こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

転職しようか迷っています。

転職のことで相談です。長文ですが、読んでいただけたらと思います。

26才、女です。

現在、大学卒業(一浪しています)→A会社就職(営業)一年間→B会社就職(営業)二年間→空白二ヶ月間→現在C会社在職中(経理、二ヶ月目)


大学卒業後、大手企業に営業として就職しました。
仕事は厳しく大変でしたが、そのぶんやりがいもあり、会社の方たちもとても好きでした。

一年後、縁あってさらに上の企業から引き抜きがあり、給与や待遇の面が上がることに飛び付き、転職しました。
その後、二年間その企業で働きましたが、終電で帰れないことがたびたびで、休日出勤は当たり前。心身共に病んでしまい、泣く泣く退職しました。
もちろんやりがいはあり、仕事は楽しかったのですが、あまりの過酷労働についていくことができませんでした。私が不甲斐ないせいだったことはわかっています。
上記ふたつの企業は、体育会系として有名です。


退職後、「完全週休二日制」「残業月20時間程度」の仕事に絞って、できれば結婚して子どもが産まれてからも勤められる事務職希望で転職活動を行いました。
事務の仕事はしたことがなく、関連資格もなかったこと。二社とも就業期間が短かったことなどあり、大手は全滅。思うように転職活動は進みませんでしたが、上の条件で一番初めに内定をくださった中小企業さんがあり、嬉しくてすぐに内定を承諾し働き始めました。


ここからが、本題です。
現在の会社に勤めて二ヶ月が経ちましたが、採用前に聞いていた話と違う点が何点かあります。
一点目に、完全週休二日制と聞いていたのに、実際土曜出社が月に2~3回あり、ほぼ週6出勤です。
二点目は、残業です。採用前の面談では、残業は月平均10時間程度と聞いていたのですが、40時間以上の残業をすることになりました。同じ部署の、既存の女性社員さまに聞いたところ、毎月そのくらい残業があるのが当たり前だそうです。
三点目は、経理のみと聞いていたのに、給与計算や発注業務などを含む総務だったことです。これはあまり重要視していませんが、嘘をつかれていたことにかわりありません。

そのことで「聞いていた話と違う」と社長に言ってみたのですが、軽くあしらわれ取り合っていただけませんでした。
もちろん、営業時代と比べればだいぶ楽ですし、このご時世に私のような人間を雇ってくださったことは有り難く感じています。

ですが、完全週休二日、残業少なめを前提に転職活動を行っていたので、実際の就業環境を初めに聞いていたら、きっとお断りしていました。
そのことがとても悔しく、会社でのわたしの扱いもあり(諸事情ですが、一部からいじめのようなもの、セクハラ、パワハラを受けています。自分でも情けないです)、毎日仕事に行くのがとても辛いです。



ここで、相談です。
転職しようか迷っています。

今後の選択肢としては、

1.このまま今の会社で働き続ける
2.すぐにでも転職する
3.一年以上は働き続け、その間に事務職に必要なスキルを身に付けてから転職する

このみっつです。
自分の中で、転職を重ねすぎている点と、私は女ということもあり年齢が引っ掛かっています。
それを考えると2と3は厳しいと思うのですが、1はあまり選択したくないです。
2ですと、また失敗してしまう気がするので、なんとか一年は踏ん張ってみようとも考えたのですが、そうなると年齢の点でどうなのかなとも思ってしまいます。


さらに、2か3を選択した場合、面接の際にどこまでを伝えていいのかも悩んでいます。
「聞いていた就業環境じゃなかったからすぐの転職を考えた」ことも伝えていいのか、それとも「やる気、さらなるステップアップ」だけを全面に押し出したほうがいいのか…


事務職は楽しく、経理の仕事も好きだと実感したので、今後も事務職がいいと考えています。
だらだらとした文章な上、聞きたいことが伝わりにくいかもしれませんが、どうかアドバイスをいただけないでしょうか。
誰にも相談できず、それでも毎日が辛く、苦しいです。

投稿日時 - 2013-07-13 07:35:59

QNo.8174126

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

こんにちは。私は経理職で10年近く働いているものです。

「完全週休2日制」はともかく、残業や職務内容は入社前と違うのはよくある話だと思います。
事前に細かく確認していて、『騙された!』というお気持ちも分からなくはないですが、
業務に慣れるまではどうしても残業は多くなりますし、終わらなければ休日出勤もします。
突然担当がいなくなって、違う部署の業務がまわってくることもありますし
ずっと同じことをやり続けていればいい企業の方が珍しい気がします。

ちなみに休日や残業というのは、仕事の効率をあげたらどうにかなるものではないのでしょうか?

仕事を続けながら転職活動が出来ればベターだと思いますが、
経理希望で活動するとなると結構厳しいと思います。

以前勤めていた会社で、(経理ではないですが事務職の)「未経験者」をあえて採用していたことがあります。
採用担当に何故未経験者が良いのかを聞いたところ、
『経験者は、業務の範囲を「ここからここまでがわたしの仕事」といって線引きするから』
と言っていました。

今は会社の不満な点が目についてしまっているようですが、良い点はないんでしょうか?

事務職で管理職でないなら、若いに越したことはないと思うのですが、
なかなか希望通りの会社を見つけるのは難しいと思います。
仕事をするにあたって何を重視するかですが、
休日・残業・業務内容を限定したいのであれば、派遣とかの方がいいと思います。
頑張ってくださいね。

投稿日時 - 2013-07-14 20:05:03

ANo.5

今からでも活動をしてはどうだい。

入社前の説明と実際とが大きく異なっていた場合、十分な退職理由になるぜ。その退職理由に引っかかって書類選考や面接で落としてくる会社は、同類の会社だってことだ。だから、その理由をちゃんと明らかにしておけば、話が違うって会社に入ってしまうリスクは非常に小さくなる。

中途採用の意味をきちんと理解している会社は、間違った情報を求職者に提供することを恐れるし、問われてもなお情報を伏せるようなことをしないものだ。それを理由に退職されてしまうと、目に見えないコストを含めて会社に損害を生じさせてしまうからだ。その損害の原因は、間違った情報を提供し、情報を伏せた会社側にある。自分で自分の首を絞めることを恐れているってことだ。それを理解できない経営者や人事担当者こそ、世の中を舐めている。

入社直後から転職活動をせず、2ヶ月仕事を続けた点について上手に説明できそうなら、今からでも転職活動をはじめても大丈夫だ。

投稿日時 - 2013-07-13 23:07:49

ANo.4

>>一点目に、完全週休二日制と聞いていたのに、実際土曜出社が月に2~3回あり、ほぼ週6出勤です。
二点目は、残業です。採用前の面談では、残業は月平均10時間程度と聞いていたのですが、40時間以上の残業をすることになりました。同じ部署の、既存の女性社員さまに聞いたところ、毎月そのくらい残業があるのが当たり前だそうです。

この2点ですが、まず就業規則上の休日はどうなっているのでしょうか。その土曜出勤は休日出勤で休日の手当ては出ているのですか。
また残業はサービス残業はないのですか。
この点が問題なければ、それ以上はあなたがその残業を受け入れるか断るかの勇気の問題です。
かつて私の部下の女性で非常に優秀な方で人よりもかなり仕事が早く、終わればさっさと帰る人がいました。でも仕事は人以上にこなすので私は彼女にマイナス点を付けたことはなかったですよ。したがって半分はあなたの仕事観かなと思います。残業や休日出勤はその勇気があれば断ることは可能です。
サービス残業ならば労働基準監督署に訴えですね。

>三点目は、経理のみと聞いていたのに、給与計算や発注業務などを含む総務だったことです

雇用契約書で経理専任となっていない限りはこれはやむをえません。会社の規模では経理だけで一人雇うことはできません。私なら仕事の幅が広がると喜んでお受けしますが。


ということでかなりの部分はあなたの姿勢で何とかなる部分、それ以外はちょっと贅沢な要求という感じです。
この経歴であなたのご希望に合う会社はなかなか見つからないように思いますが。

投稿日時 - 2013-07-13 18:59:45

恐らくどの会社に行っても貴方の希望どうりにはならないでしょう。
ちょっと世の中舐めすぎです。

>一点目に、完全週休二日制と聞いていたのに、実際土曜出社が月に2~3回あり、ほぼ週6出勤です。
これは珍しい事ではありません。
ほとんどの企業がそうでしょう。
週休2日制の企業は辞めない人が多いから求人自体出さないでしょう。

>二点目は、残業です。採用前の面談では、残業は月平均10時間程度と聞いていたのですが、40時間以上の残業をするこ>とになりました。同じ部署の、既存の女性社員さまに聞いたところ、毎月そのくらい残業があるのが当たり前だそうです。
大体そのぐらいはあるでしょうね。
定時で帰るのは公務員ぐらいでしょう。

>三点目は、経理のみと聞いていたのに、給与計算や発注業務などを含む総務だったことです。これはあまり重要視してい>ませんが、嘘をつかれていたことにかわりありません。
この程度日常茶飯事です。

求人どうりの内容の会社なんて見たことありません。
それに対して不満言っていたら何処にも勤められませんよ。
嫌なら転職しても良いと思います。
ただ転職してから後悔はしないでください。
完璧な企業なんて存在しませんから。

投稿日時 - 2013-07-13 16:52:00

正社員で事務を希望なら今の会社に我慢して勤めたほうが無難ですね。

1年以上働いてから転職というのも現実的ではないと思います。そもそもキャリアと認められるか疑問です。

よほど仕事ができる方は別ですが、正社員事務志望の女性は多いですし、雇う側としてもパートや派遣のほうが気が楽です。

正社員というくくりに囚われないのであれば、パートや派遣をお勧めします。

投稿日時 - 2013-07-13 11:28:31

ANo.1

男女平等といいながら結局女性の方が逃げてますよね。男なら休みなしに働け、社長を目指せって言いますよ。
女性でいつかは結婚して、家にばかりいると気がめいるから子供預けて昼だけ働きたいって。そういう考えの人多すぎ。それなのに女性を優遇して働きやすくとか国も言ってます。でも国のイメージは将来社長になるような人材を家庭だけに縛っては国としても有益ではないという考え方。それを勘違いして女性に優しい社会とか言われてノホホンと生きてる連中も多いでしょ。有休取らせろ、残業させるな。給料あげろ。男女差別するな。でも男女差別しないともっと厳しいことになりますよ。
と前置きしたところで、楽しく仕事して定年まで骨を埋める覚悟もないなら、いくらでも探し続けて転職すべき。どのみち一年ではキャリアと認める人も居ません。もし努力して管理職になって高級とりになりたいなら5年は勉強。高給取りになれば暮らしも潤い心は楽になる。役職が上がれば部下もつくし、意見も通り働きやすい。男ってそれを目指して理不尽な労働に耐えてるんで、仕事もほどほど、でも楽しく暮らしたいって夢のような生活を追う?それも人生ですけどね。夢は王子様にかなえてもらえばいいし。

投稿日時 - 2013-07-13 09:01:09

あなたにオススメの質問