こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己啓発本の効果

自分は自分自身の能力向上や精神的な成長を高めるのが好きでよく自己啓発本を読みます。

しかし自己啓発本は意味がないとよく聞きます。

例えば仕事で、商品が売れないということになって自分で考えてもよい結果がでないときに

商品のポップについての本や広告の効果を上げる本などを読みます。

本を読む理由は、自分の経験では限界があり、その道を十分に経験した本の著者の知識や

経験を取り入れることのほうが効率よく早く結果が出やすいと思うからです。


また仕事以外でも、人間関係の本、行動力がつく本、勉強法の本などを読みます

なぜこのような自己啓発本は意味がないと言われるのでしょうか?

自分だけで考えるには限界があると思います、本にはその道の専門家が書いているので

著者の今までの経験や知恵を取り入れることができ問題を解決しやすくなると思うので

自己啓発本は効果があると思います。

実際自分も本を読むことによって行動力の大事さを知り行動力がついたり、人間関係も

改善されました

皆さんは自己啓発の本についてどう考えていますか?

投稿日時 - 2013-07-30 23:34:19

QNo.8199160

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

書き終わった瞬間にPCがクラッシュしたのでもう一度・・・

自己啓発は効果があります。
効果が無いと主張する人は、効果があるまでやらなかった、或いは元々やってない人たちです。
だから知ったかぶってなんでもいえる。しかし、その根拠はどこにもない。これが真実です。
敢えて聞いてみたいものです。どこまで本気でやって、効果が無いと判断したのかを。

以前、片山右京がインタビューでこういってました。
「私はただ続けてきただけ。気が付いたら、他の皆は辞めていた。それで私はトップになったんだ。」


私は初めは自己啓発本から始め、ここ10年で2000~3000冊読みました。
この10年で何が変わったか、というと、
・彼女いない歴=年齢から、10歳年下の彼女と出会い、結婚に至ったこと。
・年収が対同僚比で30%増えたこと。
・資産が4倍に増えたこと。
・人見知りな性格から、他人と気軽に親しくなれるようになったこと。
・体脂肪率が25%から7%になったこと。
・30代過ぎて身長が3cm伸びたこと(今、189cm)。

最後の方はあんまり関係ないかもしれませんが、これが本の影響か?と聞かれたら即時にYESと
答えられます。敢えて、読書と言いますが、読書とは何かといったら、著者との対話です。

よくネットなどでは真剣に話しているつもりでも、些細なことで激昂し、
相手を非難してその場を逃げたり、濁したりする人がいるでしょう?
つまり、そういう人は相手の主張を全面的に聞き入れ、それによって自分がどうあるべきか、
ということを考えることができないからお茶を濁すんです。

人間関係というのはある程度、類は友を呼びますので似たり寄ったりの考え方の
グループにしか成り得ませんし、職場、会社間では嫌々ながらだから身になりません。

読書とは、そういった気に入らない著者、気に入らない主張と面と向かえる場でもあり、
気に入らない主張とは何かといったら、要するにそれは自分に無い考え方です。
だからこそ、人は反発するんです。

尖閣諸島あげてもいい、と思ってる人に対し、尖閣は中国のものだ!と言っても、
反発しないですが、多くの人が反発しているのは言うまでも無く、あげてもいい
という考え方がないからですよね。

ということで、読書をすることで世の中には様々な意見、考え方があることを
身を持って知ることができるんです。勿論、そこでむかつく著者だ、金の無駄だった、
と放り投げる人は一生そのまま、自分の思い込みを前提でしか物事を考えられないような
人だから、現実でも人間関係はうまくいかないでしょうし、仕事でも工夫ができないでしょう。


読書とは様々な側面を持っています。
学生がする勉強もまた読書のひとつの側面です。
ここに球があるとしてこの体積を円周率を使わずに求めよとした場合、
どれだけかかるのか途方もないですが、円周率を使ってよいなら即座に答えがでますよね。

円周率というのは過去の先人が長い年月かけて編み出したひとつの方法です。
それを読書という形で記憶することで過去の先人がかけた長い年月を自分はかけずに
すぐに答えを求めることができるのです。

これは、質問者様は物事がすぐに解決できる、というメリットを謳っていますが、
正しくは、解決するためのアプローチを見つけることができることが一番のメリットです。
つまり、答えだけを覚えていてもしょうがなく、考え方を覚えることで
様々な問題へのアプローチの仕方を色々取れることになります。


少々長くなってしまいましたので、自己啓発書を読まない他の皆さんと違う私のやり方を御教えいたしますと、
同じことがある様々な本ほど読んだ方がいいです。何故かと言えば、大事なのは具体例ではなく、
そこにある本質です。同じことがある様々な本とは、ひとつの本質を多角的に捉えているからです。
その本質をとらえられない限り、1冊読んだら完璧とは到底なりえません。
有名人のサクセスストーリーとは、具体例に過ぎず、それを真似しても何にもなりませんが、
その本質を真似ることで応用を利かせることができます。

No.1さんのおっしゃるように似たようなことが書かれていることに気付けても、
それを実行できるだけの実行方法がわからなければ何もできません。
読んで、ふ~ん、それでおしまいですし、私感ですと、重なる部分はあれど、
違う見方ができるところが随所にあります。そこに気付けない人は、同じようだ、それでおしまいです。

No.2さんのカテゴリの狭いノウハウ本の場合、
そのカテゴリに当てはまらないとまるで無駄な知識となってしまいます。
その上、記憶したものは手を動かさないと身に付きませんので、
せっかく読んだのに忘れることになってしまいます。



大事なのはここからです。サクセスストーリーは応用が効きませんが、本質は応用が効きます。
本質というものはすごくシンプルで、誰もが知っていることなのに、ほとんどといっていいほど
完璧にやれていないことです。で、そこに別の本質を掛け合わせたりします。そうすることで、それは
今までにないものとなり、脚光を浴び、ひとつのサクセスストーリーが生まれるのです。
何もこれを商業的に結び付けなくてもよいです。自分の人生観、恋愛観、仕事観に結びつけることで
オンリーワンになれるのです。


つまり、読書は考え方の幅を広げることができます。
それが読書の醍醐味だと私は考えています。
会社の上司を見ても、総じて、できる上司は読書量が半端ないです。


私は自己啓発の本というのは非常に多岐に渡るものと思っています。
一部ではフィクションもその中に入りますし、漫画なども当てはまります。
それくらい幅の広いし、カテゴリも様々です。
カテゴリを狭く見ると、物事の一部分しか見ることができないので
俯瞰的に見てどういう位置づけにあるかを理解できません。
だからこそ、自己啓発に関係なさそうな本を読んでこそ、
その中から自己啓発に当たる文を抜き出す、或いは、
著者が言いたいことは何なのかを理解することが大事だと思っています。
これはもう小学生の国語の授業ですよ。著者の意図を答えなさい、という初歩的な問題。

でもこれが多くの人に欠けているのも事実です。
だからこそ、この時点からやり直さなければならないのではないでしょうか。


私は、営業マンのサクセスストーリーから恋愛観を学びました。
勿論、その本には恋愛に絡むことは何一つ書いてありません。
震災の本を読んで、仕事観を学びました。
勿論、その本には仕事に就いて書いていません。

でも、結局本質となるところは、営業の仕事術も、恋愛観も同じなんですよ。
震災の経験からどう仕事に生かすかも見えてくるんです。
それは既存の知恵であったり、そうでなかったりもします。

するとそういったことから、誰かが言ったようなセリフをはくのではなく、
読書から得た知識を元に自問自答していった結果、自分なりの意見、主張を述べることが
できるようにもなるわけです。

読書は食べ物でもあるんです。食べて咀嚼して、栄養とすることで、
体の隅々まで栄養を補給させ、それにより活力が出て、新たな行動を起こせる。
ですから、読書と食事には共通項があるとも言えるんです。

色々な考え方ができるようになります。
人には本能というものがあっても、理性という考え方ひとつで、
様々な場合に、様々な行動を起こせます。

少なくとも、現実の私の周りの人は、そのほとんどが、多読派であり、行動派であり、
自分なりの意見を持っています。やりもしないでやった口はきかないですね。

投稿日時 - 2013-07-31 01:06:29

お礼

とても詳しく回答していただきありがとうございます。
回答を読ませていただいて、本の読み方に対する考え方がとても参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-07-31 10:19:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

自己啓発本は意味がないと言われる理由

=たくさん売れているが、読んだ人で成功している人は少ない

自己啓発本は意味がある理由

=生きがい、楽しみ、希望、感謝 他 毎日がいきいきしてくる

自己啓発本が嫌われる理由

=読んだ人が 万能感を持ち、周囲に「ぜひ読んで」「これはすごいんだ」と言いだすから(洗脳、というか宗教?)
善意なのでよけいうっとおしい。

~~~~~~~~~~~~~~~~

私は自己啓発本は3冊読みました。ほかの方と同じ理由で、それ以上は不要だと思います
(自分に合った本が見つかればよいのですから、、、)

では実際に役に立ったかというと 立ちません。
占いと同じです
背中を押してくれるだけです。背中を押してくれるだけでは成功はしません
が、 メンタルでは助けになります。

実際に役に立つ本というのは
たとえば営業でしたら、自己啓発よりは 女性週刊誌の元編集長とかが書いた本「女がわからないで飯が食えるか」(だったっけ?)そうゆう実用的なノウハウです。また、成功例ではなく失敗例がとても役にたつと思います。

現実の世界は 成功者は一握り 失敗者がほとんどです。
ですが、、
私は 自己啓発本は読むべきだと思います。

ただし、、、あくまでも 読書のひとつのジャンルとしてです。 これを聖書のように崇拝すると足元が崩れます。
自己啓発本が叩かれる理由は 「信じててたのに裏切られた」とか勘違いされてる人がいるからではないかと思います。
わたしの周囲では 1人だけいました。 カー○○ー氏の本に心酔して道をはずした人が、、堕ちるまで 「自分はできる 自分はできる 」と思い込んでいただけだったのですが、、、あれを観ているので 一歩間違えると怖いなあと思いました。

投稿日時 - 2013-07-31 06:01:24

お礼

回答ありがとうございます。
自己啓発本の読み方には気をつけようと思います。
参考になりました、ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-07-31 10:24:09

ANo.3

自分ではない誰かの「たまたまこうやったら上手くいったよ」…ってだけの話を、万人に通用すると思っていること自体が間違い。
そういった物の考え方の根底に通ずるものがあることは事実でしょうが、ほとんどの場合、自己啓発本なんてただの自慢か自己満足か手記に過ぎません。


>>本を読む理由は、自分の経験では限界があり、その道を十分に経験した本の著者の知識や
>>経験を取り入れることのほうが効率よく早く結果が出やすいと思うからです。

それと自己啓発は別でしょう。どのように自己啓発していくかということを説いた書物であればまだしも、自己啓発のノウハウなど提案されても意味が無いわけですよ。
例えば、毎朝目が覚めてから出勤するまでの流れ。これはプライベートな空間ですし、丸一日仕事を頑張るために調子を整える時間でもあるので、どんなに一般的ではなくてもそれぞれの適した過ごし方があって構わないと思います。
その考え方の根底…即ち「丸一日を快適に過ごし仕事の効率も上げるには体調を整えることが一番だ」…という部分を啓発させるのであればそれは広く万人にとってプラスとなり得るでしょうが、体調を整えるには何時に寝て何時に起き目が覚めたらすぐに洗面台へ向かい…などのモデルケースを示されても、そのイチイチを当たりが出るまで試行錯誤せねばならず、「無駄」としかなりません。

自己啓発にかぎらず、本は中身を選べと言われますね。自己啓発は特に著名人の「サクセス・ストーリー」に適いやすかったため著書の幅が広がりすぎたのでしょう。
本来、自己啓発心など自己啓発本に依らずとも沸き起こるものだと思うのですがね。

投稿日時 - 2013-07-31 00:13:07

お礼

回答ありがとうございます。
自分も万人にあてはまらにような方法を書いてある本は読まないようにしています。

投稿日時 - 2013-07-31 00:22:16

わたしも自己啓発の本が好きで、自分を励ます為にもよく読みました
しかし意味が無いと言われてハッとしました

わたしの場合は書かれてあることに納得してしまい、
そこで完結してしまうようなところがあります
ここが悪いからだと書いてあると、ああ、なるほど、だからダメなのだと
納得して終わってしまいます

教訓のように心の中には残りますが、これといって行動が変る訳でもなく、
同じような経験をそれからしても、同じような結果に終わり、
原因は自己啓発本にあった通りのことなので、だからダメだったなと思って終わりです

本はそんなですが、友人知人に自己啓発セミナーに通う人達があり、
それらによって宗教に洗脳されたような感じになり、
はたから見ていくと、自己をどんどん過信していくように見えます

わたしと同じく結果は何も変っていないのですが、
セミナーを受けたことで自分は特別と思うようなところがあり、
失敗してもなぜか上から目線でそれを語ります

あなたのように目的が具体的であればあるほど、効果があるのではないでしょうか
自己啓発といっても色々あって、人格がとか、人生がとか、
カテゴリーが大きくなればなるほど、その本の解釈とそれによる行動が
個人差が大きく、当然失敗も多いことでしょうから、結果的に改善されないという人が
多いというだけではないでしょうか

それまでありとあらゆるその類の本を読んできましたが、今は一切読みません
今は自己啓発ではなく、もっとカテゴリーの狭いノウハウ本にしています(笑)
こちらはすぐ結果が出せています

何だか回答というより、感想になってしまってすみません

投稿日時 - 2013-07-30 23:56:46

お礼

回答ありがとうございます。
たしかにカテゴリーが大きくなればなるほど本の通りにするのは
難しいですね。
自分も効果がありそうなのでカテゴリーの狭いノウハウ本を読んでみます。

投稿日時 - 2013-07-31 00:16:37

ANo.1

そういう本の多くは
「成功へたどり着く為の道筋」が書かれているもので
何冊か読んでると
表現や例は違いますが
大体の大筋は、似たような事が書かれている事に気付く物です
だから
2~3冊読めば十分です

投稿日時 - 2013-07-30 23:49:27

お礼

回答ありがとうございます。
自分も似たような表現があることに気づき複数の本は買わないようにしています。

投稿日時 - 2013-07-31 00:12:32

あなたにオススメの質問