こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

相続による不動産登記について

父親が亡くなりました。相続人は母と子(私)です。
父親名義の土地と建物の相続手続きですが、土地のみ母との共有になっています。
協議の末、父親名義の相続はすべて子がします。

時間があるので、自分で相続登記を行いたいと思います。
4点不明な点があるので教えてください。
その後、法務局へ行くので、法務局に聞いたらという回答は遠慮します。


(1)登記申請書の申請人の記入欄について

被相続人が不動産を他人と2分の1ずつ共有していて、
被相続人の持分を相続人(▲▲)が相続する場合

 →  相 続 人 ( 被相続人 ×× )
          ○○県○○市○○丁目
            持分2分の1 ▲▲   印

と書くようですが、土地のみ共有の場合、どのように書くんでしょうか。(持分2分の1の部分)
建物も共有でしたら、サンプルのように書くって分かるんですが、土地のみ共有ですので。


(2)登記申請書の不動産番号は、記入が必要ですか?

(3)不動産登記事項証明書は必ず入手することが必要ですか?
 素人作成なので、相談コーナーでしっかりチェックしてもらおうと思っています。
 また、(2)の不動産番号がこれにしか載ってないようです。

(4)遺産分割協議書
 宅地と居宅を分けて記入するんですが、
 宅地のほうに、(被相続人 ×× 持分2分の1)との記入が必要ですか?

ご存知の方、教えてくださいますようお願いします。

投稿日時 - 2013-06-26 19:41:53

QNo.8151003

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

(1)について
建物は被相続人の単独所有、土地は共有とのことですので、この場合1通の登記申請書で申請することはできません。
したがって、土地と建物でそれぞれの申請書(つまり2通の申請書)を作成する必要があります。

(2)について
「不動産の表示」で記載すべき項目(所在・地番・地目・地籍、所在・家屋番号・種類・構造・床面積)が正しく記載されていれば、不動産番号は必要ありません。

(3)について
登記申請書を作成するにあたって、現在の登記内容を確認するため、また上記(2)の「不動産の表示」の正しい情報を把握するためにも、登記事項証明書を取得されることをおすすめします。
しかし、これらの情報につき正確な情報を把握されているのであれば、必ずしも必要なものではありません。

なお、インターネットを使って登記情報をダウンロードすることもできます。
ここには、不動産番号を含め、申請に必要な登記の情報がすべて記載されており、法務局に出向くことなく、自宅から簡単に取得でき、とても便利です。
費用は、1通につき337円です(質問者さんの場合、土地・建物それぞれ1通ずつ取得して、合計674円ということになります)。
詳しくは下記参考URLをご覧ください。

(4)について
遺産分割協議書の記載方法は、特に決まった書式があるわけではありませんので、相続財産を特定できる記載であれば、どのように記載しても構いません。
したがって、おっしゃるとおりの記載で問題ありません。

余談ですが、登記の申請を専門家に依頼することなく自分でしようとすると、つい「間違いは許されない」と構えがちですが、多少の記載漏れ程度であれば、申請窓口の担当者がその場で直してくれますので、どうぞご安心ください。

参考URL:http://www1.touki.or.jp/gateway.html

投稿日時 - 2013-06-27 06:28:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

No.1で回答した者です。
(4)の回答が、質問内容の答えになっていませんね。

先の回答のとおり、相続財産を特定する必要がありますので、土地について「被相続人 ×× 持分2分の1」の記載は不可欠です。

投稿日時 - 2013-06-27 06:38:06

あなたにオススメの質問