こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

戦後、韓国が連合国側についた経緯

http://blogs.yahoo.co.jp/jjtaro_maru/25688043.html
朴鉄柱(韓日文化研究所)昭和42年ソウル
 大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国であった。彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。戦争に勝ったか敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる、というのはクラウゼビッツの戦争論である。日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、”聖なる戦争”であった。ある人は敗戦によって日本の国土が破壊されたというが、こんなものはすぐ回復できたではないか。二百数十万の戦死者は確かに帰ってこないが、しかし彼らは英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて、国民尊崇の対象となるのである。

本当は韓国人にとっても大東亜戦争で成し得たことは誇るべきものだったのです。


質問
数多くの朝鮮人たちが、志願し日本人として大東亜戦争に命を掛けて戦ったことは、
揺るぎ無い事実であり、その大切な命を已む無くちらせ靖国にも祭られているのも事実。
これを踏まえてまでも、それらが無かったように自国民にひた隠しにしたがる韓国の思惑は?

戦後、韓国が連合国側についた経緯について
アメリカとの密約が交わされたのか?ただ敗戦国の賠償にビビったから?

韓国、あきれた入国拒否
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130729/kor13072907490001-n1.htm
韓国国内では既に対日政策にて真面な議論を国内で交わす事自体、無理なのか?


イギリス・フランス・オランダはアジア圏を植民地にしていたが、植民地だった国には
1円も支払っていない。
だが、日本は植民地解放という偉業を成し遂げたにも関わらず、多額の損害賠償を
支払っている。これは戦勝国側の意図を感じるが、根底にある真実は何?

ベトナム戦争でアメリカはベトナムに負けているが、ここでもアメリカはベトナムに
1円も賠償をしていない。
にも関わらず、一部のアメリカ議員は日本の韓国ハッタリ慰安婦ババ~の保障問題を
取り上げくさる。チャンチャラ可笑しいと思いませんか?

投稿日時 - 2013-08-01 19:14:33

QNo.8201620

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

賠償金だ、戦後支援金だとか言ってますが、35年間に日本が朝鮮半島につぎ込んだお金に比べたら屁みたいな物ですよ

現在の貨幣価値で800兆円つぎ込んだと言われてますので、これを35で割ると年間23兆円も朝鮮半島につぎ込んでいた事になります。現在の国家予算の1/4ですよ

彼らが日本にタカルのは戦前はこんなにお金をつぎ込んでくれたのに今はくれないニダ
チョッパリはケチニダ
なんですよ

独立後、米国側についたのは、単に戦後統治が38度線を境に北がソ連、南が米国管理となり、何れの統治者が自分にとって都合の良い政権を作りたかったからです。南側では人民政府に味方する方々が多数おり、韓国政府により虐殺されました。数十万規模と言われてます(済州島だけで数万人)。

投稿日時 - 2013-08-02 10:45:16

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-08-02 22:16:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

残念ながら日本は開放するために戦争をしたのではありません。それは結果論であり、後付の理屈であって目的ではありません。
日本の当初の目的は満州国の派遣を認めさせることです。最初から勝てる等と考えては居ませんでした。しかし独伊との戦争で欧州に力を注いでいた米国に対し一撃を加え、有利になっているうちに満州覇権を認めさせて休戦する。これが目的です。ところがあまりにも上手く行き過ぎたために海軍が頭にのり、東南アジアなどに手を伸ばしすぎたのです。結果力の範囲を超えてしまい、一気に負けていったのです。

韓国は連合国側についてなど居ません。そもそも当時韓国などという名前は存在しません。
戦後朝鮮戦争を経て韓国はアメリカに対し連合国側に入れろと要求しましたが正式に拒否されています。

日本政府、つまり自民党が賠償に応じたのは自民党が売国政策をしていたからです。いまでもそうです。
戦後自由党と日本民主党は米国の指示に従い皇室を崩壊させるべく政策を進めました。彼らの計画では皇室を三代でなくすというものです。その間に国民の愛国心をなくし、教育を共産党に委ねて社会主義教育を徹底させ、同時に皇室にも欧米主義と社会主義的思想を受け付けていくというものでした。
本来なら米国に近づくのであれば民主主義を徹底して皇室を崩壊させるべきなのですが、なぜか政府は社会主義によって教育をしていきました。その理由は簡単です。民主主義の主権は国民にあります。だから政府は国民を裏切ることが出来ません。ところが社会主義は親方日の丸です。中国を見れば判りますよね。政府の言葉は絶対。つまり民主主義では自分達の自由人はならないが社会主義であれば、自分達の思うがまま。だからです。
その証拠に今や国民がマスコミの扇動により、ねじれ解消と一党独裁、首相の第一党からの選出の維持、一院制、与党系野党の乱立を指示しているでしょ。これって中国と全く同じ体制ですよね。

本来戦争責任はサンフランシスコ条約を以って完了しています。所謂戦犯の名誉もこのときに回復しています。
しかし自由党と日本民主党の融合した自民党を御覧なさい。数人のボスが政策を決め(それも企業と完了の傀儡)、後は全員タダの入れ札、これも中国共産党と同じ仕組み。言うこと聞かなきゃ「公認取り消し」で脅すだけでしょ。
そして多くは無学な親方や中小の社長レベル。大した人材等いません。自民党等といっていてもその中身は縁故者が学会会員だったりもします。
そんなだから政治も国際条約もわからない連中だし、もはや戦後60年を超え、社会主義教育で洗脳された者しか日本には居ません。要するにあたかもネットなどで我こそは民主主義、反共をほざいている輩もよく聞けば社会主義者でしかないんですよ。そもそも民主主義の政策の責任は政府や議員ではなく国民が負うんです。政府がどうだとか党がどうだとか言っているのは社会主義なんですよ。だから日本は「成功した社会主義国」というのが世界の評価なんですよ。
その辺の土建屋の親父レベルの議員しか居ないから、国際条約も理解できないから、賠償でも何でもしちゃうわけです。

だから民主党政権の際に「慰安婦の証拠を出せ」などとわめいていたのに、自民党政権になった途端口をつぐんでしまっているんです。そもそもその前の半世紀の間にいくらでも証拠など出せたはすなのにですよ。そして今、政権を握って証拠などいくらでもさせるのにですよ。一切何もしようとしないでしょ。
しれはなぜか、大企業が中国や韓国と貿易して儲けたいからだけなんですよ。

アメリカの議員はスポンサーによって操られています。要するにロビー活動ですよね。自分自身の政策ではなく、自分に投資してくれる団体であれば相手がなんであろうと、米国に不利益でなければいいんです。
だから中国や韓国が金を出してロビー活動すれば、その真偽なの関係なく言う通りにする。それが米国の政治です。そんな事は銃規制が出来ないことだけを見ても一目瞭然でしょ。
それに対して日本は何もしていない。それが原状です。
他人を笑う前に、自分達の政府がしていることをよく見るべきです。

投稿日時 - 2013-08-02 02:17:37

お礼

ご回答ありがとうございます

朝鮮は、どうして戦争責任を負わせられなかったのでしょう?

>他人を笑う前に、自分達の政府がしていることをよく見るべきです。
質問の主旨とは違う回答のようですが・・・
ダラダラお書き頂いていますが、オナニー回答ですか?

投稿日時 - 2013-08-02 22:15:21

ANo.3

あまり質問内容が多岐にわたりすぎて、すべてに答えようがありませんが、

>戦後、韓国が連合国側についた経緯について
アメリカとの密約が交わされたのか?ただ敗戦国の賠償にビビったから?

連合国側についたのではありません。敗戦で日本が引き上げた後、半島全体を連合軍が支配し、そのままの状態で朝鮮人民共和国樹立が宣言されています。分断された今の南北朝鮮ではありません。その3年後の昭和23年に南の大韓民国、北の朝鮮人民共和国が樹立されたのです。北朝鮮は当時のソ連の支配下にはいりました。いいも悪いも、彼らに選択権はありませんでした。


>韓国国内では既に対日政策にて真面な議論を国内で交わす事自体、無理なのか?

これだけ反日教育が徹底されたら、もはやまともな外交関係は無理でしょう。うっかり友好外交をやったら、政権が吹っ飛びます。大統領は幾つ首があってももちません。日本はそう言う覚悟でこの国との外交に当たるべきです。

>イギリス・フランス・オランダはアジア圏を植民地にしていたが、植民地だった国には
1円も支払っていない。
だが、日本は植民地解放という偉業を成し遂げたにも関わらず、多額の損害賠償を
支払っている。これは戦勝国側の意図を感じるが、根底にある真実は何?

植民地だったら賠償を払う必要はありません。ましてや戦争をしていない朝鮮に賠償を払う義務もありません。これは欧米を含めた世界常識です。
日本の場合、併合という形を取って朝鮮という国を消滅させてしまったので、それに対する贖罪意識が働いたのです。日本は朝鮮と戦争をしたわけではないので賠償という形は取れませんでした。やむなく援助という名目にしています。日韓基本条約で与えた5億ドルは、賠償でなく援助です。
しかしあれから100年近く経って、贖罪意識を感じる日本人はほとんどいなくなりました。今の総理大臣だって戦後生まれです。我々と同じで基本的に贖罪意識はありません。北朝鮮はもう援助を受けられないでしょう。(5億ドルのうちには北の分も入っている。韓国が猫ばばしているのです)

投稿日時 - 2013-08-01 22:53:47

お礼

ご回答ありがとうございます。

No.1の回答者にも補足のお礼を出していますが
日本軍撤退後、マレーシア・ビルマ・インドネシア独立のための戦争をして
独立を勝ち取っています。にも関わらず、欧米各国は賠償をしていませんが
日本は賠償をしている事に疑問を持ちます。

投稿日時 - 2013-08-01 23:05:29

ANo.2

彼らは事大主義ですから、常に強いものにつきます。
戦後は連合国(とその筆頭であるアメリカ)が強者ですから
当然そちらにつくことになります。

ちなみに、戦勝国という意味でなら、韓国(北朝鮮も)が
連合国だったことなど一時たりともありません。
いわゆる「三国人」というのも、戦勝国と認められなかったので
勝手に名乗って威張り散らしたわけで。

投稿日時 - 2013-08-01 22:05:29

補足

訂正

先週(間違い)戦勝(正しい)

投稿日時 - 2013-08-01 22:48:44

お礼

ご回答ありがとうございます。

戦勝国気取りなのは、奴らの自画自賛なのは分かってるんだけど、
先週国側についた経緯が分かればと思ったのだが!!

投稿日時 - 2013-08-01 22:40:31

ANo.1

>韓国の思惑は?
金でしょう。

>敗戦国の賠償にビビったから?
被害者ヅラして、賠償金を狙うのです。慰安婦のことを考えたら容易に想像てせきます。

>韓国、あきれた入国拒否
一種の政治犯、思想犯ですね。日本は文明国なので思想の自由が憲法で保障されています。

>根底にある真実は何?
これは日本国内の言論界の責任が重いです。戦時中は共産主義者は言論の弾圧を受けていました。これは当時の国策としては当然の許される行為です。戦後右翼思想を持った学者や政治家が職を失った後に、共産主義者が入り込みました。特に大学などで「左翼」「リベラル」思想をまき散らし、日本人を自虐史観に陥れました。ここにつけ込んだのが、中、ソ、韓、朝です。これら隣国は「平和を愛する諸国民の公正と信義」など持ち合わせない、暴力国家であることに気がついたのが、つい数年前のことです。

>チャンチャラ可笑しい
日本が賠償を負ったのは敗戦国だからです。戦勝国は賠償など一切しません。だから戦争には勝たなければならないのです。当時の日本軍の幹部はその読みが浅かったのです。日本を勝てない戦争に導いた責任は重大です。戦犯は日本人に対しては万死に値しますが、戦勝国によって裁かれる理由はありません。アメリカの行動はチャンチャラ可笑しいのは事実ですが、その可笑しさが認められるのが戦勝国なのです。日本はそれを認めた上で平和に復帰したのです。

投稿日時 - 2013-08-01 21:58:02

お礼

ご回答ありがとうございます。
いや・・・金とか賠償金、目当てというのは分かってんだけど、
今も尚、>それらが無かったように自国民にひた隠しにしたがる韓国の思惑は?だ!!
韓国国内で議論に成ってるか成ってね~のか知らんけど、
ただ日本の総理大臣が参拝することに、敏感に反応するして反発を示すが
靖国に自分らの先人たちも祭られている事に対しての反論や反発のニュースを
見たことがない。奴らにとっての靖国って反日の象徴だけなのか?内容を絶対しらんやろ!

日本が敗戦国で賠償を負わされたのは分かってるが、植民地解放の折に
植民地側からもしくは日本統治時代になぜ?賠償を行わなかったのか?

更に補足
インドネシア独立戦争は、日本が第二次世界大戦で連合国へ降伏した
後の旧オランダ領東インドで、独立を宣言したインドネシア共和国と、
これを認めず再植民地化に乗り出したオランダとの間で発生した戦争(独立戦争)。
1945年から1949年までの4年5ヶ月にわたる戦争で、80万人が犠牲になった。
について、だが
これも、日本軍の撤退後の独立戦争でインドネシア独立を勝ち取ったが、
オランダは1円も払っていないが、日本はインドネシアに対して賠償金を
支払っている事に疑問を持つ!!
803億880万 2億2308万 日本国とインドネシア共和国との間の賠償協定 1958年01月20日

投稿日時 - 2013-08-01 22:34:50

あなたにオススメの質問