こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アメリカに留学していますが大学受験で悩んでます

アメリカに10年生の頃に留学して、9月に11年生になります。
9月にクリスチャンの高校に転校するんですが、前の学校は公立でした。
そこは、英語の出来ない中国人ばっかりで英語が勉強出来ませんでした...。自分は、中国語を習ったことがあるので中国語が話せます(書くのは難しい)。しかし、それも原因で中国人とばかり仲良くなって中国語だけが上達してしまいました(汗)
先生も無責任の人が多くて、外国人にクラスも与えません。学校はタバコや酒ばっかりで嫌になったので編入試験を受けて転校しました。

もちろん、自分の無能さが最もの原因ですが...。
ただ、もうすぐで大学受験もあります。SATを受けるにしても英語力が足りない。日本に帰るにしても全教科が進みすぎて追いつけない。(ビザ待ちで1年もかけた...)

もう、どうせなら力を振り絞りたいです。母にも安心させたいですし。
ですので、SATの勉強を頑張りたいのですが、SATの参考書もサイトもチンプンカンプンで理解出来ません。どうやって勉強するべきでしょう?
普通の教科書から読むべきでしょうか?

自分の英語力は、アメリカ人と日常会話を「一応」「とりあえず」できるレベルです。

なにか、勉強サイトやおすすめの勉強法教えてください。

投稿日時 - 2013-07-27 10:04:36

QNo.8193822

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

>自分は、中国語を習ったことがあるので中国語が話せます(書くのは難しい)。しかし、それも原因で中国人とばかり仲良くなって中国語だけが上達してしまいました

良かったではないですか。身に付けた、中国語を高校と大学(second languageのクラス)で磨くだけです。英語と中国語が堪能になれば、貴兄の就職先は約束されたも同然です。怪我の巧妙と思ってください。

昔の話で今はわかりませんが、大学へ行くには、高校の成績で行ける大学が決まる。成績が満たない者はSATを受る。いわゆる、日本の大学入試と同じだと理解していました。大学によれば、成績とSATも必要だったのかもしれません。

編入先の高校で、貴兄のような留学生が大学に進学するための道を相談するのが一番ですよ。貴兄の場合は正攻法で物事を進める。高い金を払う私立ですから、相談にのってくれるはずです。間違いなく上手くいくはずです。

SATが必須な大学に行きたいのならば、日本の受験と同じで、傾向と対策でSATの過去問題をこなす以外方法は無いはずですよ。Nativeの試験ですからハードルは高い、でもやる以外ない。学校の授業と併用すれば英語の実力がつくはずです。

とにかく、高校での成績をB以上にしておくことです。これは前者より容易いはずですよ。なぜなら、勉強をしない学生は大勢いますから。

余談、大学教授の給料が高いので、州立大学の運営は、高い授業料を払う留学生の割合が20パーセント強ほどの枠が必要となっていると記事を読んだ覚えがあります。貴兄はその枠の一人です。悲観などする必要はないので、目標に向かって進めば、今は入れる大学が限られたとしても、後で目指す大学に編入は可能なはずです。要は、学校の成績を良くすることです。

投稿日時 - 2013-07-27 14:41:56

うちの長男は、アメリカ生まれのアメリカ育ちですが、高校の最後の二年間を日本のインターナショナル・スクールで過ごしました。その高校では、アメリカの大学を受ける子供たちが多かったので、SATのプレップ・コースを受けさせていました。以下、プリンストンリビューです。

http://www.princetonreview.com/college/sat-test-preparation.aspx

ご両親と相談なさってください。その他、私立高校に転校されるなら、必ず学年ごとにカウンセラーがいますから、学校でお勧めのプレップ・コースがあるかどうか、あるいは、学校でコースがあるかもしれません。

夏休みがあと一月ありますね。自宅近くの、コミュニティー・カレッジで、高校生を対象にしたクラスがあるところもあります。今日お金を払い込めば、明日のクラスに出席できる可能性もあります。

私はヒューストン在住ですが、私の知っている日本人のお子さんたちは、たとえば、小学校の頃にご両親とともに渡米し、アメリカの高校を卒業したときに、何とか、日本の大学に頑張って、入学しているようです。やはり、将来のことを考えるからだと思います。

以上、何か質問がありましたら、補足なさってください。

投稿日時 - 2013-07-27 10:42:04

あなたにオススメの質問