こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

結婚、2人での生活費について

某知●袋にも同じ質問をしたのですが、回答して下さった方皆さんに返信できると聞き、こちらにも再投稿させていただきます。
初めての投稿で、不備等あるかもしれませんがご容赦下さい。
よろしくお願いします。


同棲するにあたり、家計を任されることになりました。
今までほぼ実家暮らしで無頓着だったため、どのように分担するのか、また、どこまでが「生活費」で、どこまでが「おこづかい」なのか。家計のやりくりはどうしたらいいのか。よく解らなくなってしまいました。
私ならこうする、こうしたらいいんじゃない?等、ご意見、アドバイスをお願いします。

まず、お互いの収入ですが、
私…月の手取りは大体18万程度で、祝祭日、残業の多少で17万~19万ぐらいに変動があります。
彼…自営業で、経費をたくさん使った月は17万ぐらいになりますが、そうでなければ大体30万程度。
変動はありますが、大体45万程度と思って下さい。

今の所、生活費としてお互い7.5万ずつ、15万でやりくりをしようと話しています。初心者であることと初期投資の出費があっても十分やっていけるだろうという予想での金額設定です。

ここから、
家賃5万
食費4万(米、外食含)
消耗品等1万
水道光熱費3万

家賃以外は実際の相場がわからないのでこのぐらいかな?で設定しています。
残金は急な出費などに備えて残していく予定です。

↑とは別に挙式に向けて二人で月5万ずつします。(挙式後もこの貯金は続けます)


それぞれ残ったお金に関しては何も決めていませんが、彼は個人年金や交際費、自分の保険、お店の蓄え等に使っているようです。
私は、18万-7.5万-5万=5.5万で市県民税や携帯代(月1万ぐらい)、医療費、自分の昼食代(仕事上夏場は外食が殆ど)等、とてもやっていける気がしません。
それ以外にも保険や年金、車の買い替え、交際費…お互い収入はこれ以上増えないので、出産や彼にもしものことがあったときの為にも蓄えも必要ですよね。
妊娠後、私が働けなくなったらお小遣い制にさせてね、というのには彼も納得してくれていますが。

ちなみに、現在私が26歳で彼が31歳。入籍は来年節分以降、9月に挙式という予定で、30頃までにできれば2人子供が欲しいという話をしています。

所得としては多分十分なはずなのに、中途半端に分けているせいで訳がわからなくなっているのでしょうか。

どこまでが生活費として設定した15万から出していいのか(彼は自分で払っているのに私だけそちらからというのも…)、そもそもの設定額に無理があるとして、どのようにすればいいのか。
やっていけるのか不安です。
皆さん、どのようにされていますか?
皆さんならどうしますか?

アドバイス、よろしくお願いします。


以下、知●袋で頂いた回答をもとに補足を致します。

ひとつ、同棲自体をしないほうがいいというご意見をいただきました。
これに関しては、住む家が絡みます。
彼の両親所有の借家が空くことになり、家賃も格安(実際は7.5万)、戸建ての3LDKと、子供が大きくなっても十分な広さで将来引っ越しの必要がなく、敷金礼金も不要とのことで、先々を考えてお言葉に甘えさせて貰う事になった次第です。諸事情ですぐに入籍しないだけで、両家と二人の間では結婚と考えています。

また、妊娠後の私の仕事について。
現在は営業職で新居からも遠く、体力的にも精神的にも妊娠~子育て中に継続できる仕事ではないと考え、挙式後退職する予定です。子供が出来たら…とも思ったのですが、2人で相談した上でこのタイミングにすることにしました。
その後は新居の近くで(出来れば産休、育休がとれる)仕事につければと思っています。



長々とすみません。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
ご回答お待ちしてます。

投稿日時 - 2013-08-01 08:05:18

QNo.8200836

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ご質問者様たちはこれから、ただの同棲をするわけではなく、夫婦になるための同棲なのですよね。

恋人同士の時は、収入が違っても割り勘と言うのはわかります。対等でいたい気持ちもわかります。
でも、もう夫婦になるのです。例え二人とも働いていても、お小遣い制でなかったとしても、少なくとも法的には結婚すれば、二人が稼いだお金は二人のもの。(これまでの貯金はそれぞれのものです)
ご質問者様は甘えるのが苦手なタイプかなぁと感じましたが、もっと彼氏さんを頼っていいと思いますよ。それが夫婦になるということではないですか?

もちろん、お二人がどうしても生活費等は折半にしたいと思うなら、そういう夫婦もありだとは思いますが、少しでも疑問に思う点があるなら、もっと話し合った方がいいと思います。

生活費を彼氏さんの方が多く出せば、対等になれないかと言えば、そんなことはありません。お互いがお互いを思いやる気持ちがあって、それぞれがお互いのためにできることをしていれば、例え彼氏さんの方が生活費を多く負担したとしても、対等な夫婦でいることはできますよ。

ちなみに、家事はどいう分担でするか話し合っていますか?自営ということで、彼氏さんの方が家にいる時間が長く、家事も彼氏さんの方がしてくれるぐらいなら、少し無理して同じ額だけ生活費を負担するのもありかもしれません。
しかし、普通はどうしても女性の方が家事を多く分担することになってしまいますよね?そいうことも含めて、生活費は彼氏さんにもっと頼ってもいいと思いますよ。


義両親が家を安く貸してくれたり、家具家電を彼氏さんが負担してくれたと言っても、昔からお嫁にもらうときは結納金をお嫁さんに渡して、そこらか家具家電を買うのはよくあることですから、「家具家電を出してくれたのだから、生活費はなんとか折半で…」などと思う必要ないですよ。

彼氏さんは、ご質問者様のことが好きで結婚したいと思っている。ご質問者様にはそれだけの魅力があるのです。さらに、家計もご質問者様に預けていいと思っており、それだけの信頼感もあるのです。
もっと、ご自分に自信を持って、収入面では彼氏さんにもう少し頼っていいと思いますよ。

その代わり、彼氏さんが一生懸命働いてくれていることに感謝を示したり、家では彼氏さんがくつろげるようにしたり、できる範囲で家事を頑張ったり(全部一人でしようとする必要はありません)、もし万が一彼氏さんのお仕事等に何かあった時は、ご質問者様が頑張って稼ごうという覚悟を持ったりすればいいと思います。


さて、具体的にどう分担するかですが…
ご質問者様の収入は18万。まだ籍を入れていなわけですし、お財布を分けたいなら、ご質問者様が出せる分は出すというのでもいいと思います。
ただし、挙式後は退職されるようですし、いくら再就職するつもりがあってもそう上手くいくかわかりませんから、始めからこの18万はなくても生活できるぐらいの生活レベルにしておきましょう。

「家賃5万、食費4万(米、外食含)、消耗品等1万、水道光熱費3万、合計13万」で目安としてはいいと思いますが、外食費は食費と分けておいた方が、家計管理しやすいと思いますよ。
でもまぁ、食費3万、外食費1万で、節約すれば大丈夫でしょうから、金額としてはいいと思います。

この他、インターネットはされませんか?インターネットされるなら、4000円ぐらいですか?
医療費も4000円ぐらいでしょうか?
ご質問者様の住民税は、給料天引きでないということですか?金額は1万円ぐらいですかね?
それから、ご質問者様の保険は個人的な医療保険・生命保険ということですよね? おいくらですか?5000円ぐらいですかね?
正確な数字がわかりませんが、この辺りは生活費から出していいと思いますよ。

あと、携帯代も生活費から出していいと思います。ただ、1万円はちょっと高いですね。本体代分割ですか?だとしても、プランの見直しなどして、7000円ぐらいには抑えられるよう頑張ってみたらいいと思います。

これらすべてを足すと、約16万。これを折半すると、ご質問者様の負担は8万ですが、住民税等をお小遣いから出さなくていいことを考えると、今のプランよりは楽になりますね。

5万を貯金しても、お小遣いとして5万残り、ここから出すのは、交際費・被服費・娯楽費・昼食代。何とかなりそうではないですか?
最低でもこれぐらいは彼氏さんに甘えていいと思いますよ。
というか、これぐらいは頼らないと、やっていけないと思います。あんまりご質問者様ばかり無理しても続かないですよ。


私がご質問者様の立場だったら、この16万を半々ではなく、7万:9万か6万:10万ぐらいにすると思います。
「そんなに頼ったら悪いなぁ」「そこまでお小遣い必要ないし…」と思うなら、お小遣いのうち余った分は、結婚前の貯金や結婚資金の貯金とは別に貯金しておいて、今後彼氏さんのお仕事の収入が少なかった時の足しにしたり、お子さんができてからの費用にしたり、お家を買う時の足しにしたりすればどうですか?

彼氏さんが10万円生活費に出したとしても、30万の収入があれば、残りは20万。仮に年金や健康保険に3万、生命保険・医療保険に2万、かかったとしても、残り15万。そこから、交際費・服飾費・娯楽費・昼食代などを出しても、10万以上は残ります。十分じゃないですか?

ちなみに、上記の生活費16万にプラスして、彼氏さんの年金・医療保険等5万として、ご質問者様と彼氏さんのお小遣いが3万円ずつだとすると、合計27万。このぐらいの生活レベルなら、彼氏さんだけのお給料でもなんとかやっていけそうですね。

ただ、自営だとボーナスはないですよね?それを考えると、お子さんの費用と貯金のため、ご質問者様もパート程度はされた方がいいとは思いますが、そのつもりはあるようですから、大丈夫ですね。


なんだか、大変長くなってしまいましたが、少しでも参考になれば幸いです。
お二人の幸せを祈っています。

投稿日時 - 2013-08-02 19:52:08

補足

お礼が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。
エラーかなにか、書き込みが出来てなかったようです…。

今週から同棲がスタート致しました。
私の給料日が10日で、彼にはそれにあわせて生活費を入れて貰うように伝えていたので、暫くは私の手持ちから食費を出して、あとで帳尻を合わせればいいかと思っていたのですが、同棲し始めてすぐ、通帳に(事前に作っていました)生活費入れてるからいいようにしてくれと言われ、確認したところ10万入金されていました。

生活費の相談は住み始めてからタイミングを見て、と思っていたのですが、恥ずかしながら杞憂だったかもしれません。

また、本格的に住まわせて貰うと言うことでご両親に挨拶に伺い、「何から何までしていただいて…」とお礼とお詫びを言うと、「息子に最後にしてやることだから」と。
本当によくしていただいているので、申し訳ないとばかり思っていたのですが、私のためにしていることではなくて(卑屈な意味ではなく)、彼の為なんだなと思うと少し楽になるました。


ご指摘の通り、なかなか人に頼れない性格です。
できる限りのことをやっていない自分を責めてしまうというか…。
昔ほどではなくなったので、「頑張りすぎて鬱病」みたいなことにはならないとおもいますが。

家事の分担については、9割私というイメージでしたが、台所まわりの事以外の出来ることは積極的に手伝ってくれています。私自身、やっていけるか自信がなかったのですが、忙しいなりにも今は充実しているように思います。

詳細な金額を明示していないのにもかかわらず、細かいプランを練って頂いて本当にありがとうございます。
税金や携帯代の自己負担がなくなる(生活費と一括される)だけでここまで気が楽になるとは思いませんでした。
インターネットは今のところ急に迫られてないということで今は引いていません。
ノートパソコンを母から譲り受け、家計簿や冠婚葬祭リストなど、必要になりそうなものをいくつかダウンロードしてからもちこみました。家計簿以外には使わないのと、中級程度のExcel知識はあるので今の所それで十分そうです。
どうしても必要になれば、最悪実家にそれを持ち帰ってネットに接続して…と、少し甘いことも考えては居ますが。
携帯代については、分割中なのもありますが、通話プランがネックかなと思っていますので、近々ショップで相談してみようと思います。

先々、どうしても私の収入がなくなる時はくるので、今から生活水準の調整に気をつけて行きたいと思います。
漠然と貯めなきゃではなく、目標設定をして、使う時期の目安も考えながらできたらなぁと思っています。


性格的な部分や気の持ちようとでもいいましょうか、そういった辺りでも考えさせられることが多く、本当にとても参考になりました。
相手が安心して帰ってこれる家庭にできたらと思っています。
ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-08-08 14:40:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

実際に始めてみて、それから軌道修正していけばいいんじゃないでしょうか?
やってみないとわからないこともありますし。
よその家がどうでも、自分たちにとって一番快適なルールというのもありますし。
理屈では良い方法でも、やっていくうちになんとなくしんどくなったり、不満が出たりすることもありますし。

だから、「自分の気持ち」「彼の気持ち」「客観的に、良い方法かどうか」の三つの兼ね合いをつけながら、試行錯誤していくのがいいと思います。

たとえばお互いの保険料や市県民税なんかも、自分の小遣いから払うのか、「生活費」から毎月出ていくものとして計上するのか。どっちでもいいと思うんですよね。
だからそういうどっちでもいいものは、やりながらだんだん決めていけばいいんじゃないですか?

質問者様は、きちんと将来のことも計算して行動されるのが偉いなぁと思いますが、決めすぎるのも、それはそれで無理があるように思いますよ。
私なんか新婚2年目ですが、結婚前に決めたことの大半は残っていません。
結婚直後にも軌道修正してルールを決め直しました。それから1年間、試行錯誤を繰り返し、今もまだまだ発展途上です。でもだんだん家計簿も整い、家計のルールもその他のルールも整って、やりやすいようになってきているのを感じています。

いかがでしょうか^^

あと、そもそも本文全体を読む限り、自然でバランスのいいシステムだと思うから、上記のように書かせていただきました。もう充分だと思います。

投稿日時 - 2013-08-08 13:20:34

補足

ご回答ありがとうございます。
やってみないとわからない。本当に仰るとおりでした。

性格上「もしこうなったら」という悪いパターンばかりを気にしてしまう傾向があり、どうしても決まったマニュアルをほしがってしまうのが私の悪いところです。
こうしとけば多分大体大丈夫。という指標が欲しいんですね。
特に、彼に相談しても「任す。好きにせられ」なので、信頼されている分私が彼に何かあっても心配かけないようにしっかりしないと、と思ってしまって。
また、なかなか素直に「出来ない」「これじゃあ無理」ということがいえないので、途中途中での軌道修正ということが簡単にできるか不安で、そういった面でもついつい同棲前に決めないとと思ってしまっていました。

あれよあれよと言う間に同棲がスタートしましたが、まだ色々決めてないこともあるにも関わらずとりあえずその日その日はすぎています。
この積み重ねが、先々を決めるんだなと思い、日々(無駄遣いをしないとか)気をつけています。

質問からかなり時間がすぎているのにご回答下さってありがとうございました。
アレ?と思ったら素直に相談して、二人の形が作っていけるようにしたいと思いました。

投稿日時 - 2013-08-08 14:57:33

ANo.5

はじめまして。
ご結婚おめでとうございます。
入籍は来年ということで、入籍する前でも可能な範囲でのアドバイスができればと思います。
私の生活環境が質問者さんと似ている(自営業)ので、参考になればよいです。

まず、大きな出費としては家賃になると思います。
彼が自営業であれば、家賃については会社の経費で処理してもらうことがベストです。
同様に、携帯電話についても、彼の会社に契約にしてもらうことで、同様の経費処理が可能です。
これにより、無駄な税金を削減することになります。

次に、県民税・市民税についてです。
これについては、質問者さんが会社にご勤務であれば、既に源泉徴収という形で給料から引かれるものになります。
もしかしたらですが、質問者さんが書かれている収入から払う必要が無いかもしれません。

最後になりますが、出費を抑えるだけでなく、収入を増やすことで貯蓄を増やす方法を色々と考えてみてください。
過剰に出費を抑えることで、ストレスを貯めたり、喧嘩になることもありますので、気を付けてください。

戸建ての3LDKに2人で住むということですので、子供さんができるまでは、部屋に余裕があると想像します。
自宅に住みながら、その空き部屋を収納スペースとして貸すことで、毎月の収入を得ることもできるようです。

最後になりますが、あまり心配やストレスを抱え込まないように気を付けてください。
結婚前は、本当にやっていけるのか私も不安でしたが、意外にやれてしまうものです。
結婚生活は質問者さんと彼とが協力してやっていくものですので、彼と良い関係を築いていってくださいね。

参考URL:http://www.trunkul.co.jp/cont/owner.html

投稿日時 - 2013-08-02 16:50:00

補足

お礼が遅くなりまして、すみません。
自営業の方としてのアドバイスありがとうございます!

家賃も経費として落とせるんですね。
というのも、彼のご両親も同業で自営、彼本人は2年前、弟さんも間もなく独立と、プロフェッショナルの集まりのような家系で、私が口出しするより前にご両親が色々アドバイスしているだろうと思って経営のことは全くノータッチでした。
税理士さんを介しているので、色々チェックが入るとは聞いているのですが、一度相談してみようと思います。
携帯電話、車の諸費用は全て経費で落としてくれているようです。
入籍後は私の携帯電話も「二台目もったの」ということでいけるかも。とは言ってくれていました。

市県民税は…他の方の補足にも書いたとおりなのですが、会社に確認すべきですよね…。


空き部屋を貸す、というビジネスがあるんですね!
田舎なので果たして需要があるかどうかはわかりませんが、「出費を減らすのではなく収入を増やす」という考えは盲点でした。
お察しの通り、現在1LDKしか使っておりません。
最近ではネットショップや様々な家庭内内職もあると聞きます。(実際内職は片手間で出来るものでもないとも聞きますが…)
折角の空き部屋なので、そういった面で有効活用する方法がないか、考えてみます。

ストレスを抱え込まないように。本当に仰るとおりですよね。
割と考えすぎて抱え込みやすいタイプ(らしい)ので、彼と二人でやっていく、ということを肝に銘じて、もっと頼れるようになりたいと思います。

投稿日時 - 2013-08-04 10:15:30

ANo.4

ご婚約おめでとうございます。

私も結婚前(婚約すらしていないまま)から夫と同棲しているので参考になればと思い、回答します。

私の場合、(ただの)同棲中はそれぞれから生活費を出しあっていました。8万円ずつだったと思います。質問者さんが計画してみえるのとほぼ同額ですね。結婚等はまだ計画していなかったので二人での貯蓄はしていませんでした。家賃が6万円くらいでしたので、生活費としては予定されている金額で大丈夫だと思います。
それと、税金ですが、市町村民税は給料から控除されています。控除後の手取り収入がお互い同じくらいの額(平均19万程)だったので、お小遣いにいくら使うか、車の維持費はそれぞれで、いくら貯蓄に回せるかは自分次第とゆう感じでした。旅行に行くとなればボーナスは額が全然違うので、都度話し合い、普段の外食などは生活費からという感じかな。

その後、子供ができて、婚約→入籍→結婚式→産休→出産→育休で現在ですが、婚約中からは全て私が管理するようになりました。元々夫は手元にあるお金は使いきってしまいますし、私の方がお金に強いと思ったようで、夫から言い出しました。

婚約をされていての同棲で、収入が倍近く差があるのなら、生活費を出し合うにしても割合を 見直された方がいいと思います。このような収入状態で婚約していなくて、同棲したいとゆうことなら反対するとこです。でも婚約してみえるし、双方ご両親も納得のことのようですので、生活費は話し合われてください。一生共働きの計画なら出し合うとゆう形でもいいと思いますが、旦那さんが主体でとゆう計画なら、財布を一緒にしてお小遣い制でいいと思います。婚約されたいるなら今からでも。
気負いしてしまったり、彼が納得しないなら(個人的にはそれもどうかと思いますが…)貯蓄額だけでも差をつけるのもいいかと思います。

投稿日時 - 2013-08-02 16:35:38

補足

ご回答ありがとうございます。
生活費の概算だけは大きく的外れではないと分かり少し安心しました。
考えるべきは生活費の割合いや、その他の部分ですね。

税金についてなのですが、私も給与から控除されているものだとばかり思っていたのですが、市から振込用紙が届き、ギョッとして給与明細を確認したら、控除は健康・雇用保険、年金、基金保険料(?)と所得税で、住民税は控除されていませんでした。
(現在の仕事は入社1年強、紹介予定派遣という形で入社したので、直接雇用になってようやく半年強になった所です。恥ずかしながら出勤日数、残業時間、差引支給額の確認しかしておりませんでした…。
ですので、少なくともあと約1年は(おそらくその先も)市県民税は普通徴収です。びっくりしました。

やはり、現状で通常(?)の同棲であれば甘い考えですよね。
漠然と「子供ができたら」という地点をターニングポイントに考えていましたので、それまでは自分が無理をしてでも、彼に負担を強いないようにという点ばかり考えていました。
今まではなかなか休みが合わず、腰を据えて話し合う機会が少し少なかったようにも思います。
明日明後日から徐々に同棲が始まります。早い段階できちんと話し合いたいと思います。

投稿日時 - 2013-08-02 21:46:57

ANo.3

子持ち専業主婦です。

えっと…、前の方も仰ってますが。
挙式後退職、その挙式は来年9月ってことですよね。
共働き期間、たった1年じゃないですか。
すぐ次見つかるか?はわからないんだし、貴女の収入はないものとして計画した方がよくないですか?


現在26で30までに2人子供が欲しいってことなら、退職後すぐからでも子作りしないと。
それに新婚さんは簡単に仕事が見つからない可能性がありますよ?(いつ妊娠退職するかわかんないってことで)
産休、育休がきちんと整った会社となると、厳しいかもしれません。
私的にはパートで落ち着く可能性が高いんじゃないかと思います。(頑張って収入10万くらい?)


別会計にするにしても、収入に差があるんだから負担割合が違っていていいんです。
彼親の持ち家に格安で住まわせてもらうとか、彼が家具家電を用意するとか、それと生活費の負担割合は別個のものです。
何も負い目とか持たず、収入に合わせて負担割合を決めないと、貴女がきつくなるだけだし、それを彼が望んでるわけではないと思います。


結婚後は誰の稼ぎだろうが、通帳名義が誰だろうが、夫婦共有財産です。
合算して生活費(家賃、食費とか)を分け、挙式費用も貯め、なおかつ世帯としての貯蓄もしていく方がいいと思います。

投稿日時 - 2013-08-02 02:50:44

補足

ご回答、ありがとうございます!お礼が遅くなってしまいすみませんでした。

ネットで調べてみて、別財布がオススメ、とか、同棲といっても他人、とか、そういったコラムや書き込みがあったりして、「そういうものなのね」と考えていました。
こちらで伺って、圧倒的に私の収入は全額貯金したほうがいいというご意見が多くて驚きました。

ご指摘の通り、パートになるかもなというようにも考えておりました。
最低賃金700円弱の田舎で、早々都合のいい仕事にはつけないかもしれないと。
それでもとにかく、生活費として決めた7.5万は出さないと、それが最優先。
そんな気持ちで、見つけれないかもじゃなくて、見つける。と、気を入れすぎていたようにも思います。

私がキツくなるのを、彼が望んでるわけじゃないと言われてハッとする思いでした。
私自身、相手に負担をかけたくない、相手が安心して甘えてくれるような婚約者でありたい、相手が周りに自慢をしてくれるような妻になりたいと、常々思っております。
向こうもそういうものなのかもしれないですよね。
確かに、私がひとりで気張って勝手にしんどくなるのを彼が望んでいるとは思いません。

2人で2人なりにカバーしあっていけばいいんですよね。

投稿日時 - 2013-08-02 20:53:25

ANo.2

結婚5年半の共働き妻です。
まずはご婚約おめでとうございます。

家計運営は、それぞれのご家庭でご夫婦が納得していればどんなやり方でもいいと思います。家庭の数だけ違うやり方があって当然です。

でも…結婚と同時に退職予定、なら、あなたに収入があることを前提として家計を考えるのはちょっとおかしくありませんか?
いくら別の仕事を探すと言っても、すぐに見つかるとは限りませんし、希望するだけの収入が得られないかもしれません…。もしすぐに仕事に就けなかった場合、その間はあなたの負担分はあなたの貯金から出すのですか???
妊娠出産育児期間はどうします?
そうなったらそのとき…でも別によいといえばよいのですが、いったん固定された生活レベルを変えたり、家計の負担割合を変えたりするのは、意外と大変だったりもしますよ。例えば旦那さんが自由に使えるお金が20万から急に3万とかになったら、そりゃあ抵抗されるのでは…と思いませんか?(絶対にそんな心配はない、と言い切れるならよいですが…)
ずっと共働きで夫婦の収入が似通っていることが確実でなければ、夫婦別財布はやめたほうがいいのではと思いますよ。

うちはずっと共働き(今のところ子供はいません)ですが、結婚当初から家計はひとつにまとめて、すべて妻の私が管理しています。いつまで共働きが続けられるかわかりませんし、夫はあればあるだけ使ってしまうタイプなので…。
ふたりとも基本給が同じくらいなのですが、お互いの小遣い分を除いた額(基本給が同じくらいなので同額)をすべて家計に入れています。(私は残業代が多いので実際の収入はもっと多いのですが、私が小遣いとして使う分はそんなに多くないしさほど変動もしないので、余剰分は二人でちょっと贅沢するのに使うほかは貯蓄にまわしています。)
基本的な生活費の予算は一応決めていて(生涯にわたるキャッシュフローを計算した結果と実際に必要な額とを勘案して決めました)、その生活費は基本的に一人分の収入で賄えて貯金も少しできるくらいに抑えています。(つまり、一人分の収入+αを貯蓄していることになります。)
小遣い分に含まれるのは、個人で使うものは基本的にすべてです。趣味のお金、平日の昼食代、個人的な交際費、携帯代、美容院、夫のたばこ、私の化粧品、ちょっとした服飾費(下着や靴下とかアクセサリーとか)…私が友達と行く旅行やたまに買うブランド品なども小遣いまたは結婚前の貯金から。
休日のおでかけは大体一緒なので、その時の支出は基本的に家計費(レジャー費など)から出します。大きな服飾費(5000円を超えるようなもの)は、基本的に家計に余裕のある月(私の残業代が多かった月)か、ボーナスから支出します。
小遣い分は少なめに設定しているので(夫が無駄遣い体質のため;)、歓送迎会等で交際費が嵩んだり、どうしても欲しいものが出てきて小遣いで賄えないときは、別途相談ということにしています。あと、ボーナス時にはほしいものに応じて加算、また、突発的にお金が必要になったときのことを考えて、夫の自由にできるお金として夫の口座に20万は置いておくようにしています。(できれば手をつけてほしくないけど、必要があったら使ってもいいお金として。)

ご参考までに、うちの生活費(義母も同居のため3人分)の予算は、食費3.5万、新聞4000円、水道代8000円(これは一般家庭と比べてかなり高い;)、電気・ガス1.5万、電話・インターネット8000円、保険料1.5万、医療費1万、交際費1万、レジャー費(外食含む)1.5万、日用品費0.5万、雑費0.5万、外壁修繕費積立1万、デパート積立1万(5000円の年もある)…って感じです。
ちなみに、携帯代は小遣い分に含みますが、夫と義母で約1万、私は1500円~2000円。
住宅ローンのない一戸建てのため、住宅費はかかっていません。(のちのちのリフォーム代は別途貯めていますが…)
予算は余る月もあるしオーバーする月もありますが、一応の目安としてこれで家計設計をしています。今のところは共働きで余裕があるので、特に節約はしていません。(やろうと思えば倹約は可能です。一時減収になっていた時期はもっと切りつめていました;)


私だったら…そうですね、確実な収入(退職予定のあなたの収入は除き、彼の最低限これくらいは入るという額)のみで基本的な生活(できれば小遣いも含む)は賄えるように生活費を予算立てしますね。要するに、17万、ってことになるのかな?
で、それ以上の収入は基本的に貯蓄に回します。収入が多かった月は小遣いを少し多めにしてプールしておくとかはあっていいと思いますけど。17万になっちゃう月がごくたまにで基本的には大体30万くらいあるなら、小遣い分を含めて20万ちょっとくらいまでは許容範囲かな。
でも、自営業は不安定だと思うし、いつ何があるかわからないので、それ以上使ってしまうのは不安ですね、私なら。貯められるうちにできるだけ貯めておきたいし、暮らしのランニングコストは低いに越したことはありません。一度上げた生活レベルを落とすのは大変ですし。
貯蓄分は、基本的には夫婦同額になるように割り振ったほうがいいですが、彼の方に不公平感があるなら、収入割合に合わせて分配してもいいかなとは思います。あるいは、彼の事業のための貯蓄と、子供や家族のための貯蓄、ということでの分配もアリかと。

結婚後の資産は夫婦の共有財産になりますし、夫婦はお互いに扶養の義務を負います。
彼の収入の範囲でやっていくとは言っても、彼の収入で暮らして自分の分は貯金、とかそういうことではなくて、お互いに支え合って一緒に生活していく、という意識が大事かと。
あなたが仕事をやめて家事育児に専念することがあるかもしれないし、逆に彼の自営がうまくいかないときはあなたが働いてその分を補う必要があるかもしれません。
人生は長いですし、いろいろなことがあります。
どんなときもお互いに支え合って乗り越えていけるような家庭を築いてください。
生活にはどうしてもお金が必要ですから、お金の問題はとても大事だと思います。今のうちによく話し合っておかれることをおすすめします。

長くなってしまいましたが、少しでもご参考になれば幸いです。

どうぞお幸せに!

投稿日時 - 2013-08-01 18:38:11

補足

ご回答に加えて祝福までいただき、ありがとうございます!

確かに、現状がいつまでも続くわけはないですよね。当たり前のことなのに「今どうするか」で頭がいっぱいで、わかっていたはずなのに、失念していました。
子供ができたらお小遣い制と漠然と考えてはいましたが、仕事が見つからなかったら、という当然の危機感がなかったです。
仰るとおり、私の収入は現時点でも0と考えた方がいいかもしれませんね。

婚約者は私には勿体ないほど出来た方で、私が「こうしたい」「こう思う」という事にはいつも「好きにせられ」と尊重してくれます。(決して自分の意見がないわけではありません。)
ですので、家計に関して質問で書いた点は全て私の意見であります。
どうも、「相手に負担や我慢を強いるのではないか」と思うと、「私が我慢すればいい、頑張らないといけない」という考えになってしまい、自分が思う「これなら相手の負担が少ないであろう」という提案をしてしまいがちで、今回の悩みにもつながってしまっています。
また、「やってみないとわからない。成るようになる」という考え方の彼に、いきなりギチギチ(と、私が思っている)考えを押し付けてしまうのは良くないのではないかという不安もあったり…。

話が逸れてしまいました。
婚約者の昨年度の収入で、17万だったのはひと月だけで、他の月は25万~32,3万の手取りがありました。
貯めれるときに貯めておきたい、これは私も強く思っていることであります。一人で店を切り盛りしている方ですので、本人に何かあったら…という不安は常にあります。
だからこそ現在のザル勘定のままでは危険だなと、痛感いたしました。

来週から双方実家と行き来しつつの同棲が始まる予定です。
今度会ったときにライフプランニングをしようと話をしてみました。
そこから、改めて今後の生活に関わるお金について、よく話し合ってみたいと思います。

「やりながら調節」というのも、「今だけ」「漠然と」ではなく、一つレールを敷いて長い目で検討すればもっといいものになりますよね。

細かな家計の内訳や貯蓄割合等のご提案までしていただき、ありがとうございました。
相手の、ではなく、2人の、という価値観で物事を決めれるようにしたいと思いました。

投稿日時 - 2013-08-02 00:06:11

ANo.1

手取り額が最大2.5倍もするのに、お互いが出す生活費は同額なんですね^^;



>私は、18万-7.5万-5万=5.5万で市県民税や携帯代(月1万ぐらい)、医療費、自分の昼食代(仕事上夏場は外食が殆ど)等、とてもやっていける気がしません。

当然の心配だと思います。
恐らくは、二人で15万なら、あなたの出す金額は3,4万でも十分な気がします。
大人2人で家賃引いて残り7.5万。贅沢しなきゃやっていける金額です。

まあ、勝手がわからないので徐々に微調整しながらやっていくしかないですよね。
ちょっと気になるのが車にかかる費用です。
普段のガソリン代はもちろん、保険代、車検代、税金、消耗品(メンテナンス)など、結構お金を食います。もしかして二人で二台ですか?
もし二人で二台所有なら、どちらかを処分するか、小さくした方が賢明です。
※ただし、昨今の軽自動車は中古でも相場は高いです。

投稿日時 - 2013-08-01 08:30:27

補足

早速のご回答ありがとうございます!
やはり折半という点もネックですよね。お付き合い当初からずっと割り勘で(私がつい出してしまう為)、その流れからなのですが…。
ご両親には家を、彼本人には家具家電を全て用意して貰っているので申し訳ないという気持ちが立ち折半ということにしてしまっています。
相談のしどころですね。


車に関して、彼所有のものに関しては全て経費で落ちています。なので手取りとは別のところで支払っている形です。ちなみに携帯料金も経費です。
私自身は必要に迫られたことがなかったので購入もしておらず、子供ができたらでいいかなというつもりです。
田舎なのでないと不便ではありますが自分ひとりなら自転車でなんとかなりそうなので。

家賃は7.5万の所を5万で貸して頂くことになっています。
旨くやればある程度は繰り越せるでしょうか…。現状のままだとそこから私の通信費や税金を少し賄っていかないといけなさそうですよね。
やはり、やりながら、相談しながら、徐々に調節していくのが悩み解決の近道となりそうですね…。

投稿日時 - 2013-08-01 11:17:23

あなたにオススメの質問