こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

《屠り場に牽かれていく小羊のように・・・》

 『イザヤ書』 53章:1-7節です。

 ▲ (新共同訳 1988) ~~~~~~~~~~~
 1:わたしたちの聞いたことを、誰が信じえようか。
  主は御腕の力を誰に示されたことがあろうか。

 2:乾いた地に埋もれた根から生え出た若枝のように
  この人は主の前に育った。
  見るべき面影はなく
  輝かしい風格も、好ましい容姿もない。

 3:彼は軽蔑され、人々に見捨てられ
  多くの痛みを負い、病を知っている。
  彼はわたしたちに顔を隠し
  わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた。

 4:彼が担ったのはわたしたちの病
  彼が負ったのはわたしたちの痛みであったのに
  わたしたちは思っていた
  神の手にかかり、打たれたから
  彼は苦しんでいるのだ、と。

 5:彼が刺し貫かれたのは
  わたしたちの背きのためであり
  彼が打ち砕かれたのは わたしたちの咎のためであった。
  彼の受けた懲らしめによって わたしたちに平和が与えられ
  彼の受けた傷によって、わたしたちはいやされた。

 6:わたしたちは羊の群れ 道を誤り、それぞれの方角に向かって行った。
  そのわたしたちの罪をすべて 主は彼に負わせられた。

 7:苦役を課せられて、かがみ込み 彼は口を開かなかった。
  屠り場に引かれる小羊のように
  毛を刈る者の前に物を言わない羊のように 彼は口を開かなかった。

 ◆ (試みの訳) ~~~~~~~~~~~~~~~
 1:だれが信じたか われわれの耳に届いたことを
  だれに現わされたか ヤハヱーの腕は

 2:        けれどもかれはヤハヱーの前に
  若芽のように伸びた
  水のない土に自らを張る根のように

  かれには形がない
  飾りもないのにわれわれはかれを見ている
  見えてもいないのにわれわれはかれを慕っている

 3:蔑むべきであって 人びとの忌み嫌う者
  痛みの人であって 病いと知られる

  われわれが顔を覆う時のように さげすまれており
  われわれはかれのことを思わなかった

 4:        けれどもわれわれの病いはかれが担った
  われわれの苦しみはかれが担いだ

  われわれはかれのことをこう思った

    神に打たれ 傷つけられ 懲らしめられていると

 5:そしてかれはわれわれの咎によって身を刺し貫かれ
  われわれの過ちによって砕かれた

  その懲らしめは われわれの健やかさであって
  かれの上にある
  かれの傷の上にあって それはわれわれの救いである

 6:        ただわれわれは皆 羊のように道に迷い
  一人ひとりおのが道に突き進んだ

  ヤハヱーはかれの中にわれわれの過ちを見させた

 7:かれは虐げられ 苦しめられたが
  口を開かなかったから

  屠り場に牽かれていく小羊のように
  毛を切る者の前に黙っている羊のように
  口を開かなかった

 ■ (別の史観によって試訳したもの) ~~~~~~~~
 1:誰れが信じたというのか このわれわれの聞いたことを
  誰れの上に現われたというのか ヤハヱーの腕が

 2:かれはヤハヱーの前で若芽のように伸びたなどということを

  それはまるで水のない土の中の根のようではないか

  かれには形などない
  飾りもないのにわれわれはかれを見たというのか
  見えてもいないのにわれわれはかれを慕うのか

  3:蔑むべきである 人びとの忌み嫌う者である
  痛みの人である 病気と知られる

  われわれは顔をおおうべく蔑むべきものを

  われわれはかれのことなど気にかけていない

  4:まったくわれらの病いをかれは運んでいる
  われらの苦しみをかれは身に帯びている

  われらが思うには

    かれは神に打たれ傷つけられ懲らしめを受けているにすぎぬ

  5:かれはわれわれにもある咎のために身を刺し貫かれ
  われわれにもある過ちのために砕かれたと言っても
  その懲らしめは われわれの健やかさであって
  かれの上にある

  かれの傷の上にあって それはわれわれの救いである

  6:われわれは皆羊のようであり羊のように道を迷うにしても
  一人ひとりおのが道に向かってすすむ

  ヤハヱーこそがかれの中にわれわれの過ちを捉らえさせた

  7:かれは虐げられ 苦しめられたが
  口を開かなかったではないか
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 ☆ 《誰にとってものアース役で そのアース役の最後の人》という主題は読み取れますか?
 この人を最後としてアース役は その対手のガミガミ役とともに やがて消えて行くと読み取れますか?

 《このうたを持ちつつ現実主義に立ってすすむというそのユダヤ人の行き方》という主題はあり得ますか?

 これらの感じ方にからめつつ お考えになるところをおしえてください。

投稿日時 - 2013-07-11 08:39:24

QNo.8171463

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちはです。

わたしはクリスチャンでもユダヤ教徒でもないので、どっちがどっちでも構わないのですが、

─────────
53 Who hath believed our report? And to whom is the arm of the Lord revealed?

2 For He shall grow up before Him as a tender plant, and as a root out of a dry ground. He hath no form nor comeliness, and when we shall see Him, there is no beauty that we should desire Him.

3 He is despised and rejected of men, a Man of sorrows, and acquainted with grief. And we hid as it were our faces from Him; He was despised, and we esteemed Him not.

4 Surely He hath borne our griefs and carried our sorrows; yet we did esteem Him stricken, smitten of God, and afflicted.

5 But He was wounded for our transgressions; He was bruised for our iniquities. The chastisement of our peace was upon Him, and with His stripes we are healed.

6 All we like sheep have gone astray; we have turned every one to his own way; and the Lord hath laid on Him the iniquity of us all.

7 He was oppressed, and He was afflicted, yet He opened not his mouth; He is brought as a lamb to the slaughter; and as a sheep before her shearers is dumb, so He openeth not His mouth.

(21th Century King James version)
─────────

─────────
53 Who has believed our message
and to whom has the arm of the Lord been revealed?
2 He grew up before him like a tender shoot,
and like a root out of dry ground.
He had no beauty or majesty to attract us to him,
nothing in his appearance that we should desire him.
3 He was despised and rejected by mankind,
a man of suffering, and familiar with pain.
Like one from whom people hide their faces
he was despised, and we held him in low esteem.
4 Surely he took up our pain
and bore our suffering,
yet we considered him punished by God,
stricken by him, and afflicted.
5 But he was pierced for our transgressions,
he was crushed for our iniquities;
the punishment that brought us peace was on him,
and by his wounds we are healed.
6 We all, like sheep, have gone astray,
each of us has turned to our own way;
and the Lord has laid on him
the iniquity of us all.
7 He was oppressed and afflicted,
yet he did not open his mouth;
he was led like a lamb to the slaughter,
and as a sheep before its shearers is silent,
so he did not open his mouth.

(New International Version)
─────────

共同訳ですと、
 3:彼は軽蔑され、人々に見捨てられ
  多くの痛みを負い、病を知っている。
  彼はわたしたちに顔を隠し
  わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた。
でしょう。
顔を隠すの主語が違っているんですよ。
King James Version、NIVともに、顔を隠すのは《人々》。
でも、共同訳は《彼》・・・

内容が内容なだけに、
この違いは、結構、大きいですよね。
月とスッポンくらいの差がある。
月とスッポンのどちらがいいのか、《人々》と《彼》のどちらが月でスッポンなのかわかりませんが・・・
そして、
眠り猫が考えるに、この主語は《人々》でなければおかしいと思うのですよ。
《彼》が預言者、もしくは、イエスをさすのかどうかは知りませんけれども、
《彼》が顔を隠す理由は何処にもない。
アダムやイブが、イチジクの葉っぱで♂♀を隠したように、
人々が恥ずかしさや後ろめたさといったものから、顔を隠した、でなければおかしいと思うのですよ。
ネコなんで、ヘブライ語は知らない。ヘブライ語でそこのところがどうなっているのかもわからない。なので、推測する以外なのですが・・・

そもそも、共同訳はこの一行目の
 1:わたしたちの聞いたこと
からして胡散臭い!!
英語訳では、our messageであり、our reportであって、この《our》は、《神さまの》かもしれない。《神さま・熟慮の複数》の可能性を排除できない。
なんなら、《自尊の複数》でも、《三位一体複数》でもいいわさ。
だから、
「Who has believed our message?」は、神さまの《おことば》なのかもしれない。
ここはボカすべきだ。
そもそも、
この話を聞いたのは、イザヤ一人であるのだから、《わたしたちの聞いたこと》となるのはおかくしい。《わたしの聞いたこと》でなければおかしい。
「わたしたちの聞いたこと」は成立しないはずだ!!
イザヤ書を書いたのがイザヤでなく、後世の誰かさんたちであるのならば、ちと話は変わってきますが。
───そういえば、確か、イザヤ二人説なんてのもありますわね~───

異教徒でかつ、《バカの飲む薬》の《三倍返しの副作用》に見舞われている眠り猫のオツムはこう申しております。


☆ 7:かれは虐げられ 苦しめられたが
  口を開かなかったではないか
◇「えろい、えろい、さばくたに」と口を開きませんでしたっけ、誰かさん(笑)。
人間だっけ、受肉部分を持っているから、これでいいんだわさ。

投稿日時 - 2013-07-11 14:40:57

お礼

 ねむりねこさん こんにちは。ご回答をありがとうございます。


 ☆☆ 7:かれは虐げられ 苦しめられたが
  口を開かなかったではないか
 ◇ 「えろい、えろい、さばくたに」と口を開きませんでしたっけ、誰かさん(笑)。
 人間だっけ、受肉部分を持っているから、これでいいんだわさ。

 ☆ たしかに《口を開かなかったか?》と問えば ものを言いましたね。
 《神よ かれらをゆるしたまえ。かれらは 成していることを知らないから》とも 苦しさのなかから自分の尊厳を守ろうとするかのように言いだしていますね。

 《わが神よ なぜわたしを見捨てたのか?》は そのあと《あなたに身と心をゆだねます》とか言っていることになっているので 独り言のようでもあり あるいは その――おっしゃるように――人間であることのよわさを隠さず つぶやいている。とも取れますね。

 ローマの兵士たちに《なぜ おまえたちは わたしをこうしてハリツケにするのか? 離せ。解放せよ》といったことは言わなかったとも取れますが たしかにいづれにせよ ものを言っていますね。


     *

 ◇ ~~~~~
 そもそも、共同訳はこの一行目の
  1:わたしたちの聞いたこと
 からして胡散臭い!!
 英語訳では、our messageであり、our reportであって、この《our》は、《神さまの》かもしれない。《神さま・熟慮の複数》の可能性を排除できない。・・・
 ~~~~~~~~
 ☆ ここは 《聞く(シャマア)》から来た《知らせ・うわさ(シェムーアー)》なので 《人びとが聞いたこと》であり つまり そのすでに聞いていることについて しかし誰が信じたか? と言っているのではないかと。

 ▲ (Isaiah 53:1 )
 http://www.blueletterbible.org/Bible.cfm?b=Isa&c=53&v=1&t=KJV#conc/1

 ▲ (シェムーアー) 《聞かれたこと( that which is heard )》
  http://www.blueletterbible.org/lang/lexicon/lexicon.cfm?Strongs=H8052&t=KJV

 ☆ もっともその《若芽のように伸び 土に根を張った者》が 実際にいたとか その噂がじっさい聞こえて来ているとか そこまでは事実かどうか分からないのですが。


      *


 ◇ ~~~~
 〔53:3で〕顔を隠すの主語が違っているんですよ。
 King James Version、NIVともに、顔を隠すのは《人々》。
 でも、共同訳は《彼》・・・
 ~~~~~~~
 ☆ 次のように 《 mime-nu ( mimme-nnu ) 》が 同形で《 from-us / from-him 》の両方の意味があるようです。

 ▲ (53:3) ~~~~
 http://www.blueletterbible.org/Bible.cfm?b=Isa&c=53&v=1&t=KJV#conc/3

 ・ ku-master paniym mime-nu ni-bzeh
 ・(1) like-hiding faces from-us he-was-despised
 ・(2) when-hiding faces from-him he-was-despised

・(KJV)  we hid as it were [our] faces from him; he was despised
 ~~~~~~~~~~~
 ☆ わたしにはこれ以上のことを言えるちからがありません。

 ◇ ~~~~~
 《彼》が顔を隠す理由は何処にもない。
 アダムやイブが、イチジクの葉っぱで♂♀を隠したように、
 人々が恥ずかしさや後ろめたさといったものから、顔を隠した、でなければおかしいと思うのですよ。
 ~~~~~~~
 ☆ ミラーニューロン?






 いやぁ なんでこんな質問を挙げたんだろう。

投稿日時 - 2013-07-11 16:04:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

またやらかしてしまった。
ほんと、ケアレスミスが多いな、わたし!!

NO3
【誤】 別の史観からの《試訳》
【正】 《試みの訳》

ですね。

訂正、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-07-11 17:40:38

お礼

 つづいてです。

 あっ でしたら意味が違って来ますね。
 正誤表にしたがうと 次のように訂正されます。

 ◇◇(回答No.3) ~~~~
 《試みの訳》は、
 「神に見捨てられたイスラエルの民」的な史観になるのでしょうか。
 神との和解は未だ成立していない、神の許しは未だない、といったような。
 ~~~~~~~~~~~~
 ☆ 質問者としては そうではなく 《試みの訳》は イエスのキリスト史観として訳したものです。

 《別の史観からの試訳》が ユダヤ人の史観です。――これとしてNo.3では お応えしました。

投稿日時 - 2013-07-11 18:04:36

こんばんはです。

別の史観からの《試訳》は、
「神に見捨てられたイスラエルの民」的な史観になるのでしょうか。
神との和解は未だ成立していない、神の許しは未だない、といったような。
イザヤ書54章の《夫に捨てられた妻》の話がらみで、
こうした話を、以前、どこかで聞いたか読んだことがあるんですよ。


────────────
54:6捨てられて心悲しむ妻、
また若い時にとついで出された妻を招くように
主はあなたを招かれた」と
あなたの神は言われる。
54:7「わたしはしばしばあなたを捨てたけれども、
大いなるあわれみをもってあなたを集める。
54:8あふれる憤りをもって、
しばしわが顔を隠したけれども、
とこしえのいつくしみをもって、
あなたをあわれむ」と
あなたをあがなわれる主は言われる。

口語訳・イザヤ書54章
─────────


─────────
6 The Lord will call you back
as if you were a wife deserted and distressed in spirit—
a wife who married young,
only to be rejected,” says your God.
7 “For a brief moment I abandoned you,
but with deep compassion I will bring you back.
8 In a surge of anger
I hid my face from you for a moment,
but with everlasting kindness
I will have compassion on you,”
says the Lord your Redeemer.

(New International Version)
http://www.biblegateway.com/passage/?search=Isaiah%2054&version=NIV
─────────

ここでは、顔を隠すのは神さまですね。
ってことは、《顔を隠す》の主語は神さま、OneやHeでもよいのか……
でも、これだと、
─────────
3 He was despised and rejected by mankind,
a man of suffering, and familiar with pain.
Like one from whom people hide their faces
he was despised, and we held him in low esteem.
───ーー───
のrejected by mankidとの整合性が失われてしまう。

はてはて、困ったもんだ。

何か関係はあるのでしょうが、わからんな、も~。


☆☆☆☆☆☆
~~~~~~
 ◇ ~~~~~
 《彼》が顔を隠す理由は何処にもない。
 アダムやイブが、イチジクの葉っぱで♂♀を隠したように、
 人々が恥ずかしさや後ろめたさといったものから、顔を隠した、でなければおかしいと思うのですよ。
 ~~~~~~~
 ☆ ミラーニューロン?
~~~~~~

いやいや、これは《善性のねじ曲げであるヤマシサ》からじゃないですか。
わたしは、そう思います。

投稿日時 - 2013-07-11 17:29:28

お礼

 さらにつづきます。ご回答をありがとうございます。

 ◇ いやいや、これ〔* アダムが神から身を隠したことなど〕は《善性のねじ曲げであるヤマシサ》からじゃないですか。
 ☆ そうでしょうね。

 そして まれに・もしくは案外 そのヤマシサとしての心持ちにしても ミラーニューロンははたらくのではないかと思ったものですから。

 でも 推測です。

 


 ◇ ここ(* イザヤ書54:6-8)では、顔を隠すのは神さまですね。
 ☆ なるほど。こういう場合は 一時的に・一定の期間 神は顔を隠すというかたちであるように思います。

 例のモーセに当てて神が言っている。
 ▼ (出エジプト記33章) ~~~~
 21: 更に、主は言われた。

   「見よ、一つの場所がわたしの傍らにある。
   あなたはその岩のそばに立ちなさい。
 22: わが栄光が通り過ぎるとき、
   わたしはあなたをその岩の裂け目に入れ、
   わたしが通り過ぎるまで、
   わたしの手であなたを覆う。
 23: わたしが手を離すとき、
   あなたはわたしの後ろを見るが、
   わたしの顔は見えない。」
 ~~~~~~~~~~~~



 イスラエルは 世界がキリストを受け容れてからそのあと 復興(?)するとか パウロは言っていましたね そう言えば。

 ◇ 別の史観からの《試訳》は、 / 「神に見捨てられたイスラエルの民」的な史観になるのでしょうか。
 ☆ ええ。要するにイエスをキリストとはみとめない立ち場ですね。
 しかも 神は同じという恰好なんですよね。
 (もっとも キリスト・イエスとしては 神は 世界(つまり人類)にとって全体としてひとつだと指し示したとわたしは思っていますが)。

投稿日時 - 2013-07-11 17:59:43

NO1の付け足しです。

◇アダムやイブが、イチジクの葉っぱで♂♀を隠したように、
人々が恥ずかしさや後ろめたさといったものから、顔を隠した、でなければおかしいと思うのですよ。

ではないのかもしれない。
これは、「見ないようにした」という意味なのかもしれませんね~。
ステファノの言葉に、ユダヤ教のお偉方が耳を塞いだように・・・
《黙殺》、あるいは、あることをなかった事にするとか・・・

投稿日時 - 2013-07-11 15:16:47

お礼

 つづいてです。

 ◇ ~~~~
 ステファノの言葉に、ユダヤ教のお偉方が耳を塞いだように・・・

 これは、〔* 人びとが この《屠られる小羊なる者》を〕「見ないようにした」という意味なのかもしれませんね~。
 ~~~~~~~
 ☆ という見方ですね。

 《われわれが顔を隠した・目を覆った》に変わりはない。と。


 《かれ》が 自分の顔を隠すのは そうだとしたら 人びとがまづ《見ないようにした》そのあとであるかも分かりません。そう考えると 《われわれが顔を隠す・背ける》のほうが 自然であるように思います。

投稿日時 - 2013-07-11 16:12:10

あなたにオススメの質問