こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株式売却の税金について

株式を売った場合、買った時より低い価格でしか売れなかったら、税金はかかりませんよね?

相続した株があるのですが、この場合の取得した時というのは被相続人が買った時でしょうか?

それとも、相続人が相続した時になるのでしょうか?

買った時より値が下がった株を相続したのですが、売った時の税金の率が上がるとか聞いたのですが、どうなるのか、わからなくて。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2013-07-25 00:41:30

QNo.8190707

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

被相続人が買った額を相続人が引き継ぎます。
父親の株を相続したなら、父がその株を購入した額が取得費です。

「売った時の税金の率が上がる」という話しは無視しましょう。


税金に対する質問のうち半数は、「知人がこういった」「こういう話しを聞いた」という、既に曲解され「それって、ちがうよ」というレベルの話しからコングラがってる質問です。
所得税は累進課税といいまして、例えば100万円の所得の人にかかる税率は5%で、250万円の人にかかる税率は10%というように税率が違いますが「株を買ったときと、売ったときの価格で税率が変化する」ことはないので、お知り合いに聞いた話だとしたら「わけのわからない、世話話」としておきましょう。

株式の譲渡(相続で得た株でも、自分の金で得た株でも同じ)は譲渡所得として、定率の税額がかかります。
定率の税額がかかるとは、株を売って儲かった額が10万円の人でも1億円の人でも税率が同じと言うことです。

「売ったときの税金の率があがる」という話しが根本的に違ってることがわかり、誤まってる話題で自分が悩んでたことが分かります。

井戸端会議や居酒屋で税金の話は多く聞かれますが、間違った内容を他人に伝えてるケースが多いですね。
テレビ番組でも間違ったことを放送するぐらいですから、やむをえないでしょう。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3208.htm

投稿日時 - 2013-07-25 09:02:59

お礼

解答ありがとうございます。
素人同士で話してもダメですね!
その事がよくわかりました。

投稿日時 - 2013-07-25 23:23:17

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

相続により取得した株式の取得価額は被相続人の取得費になります。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1464.htm

株式は売却益にのみ課税されますので、売却損があるのであれば税金はかかりません。
むしろ損失を繰り越すことができます。


他の回答者様が言っていたように、税理士資格を有しない者の税金話は無視しましょう。
(そもそも税理士法に触れる可能性があるのですが・・・)

税務署に聞いても、答えてくれますので、
わからない時はそうされることをおススメします。

投稿日時 - 2013-07-25 13:10:17

お礼

解答ありがとうございました。
先の方の返答に書きましたが、素人同士で話してもダメですね。
専門家に聞いてから、どうするか決める事にします。

投稿日時 - 2013-07-25 23:25:06

あなたにオススメの質問