こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

気が休まらない

何処へ行っても精神的に休まりません。
理由は近所にも変質者扱いされ常に疑いの目で見られています。
皆私を心底疑っているし嫌っている雰囲気があり常に伝わって来ます。
そういう事もあって精神的に不安感に苛まれながら生きています。
私を悪者扱いすることで優越感に浸っている連中が憎いです。
いつになれば悪人と善人が区別される世の中になりますか?
悪人と善人が混合している社会には入りたくもありません。私の事を毛嫌いして疑う人達に対して逆に気色悪い人間性だなと、こちらが疑ってしまうようになりました。人の事を裁いてくる人って何か心が汚れていてストーカーのようになったりしてターゲットの行動を詮索したりして精神的に追い詰めようと必死になるのは何故でしょうか?物凄い執着心があって恐怖です。人を試そうとしたり悪い噂は全てターゲットのせいにしたりして孤立させて恐怖心を煽ろうとする根性が気に入りません。そういう人達が明日にでも本当に、いなくなってくれたらいいのにと思っています。私は何の準備もしていませんが
悪者がいなくなる日は、あと、どれくらいなのでしょうか?
私を疑う連中と同じ空間にいる事に耐えて来た年数に疲れています。
私だって早く解放されたいです。態とらしく私を貶めようとする人間達とは永遠に離れていたいです。いつになれば悪者達と離れられる日が来るのですか?明日にでも来てほしいです。
いつになったら悪人と善人が一緒に暮らせなくなる素晴らしい時がくるのでしょうか?
いつまで、こういう状況予想でも良いので教えて下さい。

投稿日時 - 2013-07-12 23:34:45

QNo.8173848

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

世の中は色々な環境で育ってきた人が様々な立場で生きています。
中には悪意を持って質問者さんに近づいてくる人もいるでしょう。

いくら願ったところで自分が人を変える事はできません。

それならば質問者さんが善人になりきってしまえば
良いのではないでしょうか。

自分の身を守りつつ、たとえ悪者であっても受け入れようという
寛容な気持ちがあれば、きっと今の苦しさからも解放されるはずです。

「正直者は馬鹿を見る」と良く言われますが、
果たして本当にそうでしょうか?
正直者は相手を疑う事なく信じ、感謝する事ができますが、
嘘をつく人間はいつも自分が騙されているのではないかと
ヒヤヒヤしています。

何も知らない第三者が見れば疑い深い後者の方が
賢い生き方をしている様に見えるでしょう。
しかし幸せは利益や賢さではかることはできません。

これは因果応報の根幹を成している部分です。
何も回り回って自分に返ってくるものばかりではないんですよ。

世の中に完全な悪人はいませんし、
完全な善人だっていません。

それを決めているのは他でもない
自分自身であるという事を忘れないで下さいね。

投稿日時 - 2013-07-13 02:55:36

お礼

善人になりたいのですが悪人が私の周りでウロチョロされると気が休まらないんです。
何故か私を懲らしめてやろうという人達しか寄って来ない不思議な人生なのです。

自分を不幸せにしかできない人間しか寄って来てくれません。
私を幸せにしてくれる人達は何故か離れて行ってしまいます。
世の中には自分の汚点を人の汚点にしてしまおうという無責任な人達が多すぎです。

私は人間って気難しくて神経を使うので疲れ果てます。
私は人を疑って見る人って気持ちが悪くて近寄りたくもありません。私自身が汚れてしまうからです。
だから悪人とは、おさらばをして邪魔もされずに私らしく生きて行きたいのです。

神聖な人達としか付き合いたくありません。
そうすれば私自身も神聖な人間変わって行ける気がします。

いちいち人の人生を疑って見る人って変質者と同じだと私は思うのです。
変質者はいると迷惑な存在です。だから、いちいち人の人生を支配しようとしてくる人達も迷惑な存在だと言えます。

人を支配して恐怖心を与える人達が悪人だと私は思います。
だって、どう生きようが、その人の勝手じゃないですか。
とにかく卑しい悪人とは一切心を通わせたくないです。

理解力のある素敵な、ご回答ありがとうございます。
これからの人生に役立たせていただきます。

投稿日時 - 2013-07-13 10:42:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問