こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

うつ病の彼女が男を作って遊び回っています。私はどう

うつ病の彼女が男を作って遊び回っています。私はどう対応したらいいでしょうか?

彼女は結婚もせず仕事に励んでいたのですが、ここ最近、急に将来に不安を感じてしまったようです。
付き合う男はみな不倫関係でした。親に総合失調症の者がいたことで不幸な幼少時を過ごし、家庭を築くことに積極的になれなかったようです。

しかし、年齢も40歳を迎えた頃、震災がきっかけで将来に大きな不安を感じてしまったようです。そしてうつ病を発症。通院を始め、投薬を受けています。

今年になって、夜の遊び場で好みの男性に出会い、彼女はその男と付き合い始めました。もちろん妻子ある男性です。
曲がりなりにも付き合っていた私はそれをたまたま知ってしまいました。
最初は、さすがに彼女の行動をとがめたのですが、自分がうつ病であることを理由に男遊びをやめません。男と会い遊ぶことで、気持ちが落ちるのを抑えているようです。
以前と違って、お酒、タバコを始め、薬の副作用なのか、体重も増えてきました。
けれども、私との良くない関係や仕事でのプレッシャーがあると寝込んでしまいます。
「死にたくなる」そうです。

結果、化粧をして着飾って出かけていく姿を止めることが出来なくなりました。
「我慢は苦しい」そうです。
しかし、その男に乗り換えるつもりはないようで
「あれは遊び。リストカットをしない代わりに会いにいく。」
私は彼女を見送るしかありません。
彼女の苦しみを和らげるなら仕方ないことだと無理矢理に気持ちを抑えます。

私は彼女との付き合いをどうしたらいいでしょうか?

解消したら私は楽かもしれませんが、彼女のことを考えると未練が残りますし、体調への影響も不安になります。

けれどもし、解消すべきなら、どんな別れ方をしたら彼女への負担が少ないか?を考えています。

アドバイス頂けますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2013-07-22 11:02:15

QNo.8186688

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.1です。

ご丁寧なお礼のお言葉、恐縮です。

質問者様はこれまでおそらく、相当のご努力をしてこられたと思います。
したがいまして、お礼にありましたように、「正直、疲れてしまいました」というところでしょう。

私自身も専門家の端くれですが、職場で、あるいは、相談を依頼されたケースへの対応で、相談者様の相手の方に似たケースを複数経験しましたが、正直、本当に疲れます。
よほど気をつけていても、想定以上のトラブルを起こしてくれたりするからです。

「自分自身は卑怯な男だと思います」と書いていらっしゃいますが、私は、専門的な立場からも、いろいろなケースに関わった経験からも、決してそうは思いません。

おそらくもっともよい対処は、書いていらっしゃいますが、「静かに離れる」ということです。
可能であれば(これをお勧めしますが)、連絡先、住所、ケータイの番号なども変えてしまわれ、連絡が取れない状態になるのがベストであろうと思います。
仮に、連絡があったとしても、何も反応しないというが、セカンドベストの対処方法です。

反応をしてしまうと、たとえそれが、「もう会えない」「もう会わない」というものであっても、相手の働きかけに応えたことになってしまい、相手にとっては、プラスの意味を伝えてしまいます。
「こちらからは働きかけない」、「関わらない」、「反応や返事をしない」というのが、原則です。

「こうして皆様にご意見を伺っておきながら、それを活かしきれずに
こう判断してしまったことを、お詫びいたします。」

皆様方、それぞれのお考え、経験からの助言を差し上げていらっしゃると思います。
おそらく質問者様は、その一つひとつについて、よくお読みになり、どれがよいかをお考えになっての決定でしょうから、お詫びになる必要はないと思います。


これから先のご自身の人生をよい方向に向けるということを第一にお考えになってやって行かれることがもっともよいと思います。

投稿日時 - 2013-07-28 22:44:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

No.7です。ご丁寧なお礼をありがとうございました。

皆さんとは違った角度で、パーソナリティー障害の疑いがある女性であることからはなるべく離れて、閉塞感を抱えている一人の女性として、特別視しないで捉え直してはどうだろうか?という思いから先の回答をしましたが、そのように試みたのは、ご質問者の本音というか、決心のようなものを聞き出したかったからです。
私が、ご質問に参加するまでの流れを拝見していると、ご質問者は彼女とは別れる気持ちがかなり固まっていて、この場で彼女がパーソナリティー障害である可能性を示唆されたことが今後の決め手となり、却って安心なさっているように思えたからなのです。
でもそれが、ご質問者の本当の気持ちなのか?という疑問が私には残っていたのです。
見ず知らずの者から、ただ後押しされるだけで気持ちの整理が付くものなのだろうか?と。

書き直す前の回答の半分は、問題が表面化する前のお二人について補足要求するためのものでしたが、それではまるで尋問するようだし、過去のことを今更問われても苦しみが増すだけではないか?と思いましたし、残り半分は彼女がパーソナリティー障害の疑いがあることを後押しする形になっていたので、ご質問者の中にまだ彼女のことで躊躇する気持ちがあれば、ここで後押ししてしまうと、後々ご質問者が後悔してしまうのではないかと思えて敢えて、「彼女が ご質問者にまだ愛情があって、やり直したい気持ちや立ち直りたい気持ちがあるのなら、一緒に旅行を!と思ってくれるかもしれませんよ。」などと主語を彼女にしつつ、本当はご質問者に向かって、「やり直したい気持ちや立ち直りたい気持ちがあるのか」を訊いていたのですよね…。

私は結局は問を投げ掛けて、ご質問者を苦しめてしまったのだけれど、ご質問者は誠実に逃げないで返答してくださいました。
ご質問者が彼女と深く関わりを持ったことも、限界まで頑張ってきたのも、それだけ真剣に彼女のことを真剣に大切に想っていたからだと思います。
いただいたご返信からは、彼女に対する深い愛情と悲しみが伝わって来ました。
ご自身のことを弱い、狡いと仰るご質問者だけれど、もう、ご自身のことを責めることはしないでください。そして私には謝らないでください。
謝らなければならないのは、不用意に辛い問を投げかけたこちらの方なんです。
…本当にすみません。

**

昔の話ですけれど、私が大失恋して嘆き悲しんでいたときに母が、
「お前は、“別れた”とか考えるからおかしくなるのよ。“付き合うのを止めた”と、唯そうとだけ考えれば良いのよ」と。
私は別れを切り出された側だったのですが、確かに「別れ」という言葉には、捨てるとか捨てられるみたいな嫌な気持ちが込められていて、残酷で罪深い行為のように聞こえるけれど、「付き合うことを止めることは、誰もが等しく平等に与えられた機会だ」と思います。
一々、恋愛が終わる度に、付き合った相手に対し罪悪感を抱いていたら、心が粉々になってしまいますよね…。
母はきっと、「私にも相手にも罪悪感を抱くな」と言いたかったんだと思います。

恋愛が絡んでいると、それまでの日々を思うと「付き合うことを止めること」に大層なドラマを感じずにはいられないけれど、精一杯のことをしたのなら、本当にはまだ、傷つけたとか傷ついたとかいろんな感情が渦巻いていても、「恋愛において、付き合うことを止めるということは、付き合う以上に勇気ある決断なのだから、決断できた自分を貶めることはないと思います」。

横レスで申し訳ございませんが、
>もう深く語り合おうとせず、静かに去ろう
――ご決断、きっと間違っていません。
悩み抜いた結果なのですから、これが正しい決断なのです。
私も今は迷わず、ご決断を後押しいたします。


>自然の営みを目にして、感性に訴えること。それは可能なことなのでしょうか。

自然の営みは、どんな言葉掛けよりも心に届くと思います。
人間不信に陥っているとき、喧噪に疲れ果てたときには、心を空っぽに出来る空間が、ゆっくりと感性が目覚めさせられる環境が必要だなぁと。
人目にずっとさらされていたり、逆に家に籠もり気味だったりすると、人間も自然の一部ですから、どこか壊れて来てしまうと思います。
ご質問者が少しでも気が向いたら、元気が出たら、ご家族、ご友人、お一人、そのときどきの気持ちに一番合った、気ままな旅を楽しめたら良いなと思います。
誰かのことで心を痛める前に、先ずは、ご質問者ご自身が元気にならなくてはね。

~最後に、拙い回答にお付き合い頂きましたこと、重ねてお礼申し上げます。

投稿日時 - 2013-07-29 11:39:53

お礼

No.7さま、お心遣いをいただけました。

人の心は揺れ動き、正反対のことと行ったり来たり。
そのブレに酔って体調を崩しそうになりました。
丘に上がり休息し、しばらくは水平線を見つめるように過ごしたいと考えます。

いただいた文章を噛み締めるように何度も読み返し、
今後に活かしたいと思います。
本当にありがとうございました。

また不躾ですが、
この場をお借りして、ご回答いただけた皆様に心から感謝いたします。

投稿日時 - 2013-07-30 11:52:28

回答を事細かに書きましたが、全部消しました。
皆さんがこれまで充分にご意見を書き連ねていらっしゃるので、改めて書き起こすまでもないと思ったからです。

震災と自分自身を重ね合わせて彼女が壊れてしまったというのなら、いっそのこと日本が誇る世界遺産、知床や富士にでもお二人で訪れてみては如何でしょう?
別に知床や富士に拘らなくても良いのですが、この際、お二人で大自然の生命力にどっぷりと満たされた方が良いのでは?

もう、二十年近く前に行った切りですが、ニセコの鏡沼なんかも良いですよ。
春先に行ったので、スニーカーが泥まみれになりましたけれど…。
曲がりくねった山道の遥か先に、太古を思わせる静寂に包まれた澄んだ沼があるのですが、見るのとは違い、遥か遥か先…。
そう簡単には辿り着けないので、着いたときには感動も ひとしおでした。
時折、山菜採りの人達と出くわすのですが、みなさん、気持ちの良い挨拶をしてくださるので、こちらも自然と笑顔で返事が出来、自然の中では誰に気を遣うでもなく、でも決して一人ではなく…適度な距離感と、汗ばむ体に時折吹き付ける風が何とも気持ち良かったです。

旅行できるかどうかは彼女の主治医の判断に委ねるしかないとは思いますが、彼女はお化粧をしたり着飾ったり、夜の街に繰り出す元気はあるのだから、旅行が絶対に出来ないということはないと思います。素人判断ですが、彼女は定型鬱病というよりは適応障害や非定型鬱病(興味関心があること・楽しいと思えることなら出来る)のように思えます…。
彼女が ご質問者にまだ愛情があって、やり直したい気持ちや立ち直りたい気持ちがあるのなら、一緒に旅行を!と思ってくれるかもしれませんよ。


破壊された街並みと死に逝く人を見て壊れるほどに心を痛めてしまったのなら、彼女がそういったところで支援活動をしてみたいと思っているのならば、行ってみるのも有りかもしれないです。無理に勧めては逆効果だと思いますけれど、これも主治医の許可が下りるのなら、視野に入れても良いかもしれませんね。
とにもかくにも、彼女は自分が無力だと思ってしまっているのが良くないんだと思います…。

定型鬱病も非定型鬱病も適応障害もパーソナリティー障害も、結局は今、自分が置かれている環境に適応できていないということですし、自分が置かれている世界に閉塞感を感じているから罹ってしまう心の病だと思います。
この際、露天風呂でも何でも良いです。
夜の街で酒を呷ったり異性と遊ばなくとも、地球上にいる限り、決して独りぼっちではないということや、この世には命が溢れていて破壊や死に向かうばかりではないということを、確と五感に刻むのは悪くないと思います。

心を病む人というのは忙しすぎるし、何かに追われていたり縛られている人が多いと思います。お酒は疲労が増すだけですから、この際、彼女には羽根の広げ方を学んで欲しいものです。

投稿日時 - 2013-07-23 13:54:44

お礼

ご回答ありがとうございます。

「やり直す」、「立ち直る」。彼女の未来に私が関わることに自信を無くしてしまったようです。私自身の弱さと狡さから、彼女から逃げようと判断しました。

なまじ深く関わって(できないのに)しまったことを、後悔と自責に苛まれています。

自然の営みを目にして、感性に訴えること。それは可能なことなのでしょうか。
もし、もしも、私に力がもう一度芽生え、可能ならば、そんな時間を共有できたら良いなあと思います。

今は、無理のようです。
本当にすみません。

ご丁寧で、お気遣いいただいた回答に感謝いたします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-07-28 22:03:40

ANo.6

No.1です。

補足していただきましたので、もう少し私見を述べさせていただきます。

私が気になったと書きました次の点からは、パーソナリティ形成の上で、発達の想起から本来であれば、親(またはそれに代わる養育者)と安定した信頼関係ができ、いわゆる「情緒的な絆」が形成される時期に、それがうまく行っていない可能性を考えた次第です。

具体的には、他の回答者の方も懸念していらっしゃいますが、パーソナリティ障害や、いわゆるAC(Adult Children)です(ACは、精神医学的に確定された概念ではありませんが)。

> 付き合う男はみな不倫関係でした。親に総合失調症の者がいたことで不幸な幼少時を過ごし、家庭を築くことに積極的になれなかったようです
> 結果、化粧をして着飾って出かけていく姿を止めることが出来なくなりました。「我慢は苦しい」そうです。しかし、その男に乗り換えるつもりはないようで「あれは遊び。リストカットをしない代わりに会いにいく

ただし、典型低なパーソナリティ障害であれば、おつきあいのもっと早い時期から、質問者様を振り回したり、トラブルに巻き込んだりということがあっても不思議ではありませんので、私としては、そこまで申し上げる確信はありません。
しかしながら、これからの状況の変化、有り体に言えば成り行き次第で、これまで抑えられていた本来の症状が、顕現化する可能性も否定できません。

もって回ったような表現になってしまい恐縮ですが、限られた文字情報だけに基づいて、余りに推測を重ねることは控えなければなりませんので、このような明確さを欠くことしか申し上げられない状態でいます。

これだけでは質問者様も対処に困られると思いますが、もし可能であれば、主治医に面会なさって、病状や、今後の予後などについて直接お話をお聞きになることがもっともよろしいかと思います。
ただし、これについては、彼女の方が同意してくださるかどうか分かりませんし、同意なしには、主治医も応対してくださらないと思います。

そのほかに利用可能な社会資源としては、たとえばお住まいの自治体で、精神保健相談(名称はさまざまです。自治体の広報誌や、Webサイトに情報があると思います)で詳しくお話になって、彼女の状態、診断、今後の見通しについて、専門家(精神科医、保健師、精神保健福祉士、臨床心理士など)と相談できるかと思います。

そのほか、保健所、精神保健福祉センターなどの公的相談機関でも、専門家が相談に応じてくださると思います。

これらのところで、専門家と直接やりとりをしながら、疑問点を解消なさり、つきあい方、今後のことなども含めてお考えになる参考とされる方がよい火と思います。

投稿日時 - 2013-07-22 20:10:58

お礼

長くつきあってきたのですが、確かに幾度か混乱し、お互い心に傷を負ってきた気がします。
そして、彼女のパーソナリティが結局理解できずに、終わりそうです。


正直、疲れてしまいました。
不倫相手と会っていたことで決定的な嘘をつかれて、私自身が耐えきれなくなりました。
本心を全く伝えず、解り合えず、お互いをすり合わせたりする関わりが持てなかったことを酷く後悔しています。
やりかたは解りませんが、関係を絶とうと思います。
もう深く語り合おうとせず、静かに去ろう、そう思ってしまいました。

自分自身は卑怯な男だと思います。
せめて彼女に伝える言葉で、主治医への相談をするように促していこうとおもいます。
私が同席することは、精神的にキツいので、彼女の自力でお願いしようと考えます。

こうして皆様にご意見を伺っておきながら、それを活かしきれずに
こう判断してしまったことを、お詫びいたします。

No1さまには、繰り返しご回答いただけて感謝いたします。
ご丁寧なお返事、ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-07-28 21:58:41

ANo.5

ボーダーじゃないですか?真面に受け止めると質問者様まで
病気になってしまいます。私にもボーダーの知人が、居ました
私の家庭内もかき回し本当に大変でした。今は、縁を切っているのですが
ボーダーと縁切りするには、時間と根拠が必要です。
ボーダーって色々なパターンが、あるけど自分が 悲劇のヒロインじゃないと
気が済まないまわりは、どうでも良いって人もいますよ

投稿日時 - 2013-07-22 19:32:37

お礼

ご回答ありがとうございます。

彼女は時に荒れてみたり、ひどく冷静に突き放したりで、
私めも時におかしくなりそうになります。

ボーダーの可能性も否めませんね、勉強してみますね。

投稿日時 - 2013-07-23 09:45:27

ANo.4

他の方もいっていますがうつ病ではないようか感じがします。

 どんな精神疾患も大なり小なりうつ症状はあるものです

 軽々には言えませんが境界例かもしれません


 医者がうつ病と診断したみたいですが、メンタルな病気の診断は難しいです

 だから誤診も多いともいます、他の病院でも診察をお勧めします。


  あなたと彼女の症状が悪化は直接的は関係ないのではと個人的には思います。


  境界例の人は周りを振り回すと聞きます気をつけましょう。


  http://homepage1.nifty.com/eggs/borderline.html

投稿日時 - 2013-07-22 17:03:48

お礼

ご回答ありがとうございます。

>ほかの病院でも診察

「診断が難しい」「誤診も多い」
確かに心の中は人それぞれに違うので、医師の診断もそれぞれ変わってくると想像できますね。

今の病院では処方がメインの治療のようです。
丁寧なカウンセリングは別途、高額の治療費がかかるようで…。

折りをみて、別の治療院も通ってみることも勧めてみます。

ありがとうございます!!

投稿日時 - 2013-07-23 09:41:45

ANo.3

薬にも原因がある気がします。
私も同じような経験があります。
薬を飲んだら調子が上がってきて遊びたくなったかんじでした、タバコ、お酒も、食欲も歯止めがきかないかんじになりました、自暴自棄になりました。
薬の種類にもよるとおもいますが、、
私は自分が自分でなくなる気がして、
今は減薬中、、というか断薬中です。
早く良くなりますようかげながら応援しております。

投稿日時 - 2013-07-22 14:53:33

お礼

ご回答ありがとうございます。

薬が原因かもしれない、とのこと。参考にさせて頂きます。
種類があっているのかどうか?の確認も必要ですね。

ご自身のご経験からのアドバイス、本当にありがとうございます。
回答者さまのご快復を心よりお祈り申し上げます。

投稿日時 - 2013-07-22 15:06:04

うつ病には6種ほどあり、
どの病気かは不明ですが、
異様とも感じられる言動を示しているのは、
なんらかの併症があるかもしれませんね。
Abandonment-depression が隠れているのかも
しれませんが彼女の怒りの根源は何なのでしょうね。
とりあえず、
人格障害か、パーソナリティ障害かで
検索して該当する記述がないか
読み込んでみませんか。

分裂病(=精神分裂病=統合失調症)は、
双極性障害(=躁うつ病)ほどには強くないものの
遺伝的な影響があると聞いていますので、
たいへんでしょうが……病理やカウンセリングの専門書で
研究しながら、支えてあげると宜しいのではないでしょうか。
勉強したことは、質問者さまの実力になりますので
ご損はないでしょうし、ただ、
性的逸脱行為や言動等で
質問者さまの心的負担が大きいようでしたら、お早めに、
清算することも考えませんか。別れ方は、
ある人格障害の記述が有力な
ヒントになるのではないでしょうか。
Good Luck!

投稿日時 - 2013-07-22 12:47:44

お礼

ご回答、ありがとうございます。

彼女の「怒り」…!

その点に想像が及んでいませんでした。

よく観察し、探ってみたいと思います。

>ある人格障害の記述が有力なヒントになるのでは

それは教えて!goo内にあるということでしょうか?
それとも専門書等に実例が記述されたりしているのでしょうか?

厚かましくも再度、お尋ねさせて下さいませ
宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2013-07-22 14:28:31

ANo.1

心理士です。

ご質問文を拝読する限り、彼女の基本的な問題が、うつ病であるかどうかきわめて疑問のように思われます。

「けれども、私との良くない関係や仕事でのプレッシャーがあると寝込んでしまいます。
「死にたくなる」そうです。」というところは、うつを窺わせる部分ではありますが、典型的なうつ病、あるいは、うつ状態が重い場合には、一般的には、性欲も低下し、外出する意欲も喪失すると考えられます。

「付き合う男はみな不倫関係でした。親に総合失調症の者がいたことで不幸な幼少時を過ごし、家庭を築くことに積極的になれなかったようです」というところや、「結果、化粧をして着飾って出かけていく姿を止めることが出来なくなりました。「我慢は苦しい」そうです。しかし、その男に乗り換えるつもりはないようで「あれは遊び。リストカットをしない代わりに会いにいく。」」という点などからは、彼女には、もっと別の問題がもともとあって、今回、問題にしていらっしゃる状態が、仮に「うつ」がメインだとしても、それはその、別の障害から来る二次的な問題と考えた方が分かりやすい、という気がします。

質問者様が、これまでその彼女とどれくらいの期間に渡って、どのようなおつきあいをしてこられたか分かりませんし、将来についてどのようにお考えになり、双方でどういうお話をしていらっしゃったか分かりませんので、軽率なことは申し上げられませんが、あるいは、これを機会に、交際の方はお辞めになった方がよいかも知れません。

以上、ご質問の文章だけから推察しておりますので、間違っている可能性もかなりありますが、一つの見方、可能性としてお読みいただければと思います。

投稿日時 - 2013-07-22 12:19:05

補足

ご回答ありがとうございます。
お言葉を選んで頂きながらのご推察、いたみいります。

彼女にある「別の問題」に焦点をあてて、考えてみます。
病気とは関係のないところでの「障害」が、うつの症状を誘発させた可能性がある。

収入の不安定な職業(フリーランス)、私とのはっきりしない関係(婚期を定めない付き合い)、実家の家族からのプレッシャー、その他。

思い当たるふしはあります。

医師にはうつ病と診断され投薬での治療を受けています。その効果に期待しておりましたが、もっと根源的な原因を見つけてそれを解決していきたい、と考えます。仮に、私との関係が原因である場合は、それをはっきりさせれば、彼女の治癒に繋げることが可能かもしれませんね。

投稿日時 - 2013-07-22 14:53:10

あなたにオススメの質問