こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

愛知県の薬学部について

愛知学院大と金城学院大のどちらの薬学部が良いでしょうか?
偏差値は金城学院の方が上ですが国家試験の合格率が良くないと聞きました。
また、私は中高と女子校なので共学に行ってみたいのですが母はブランド力のある金城学院の方に行けと言っています。
やはり、金城学院の方に行くべきでしょうか?
乱文失礼しました。

補足
私の学校から金城学院のみ指定校推薦があります。
ですので、金城学院に絞った場合は指定校で受験するつもりです。

投稿日時 - 2013-06-23 14:22:05

QNo.8146197

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

今年、名古屋から東京の薬学部に進学した者です。
私は愛知学院を受けることを勧めます。
金城は公式サイトには一切載っていませんが、留年率が30%を超えています。
時には35%になる学年もあります。
ここから、国家試験が合格率4割を切っているので、単純に考えれば100人いたとして6年で薬剤師になれるのは・・・というわけです。
国家試験合格率は大学の偏差値に比例していないことが多く、単純に考えれば上位に来るはずの、東京理科、慶応、明治薬科、東京薬科、などは国家試験の合格率がよくありません。
しかし、そのあたりの大学は企業に行く人が多く、国家試験に力を入れない人が出てくるので、合格率が低くなります。
それと違い、名城や金城あたりだと企業に入れないので、かなりの人が国家試験に力を入れます。(大学のサイトから就職先を見ることができます。けれども金城だけはなぜか細かく書いていません。金城以外は細かく書いてあります。)
その上で、合格率が4割を切っているので、金城に入学するなら常に上位を目指さなければいけません。

もう一つ指定校推薦について書きます。
指定校推薦は確かに、内申が良ければほとんど受かる試験で確かに楽ですが、それは受験までの話です。
大学に入学した後下位にいるのは指定校推薦で合格したひとばかりです。
薬学部では、生物、物理、化学、すべてやります。
一般入試で入ると、別にきつく感じませんが、指定校の人はかなり苦戦しています。
やはり一般入試は二月まで勉強し続けるので、大学に入ると大きな差がでています。
金城も愛知学院も就職に大差はありません。
何を根拠にブランド力があると考えてるのかわかりませんが、共学で出会いも多く6年で薬剤師になる確率の高い愛知学院が優れていると思います。

投稿日時 - 2014-05-01 23:15:10

ANo.4

http://www3.plala.or.jp/atropine/97goukaku.html
http://www3.plala.or.jp/atropine/sin97goukaku.html

入試の方も少し調べましたが、それだけ「差が出る」理由はよく判りませんでした。
ひょっとすると、理系のみのこじんまりしたキャンパスでみっちりしごかれるのと(?)、大キャンパスで文系の連中と遊んでいるとどうにかなってしまうのか、女子大でどうしても甘くなってしまうのか。
全くの憶測ですが、一般教養とは名ばかりで、実質専門の基礎教育をガシガシできそうな理系単科キャンパスと、本当に一般教養になってしまうのかもしれない総合大学のキャンパスと、の違いがあったり無かったり。
その辺り、カリキュラムやシラバスを調べてみるのも良いでしょう。
あなたが見ても判らないでしょうから、学校の理科の先生にでも見て貰うと良いでしょう。


あ、女子大は、全体的に凋落傾向にある、ということはお母さんに伝えておくと良いかもしれません。
それでも、 『 文 系 の 場 合 』 、女子大の方が、女子向けの就職先、女子向けの就職活動に強そうな気はしますが。
薬学部薬剤師コースは職業訓練系統ですから、文系の場合とは就職状況は別物でしょう。別物だからこそ薬学部なんで。同じなら少なからぬ人には意味が無い。
逆に、凋落して並んでいるということは、ひょっとすると以前は金城の方が上だったのかもしれません。

なお、私は名古屋のことは知りません。その両キャンパスの地理的なイメージは全く浮かんできません。

投稿日時 - 2013-06-29 06:43:46

お礼

回答ありがとうございました。
さっそく、母に伝えたいと思います。

投稿日時 - 2013-07-06 01:04:51

ANo.3

農学部と薬学部の両方を出ている者です。

国家試験の合格率は、全くもって信用できません。その証拠に、京都大学の国家試験合格率は、50~60%程度です。

合格率があまりにも高い大学は、留年率を上げているからで、受からないような学生は卒業させてくれません。ただ、それだけのことです。私は国家試験だけの勉強ばかりさせられる大学の方がつまらないと思うので、国家試験の合格率のこだわらない大学(留年率の低い)の方をおすすめします。

次に、愛知学院大と金城学院大についてはわからないのですが、指定校推薦はあまりおすすめできません。指定校推薦の場合は、試験が無いも同然ですが、その代わり入学後の責任がきつくなります。留年はもちろん、出席日数や成績など、常に監視されます。もちろん、学内1位で勉強する自信があるのでしたら全く問題ありませんが、普通の学生の場合、少々肩身の狭い大学生活になると思います。

投稿日時 - 2013-06-24 08:19:30

お礼

回答ありがとうございました。
国家試験の合格率は信用出来ないんですね。
指定校は楽かな、と思っていましたがやはり入学してからが大変なんですね!

薬学部出身の方から回答がいただけてうれしいです。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-24 21:39:41

ANo.2

 私立大薬学部の国家試験合格率はどうにでも操作出来ます。つまり、学力が足りなくてとても合格しそうにない学生は6年へ進級させません。これだけで合格率を100%近くにすることが出来ます。
 実際薬学部の入試偏差値と国家試験合格率には全く相関がありません。偏差値の低い大学ほど合格率が高いという逆の相関がありますが、これは以上のような理由です。

 一方東大、京大などは薬学部(定員80人)の中で薬剤師を目指す6年制コースは東大で8人の定員、京大で24人の定員です。残りは4年制コースに行き大学院創薬科学専攻へと進学します。東大に至っては9割が4年制、薬剤師を目指すはずの6年制への進学者はたったの1割です。

 東大と京大の薬学部卒業者の国家試験合格率は毎年ビリを争っています。実はこれらの学生は元々6年制にいっても薬剤師になる気などほとんどありません。そのまま4年制の大学院に進学し6+4年の10年をかけて薬学博士とか医学博士になります。国家試験は「まあ受けてみようか」という程度です。

 このように薬剤師は私立大で、薬学研究者は国立大(中でも旧帝大クラス)でという棲み分けが従来から出来ていました。なので国家試験合格率など当てにはなりません。あなたの6年間の努力次第です。どちらの大学から国家試験に合格しても変わりはありません。ならば好きな方に行くべきです。

投稿日時 - 2013-06-23 20:41:44

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-24 21:41:27

ANo.1

自分のきもちがそれだけはっきりしているのなら、いきたい
ほうにいったらと思います。

薬学部にいって、国家試験にうからなかったら、なんのため
にいくのかわかりませんし。

投稿日時 - 2013-06-23 19:25:36

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-24 21:41:58

あなたにオススメの質問