こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

初めての投資

初めて株の購入をしようと試みています。
ネット証券で登録を進めていたところ、いきなり配当金の受け取り方法について躓いてしまいました。
下の件について分かりやすく教えていただけないでしょうか?

1)配当金受け取りの「登録配当金受領口座方式」では、配当金は保管振替機構の残高に応じて投資家の金融機関口座へ支払われるようですが、具体的にどういうことでしょうか?
例えば、保管振替機構の口座残高がある額に達するまでは、銀行などの金融機関口座には支払われない等ということでしょうか?
また、この目的と投資家にとってのメリットはなんでしょうか?

2)「株式数比例配分方法」では、配当金は証券会社の口座に支払われるようですが、銀行などの金融期間口座に支払われるのと比べてどのような違い(メリット、デメリット)があるのでしょうか?
例えば、証券会社の口座に置いておいた方が次の投資時に手数料が安い、手続きが簡単など。
ちなみに、自分の銀行口座から投資する場合は、一度証券会社の口座にお金を移動しなければならないなどの手続きがあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-07-09 00:33:14

QNo.8168472

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

これは特定口座の源泉徴収ありコースと無しコースの違いです。
証券口座に入金された配当金について確定申告無しを選択しますと当該配当金は配当所得に算入しない決まりです(同じく株式売買益についても所得としては扱わない)
源泉徴収無しコースの売買損を申告した場合には源泉徴収ありコースの売買益と相殺する事も可能です(源泉徴収ありコースの売買損失を相殺したらその損失について所得としての計算に入ります。)

投稿日時 - 2013-07-09 21:01:35

ANo.1

近頃は簡単なように、普通、特定口座を作り、配当金を証券会社の口座の中に入金して、税金は、株式売買で損失が出ている場合、株式売買損失と配当金とで証券会社内で損得で相殺します。
証券会社は、配当金も自社の口座に取り込み、口座残高を増やせるので大喜びです。

以前はそういった仕組みが無く、配当金はそれぞれの購入した株式の会社毎に税金を既に引いてある配当金領収証を持って銀行や郵便局に受け取りに行くか、あるいはやはりその会社毎にその会社が信託している信託銀行などに振込先を指定して振り込んでもらうかして、株式などとの損失の計算を自分でおこない、税務署に申告に行って払いすぎた分を戻してもらいました。

今でも、登録配当金受領口座方式にしても、証券会社毎での税金の勘定なので、数社に口座を作り、それぞれに取り引きした場合は、それぞれの証券会社毎の譲渡損益額と還付金履歴を持って申告にいかないと、払いすぎている税金の調整は出来ません。

数社に口座を開いた場合でも、1社で登録配当金受領口座方式にしておけば、自動的に各社でそのような勘定になるので、新しい申請はしなくても良いです。

投稿日時 - 2013-07-09 08:05:16

あなたにオススメの質問