自転車操業して、お金の事で喧嘩する両親を見てると、幸せってなんだろう、と考えてしまいますし、大人になった私は家族だからこそ無責任に頑張ってねなんていえません。
ここまで育ててもらったお礼に私がかわりに養ってあげられればいいけど、そんな実力も残念ながら無いし…。
(自分が頑張ろうと無理して、体壊して断念した所です。)

生活が苦しくても借金まみれでも続けるのが父親の幸せなのか、責任感だけで経営を続けているのか。(父は2代目です。)

最近は色々目について喧嘩してしまう自分が追い詰めているようで嫌で、なるべく顔を合わせないようにしています。
でも、これって本当に親不孝ですよね。

私に出来る事ってなんでしょうか??
自己破産をすすめること??
上辺だけの優しい言葉をかける事?
みまもる事?

このままいったらいつか父が命を絶ちそうで、怖いです。

投稿日時 - 2013-06-21 04:59:25

QNo.8142949

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

職人気質、ということですが、職人気質なのか、職人なのか、どちらでしょうか?
また、職人の場合、何を作って生業にされているのでしょうか?

私なら…

もし日本の伝統芸能、民芸品等を作る職人さんでしたら、父親の弟子となり、父親からその技術を学びます。経済的に厳しい、ということですので、働きながらでもいいと思います。
後に遺すべき伝統技術ならば、自分もその職業を生業にします。

技術を習得したら独立し、自分の考える価値観や経営ノウハウで、軌道に乗せます。
父親が職人気質ならば、言葉には出さなくとも、子が自分の後をついで成功しているのを目の当たりにすれば、何か感じることでしょう。

もし、そういう職人ではなく、後が継げない、ということならば、自分が別の分野でがむしゃらに働いて、お母さんにお金渡しますね。足しにしてくれ、って。

ぶっちゃけ、大人になって「優しい言葉」とか言っている時点で大人じゃないですよ。
大人は、いかに相手に不快感なく、気持ちよくお金で示せる人です。
あなたが体を壊してそれほど働けない…それほど給料がないのに、親にとやかく言うな!とのことなのでしょう。あなたが自分の働く世界で成功しているなら話を聞くでしょうが、今の状態のあなたにとやかく言われたところで、腹が立つのは当たり前です。

経営は机上の空論ではないし、実際に難しいことが多々ある世界です。

独立経営し、ある程度の知識や実際の経験をしてから、親にモノを言いましょう。

投稿日時 - 2013-06-21 09:46:14

この質問文を読ませて頂いて感じた事は

貴方が親の苦境に際して何もしてあげられない事が苦痛なのか
※貴方の苦痛
ただ単に親の苦境が見ていて辛いのか
※親の苦痛
どちらなのかと言う疑問です
貴方の親は二代目とか その二代目と言う立場が貴方の親を苦境に立たせているのです
子がとやかく言う事ではありません
この問題の根本原因は親にあります
ましてや 貴方は女です 男の苦痛の何が判ると言うのでしょうか

以下は貴方の質問文本文からの抜粋です
********************************
※昔ながらの頑固な職人気質で、実力が伴わないプライドの高い経営者、が父親です。
どんぶり勘定で、上手くいかない経営に疲弊しています。
私なりに心配で力になろうとも考えましたが、父と考え方がどうしても合わず、話すとすぐ喧嘩になってしまいます
*******************************
そりゃそうでしょう 喧嘩にもなると言うものです
子が親に対してこう言う感覚を有していると言う事自体 親からすれば全く不愉快なのです
男親のする事に女が ましてや子が何を言っても埒が明きません
黙って見ていてあげて 親が助けを求めて来れば(求めないと思います)
貴方がその時に精一杯出来る事だけをしてあげれば きっと親も喜ぶ事でしょう

※貴方に出来る事とは誰にでも出来る事です
※何の事かは貴方には判っている筈です
※父親よりも母親を通じるかたちで援助出来た筈です
※その時の為に貴方は貴方でしっかり働きなさい

投稿日時 - 2013-06-21 06:32:03

ANo.2

お父さんは職人だと言ってましたよね。
職人は、自分で価格を決める強みが有ります。
いわゆる付加価値です。
駆け引きの中で技術力にどれ程の付加価値をかけれるか、挑戦しては如何でしょう。
私の会社もどんぶり勘定で借金まみれ、自転車操業ですが、一年前から付加価値をドンと付けるようにしました。職人が多いからです。
皆さん1時間位で仕上がる仕事に二万円は価格を付けるようにしました。
今年初めて黒字決算で銀行から、経理事務所から褒められました。職人は誰がなんと言おうとも自分で価格を決めることです。
お父さんは、キャリアがあるんでしょ?
安い仕事は断り、駆け引きをうまくやれば行けるもんですよ。
先日も計算したら、500000位にしかならない仕事が、お客さまが900000の値を着けてくださいました。
昨日も、ある会社に集金に行ったら、160000円でいいのに、350000円の回し手形を下さいました。年末にまた仕事を依頼したいから、プールしておいて…と言われました。
今までの努力が報われてきました。
仕事は、誠意と努力、そして駆け引きをする度胸が必要です。

投稿日時 - 2013-06-21 06:20:40

質問拝読しました

破産を勧めるか財産放棄しないと質問者様に火花が飛んできますよ

商売には「損して得取れ」という戦術?がありますよね

でも、今の状態は「損して損した」のか?

ホントにどんぶり勘定で経営をわかっていないのか?

です

おそらく、自分の代で潰してしまうと先代に申し訳ないという気持ちが働いているんでしょうが、ええ加減現実をわかってもらうときがきたのではないでしょうか?

投稿日時 - 2013-06-21 05:30:36

あなたにオススメの質問