こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

声優になりたい!!

私は今十代後半の女子学生です。声優になりたいと思うようになったのは、今年の春。

将来何になりたいか真剣に考えました。歌を歌うことが好きで絵を描くことが好きアニメを観ることが好き、マンガを読むことが好きで自然と頭のなかではひとつの結論にたどり着きました。

昔から家に一人でいることが多くよくアニメを見ていました。なりきることが大好きでよく机の引き出しのなかで人形を動かしながらぶつぶつ言いながら遊んでいました。友達とも一緒にオリジナルキャラを作り遊んでいたことを思いだし、あぁ……本当にやりたかった夢は声優だったのだと確信しました。

簡単になりたいという気持ちではありません。専門学校に行き二年間真面目に一生懸命に頑張ります。

そこで皆様に伺いたいのですが、こんな今の気持ちのまま声優を目指しても良いのでしょうか?皆様の意見をお聞かせ下さい。アドバイスもよろしければお願いします(´・ω・`)

投稿日時 - 2013-08-13 03:00:22

QNo.8217392

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

動機なんてそんなもんでいいです。

要はやる気ですから。

投稿日時 - 2013-08-18 11:13:21

アニメ、エンタメ業界で仕事をしているものです。
とはいえ、声優業の大変さは他の回答者様が十分説明されていますし、一部の回答者様を除き、おおむね間違っていないので少し別の方面からアドバイスです。


私は声優ではなく、CDやらの関連商品/コンテンツを作る側でしたが、それでも2回転職を繰り返しています。
(2回の転職のいずれもオタク関係ですが、業界色は大分薄い会社に転職しました)


何故か、というと仕事が(私にとって)キツすぎたからです。
私は就職活動の際、幸いにもいくつかの会社様より内定をいただき、その中からアニメ関係の会社を選んで就職しました。

声優さんや、アニメーターさんといった技術職よりも収入は圧倒的に安定していましたが、それでも普通の会社に比べると収入は良いとは言えず、休みは異常に少ないです。帰りの時間は終電が基本。土日のどちらかは大抵仕事。
長期休みなど望むべくもないです。

はじめはそれでも良いと思っていました。好きでも無いことを仕事にして、毎日スーツを着て、ルーチンワークをこなすなんてイヤだ!とか、中2病みたいな意識でいたんですよね。
辛いと言っても、この業界にはもっともっと辛い環境で働いている人(もちろん声優さんも)が沢山いましたし、その人たちに比べればマシだと思っていました。

でも無理でした。
高校、大学の同級生と開く年収の差。
たまに会えば「今年はどこに旅行に行くか」だの「車を買おうかと思っている」だの「○○が結婚した」だの…
どれもこれも、とても今の仕事をしていては手に入れられないものです。

そもそも、あんなに好きだったアニメも、全く見る時間が無くなっていました。


そこで転職をしたのですが、どうしても内定が出るのは似通った会社、業界のみで、残念ながら今も私の収入は大卒社会人男性としては相当低いです。
(休みは多少マシになりましたけど)



ご質問と直接関係ない話になってしまって申し訳ございませんが、今、声優さんを目指すというのは私の例とは比較にならない苦難が待っています。
マトモな事務所に所属できる可能性すら、1%に満たないでしょう。
アニメの役をもらえる可能性は、さらに低いでしょう
声優としてマトモな活動ができるレベルに行くのは、もう、天文学的数値です

そこまで行けたとしても、消える声優のほうが多いです。
数年前、何本もメインキャラの声をやっていたのに、最近全然見ない方って、沢山いらっしゃいます。

若手の方は、大体水商売で働きます。
そこで、どこで情報を仕入れたのか、元ファンとかの適当なオッサンに口説かれて、もう後も無いし…ということで結婚します。


もしそれでも目指すというなら、全てを捨てる覚悟で挑んでください。
もしくは、線引きをして退路を確保して挑んでください。
夢を追うのは22歳までにして、それまでに絶対就職に役立つ難関資格を○個取得しておく…とか

いずれの道を選ぶにしても、未来のアナタが幸せであることを願っています。

投稿日時 - 2013-08-15 11:26:15

お礼

丁寧に教えていただきありがとうこまざいました…。確かに声優という仕事は簡単には出来ない職業だと自負しています。ですが声優しかなりたいと思える仕事がありません。やりたくもない仕事を毎日する勇気や覚悟は私にはありません。どうせなら一度挑戦して満足するまでやってみたいと思っています。インターネットで色々と調べ新人の意見を給料が30分のアフレコで15000円だということが分かりました。月にすると約6万です。到底これだけでは声優をすることが出来ないのは分かっていますのでバイトはします。応募をしてくれる人がいて自分がまだ気持ちがある限り私は諦めません。最後に自分の体験談を話してくださりありがとうこまざいました。今後の参考にさせて頂きますねっ!!

投稿日時 - 2013-08-16 03:54:27

ANo.8

声優の仕事をちょいしてるものです。
はっきりいってかなり厳しい世界です、「一万人に一人なれるかなれないかの世界だから辞めた方がいい」と某声優さんに言われた事があるんですが実際ホントです!

皆様も仰ってますが、声優一本で食べていける訳なくバイトバイトの日々;

専門からすぐ仕事が入るので無く、そこから事務所所属オーディションを受けなければならないと思います。
大手事務所ならまだいいんですが、小さい事務所だとオーディションは基本的無いに近いです……

なので最初から声優!では無く劇団に入った方が道が開けるかもしれませんよ?まぁ、こちらもパートやバイト生活になってしまうかもしれませんが…劇団ですと舞台に出れますし、劇を見てくれた方が声優のオーディションをくれた!なんて事もありますし…声優一本!よりは、可能性は広がるかと思います。

それと本(漫画やラノベじゃない普通?の本)を沢山読まれるといいと思います、台本に目を通す時必ず役に立ちます

綺麗事と思われてしまうかもしれませんが…
挫けず諦めない気持ちが何より大事だと思います、夢は挫折しなければきっと叶います!
こっそり…応援しております♪(^^)

投稿日時 - 2013-08-15 04:25:29

ANo.7

まず、声優に関係ない話を一つします。
あなたの夢が「ロボット工学の権威」だったとします。
あなたは夢に向かうべく一所懸命に勉強することでしょう。
でもどうやっても自分には無理だとある日悟ってしまったとしましょう。
その時点で例えば東京工業大学のメカトロニクス関連の学科に所属する学生であったとすれば
卒業に向けて勉強に打ち込みつつ就職活動を行えば専門分野を生かせそうなメーカーへの就職が可能でしょう。
こういうのを俗につぶしが利くと呼びます。

さて声優の専門学校の話ですが、つぶしが利きません。
つぶしが利かないと具体的にはどういうことになるか?
声優になれなかった場合の主なルートはニートとフリーターです。
また、万が一声優になれたとしてもレギュラーの仕事が取れなければ
食いつなぐためにバイトをするのはよくある話で、そうなるとフリーターと大した違いはありません。

アニメが大好きな人にお勧めの仕事があります。
それは公務員です。
収入がフリーターと比べて間違いなく安定します。
ですので深夜アニメを録画するための録画装置の購入が容易です。
好きなアニメのグッズだって大して気兼ねなく買うこともできるでしょう。
万が一好きなアニメを録画しそこねても後日DVDを買うことだって簡単です。
そういう暮らしはフリーターにはまず無理です。
無理すればフリーターでも出来るかも知れませんがそのしわ寄せを受けるのは
あなた自身の衣食住です。

投稿日時 - 2013-08-13 21:51:52

ANo.6

映像関連の仕事に関わっています

どんな声、顔、体型でも映像関係は使えます
但し、使えるなんです
出世するとは言いません。

以前、有名声優事務所に採用される女性声優の卵が「黒髪ロング」だったというのが話題になりました。
プロダクション側の趣向だと思いますか?
そう思うなら間違いです。
クライアント、プロデューサー、ディレクターの性癖で多いのが「黒髪ロング」なんです。
意味わかりますか?
枕営業(自分で検索して見てください)させやすいのが「黒髪ロング」なんです
これに処女が重なれば彼らのご贔屓になれます

綺麗事ですまないのが芸能界です

投稿日時 - 2013-08-13 21:18:05

ANo.5

>こんな今の気持ちのまま声優を目指しても良いのでしょうか?

別に個人の自由なので構わないと思いますが、それだと声優になって生活するのは100%無理です。
東大に行ったって就職できる可能性が100%じゃないのに、誰でも入れるような声優の専門学校なんかに入ったところで、いくら真面目にやったって声優になんかなれませんよ。
ちょっと考えればわかりませんか。

声優の学校は職業訓練校ではなく、才能がある人だけを発掘する場です。
それ以外の人は学校の単なる収入減になるだけです。
そしてその「才能があるのに専門学校に入っちゃった人」は1万人に一人くらいじゃないでしょうか。
ほぼ間違いなく、質問者さんではないです。

じゃあ才能があって専門学校に入らず、そしてきちんと声優になれる人はどういう人かというと
「声優」の枠にとらわれず、舞台俳優などを志して劇団に入ったりしますね。
それも思い立った今すぐ行動を起こします。
そこまでやってもその道でやっていける可能性は1割に満たないくらいかもしれませんが、声優の学校に行くよりは可能性が高くなります。

こういうことを書くと「夢を打ち砕かれた」とか思われるかもしれませんが
夢=声優になることならば、可能性の高いほうを提示しているわけですからむしろ逆なんですよ。
声優の学校に行っても声優にはなれないって別に私だけじゃなく色々な人が言っているし、しかも真実なのは業界を見れば明らかなのに、それでもオーディションなしに誰でも入れて同じ趣味の人が集まってキャッキャできるところへ、わざわざ無職になるために向かっていく志望者こそ、自分の夢を自分で打ち砕いていると私は言いたいです。

本気だったら他に道が見えてきませんか。

投稿日時 - 2013-08-13 13:47:59

ANo.4

もうすぐ高校卒業ですか・・・(IDからお察し&専門への進学の吐露から)

この質問関連では当方も常連の一角をなすまでになってしまいましたがw、なりたいものに簡単になれる、今すぐにでもデビューできる、と甘く考えすぎな方が多い現状に暗澹たる思いで一杯です。

わたしが極力「この世界はやめとけ」「生半可な思いだけでは通用しない」といい続けているのは、競争が激しいこと/収入が得られにくい・不安定/完全に自己責任だからなどです。要するに、その程度の思いでなりたい、なりたい♪って言っている志望者は五万といるわけで、そういう人たちを押しのけて少なくとも入り口に立てるのは5%くらい(志望者が多すぎることも考慮して辛めに算定)。その中でさらにふるいがかけられ、向いてないと自覚できて脱落したり、他のことに興味を持つなどして去る人もいるわけで、プロダクション入りできる人はほんの一握り、いや、一つまみといってもいい状況でしょう。

ところが、声だけで仕事が出来、容姿は余り関係ないため(特にベテランといわれる方々はそう/今現在の主力の若手ではそうは行かないけれど)、上の層が減っていくことはほとんどありません。勿論定年なんかありませんから肥大化する一方。そんな中で限られた仕事のパイを奪い合うわけです。だから、希少価値も少ない上に、未だに声優の地位が低く抑えられていることもあって本業では食べられずにバイトとかをしなくてはいけない状況が「プロ」の声優でも発生するわけです。

専門学校に通ってスキルは身につけても、認められなければクソの役にも立ちません。この時点で、業界人から一目置かれるような人材以外にデビューの道はないと思ってもらってかまいません。専門が登竜門といわれたのはかなり前のことであり、今では「志望者を釣るいい金づる」になってしまっています(芸大などが学部を新設し始めているのがいい証拠/学生不足を声優志望者で埋めたい魂胆みえみえ)。

さて、ここまでネガティブな情報を提示されても、それでも諦め切れませんか?
勿論、夢を追いかけるということを否定するつもりはありません。「どうぞどうぞww」と、むしろ勧めたいくらいです。現実を知っていただくには業界を覗いてみようとすることが先決だからです。
たぶん、そういった本当の実態を知らないで「なりたいなりたい」と念仏を唱えているようにしか見えません。だいたいにおいて、同一カテゴリーで、質問者様以外に同様の質問をしているのに、その回答すら読んでいない(読んでいれば、確実に同じ質問はしないはず/自分だけ特別だとなんか勘違いしている)のですから、結末は推して知るべし、です。

「なれる」と勘違いしている質問者様の幻想を打ち砕くのは、今まで幾多の質問に答えてきた回答者様たちの回答に他なりません。まずは、そういった助言・諫言に耳を傾けてみることから始めてみるべきでしょう。いまや就職することすらうまく行かないご時勢で声優だけは簡単になれる、という妄想は、一刻も早く捨て去るべきです。

投稿日時 - 2013-08-13 10:18:01

ANo.3

声優になりたければ、そんな声優ごっこをしないで今すぐ行動を起こしましょう。
実際、そういう人間しか生き残れない世界ですし、ただのアニメ好きにできる
甘い職業ではありません。月給というモノすら存在しない厳しい世界である事を
何故認識できないのでしょうか。声優という仕事だけで生活できるのは全体の
1%未満です。それをまずは認識しましょう。

「みゆきち」の愛称でも知られる沢城みゆきさんの経歴を診てみましょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%A2%E5%9F%8E%E3%81%BF%E3%82%86%E3%81%8D
「年下の目上」、その代表例の一つとすら言えるでしょう。

現在、闘病中の後藤邑子さんも英語に関しては超一級の方で、
声優の枠に留まらない方です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E8%97%A4%E9%82%91%E5%AD%90

また、声優も俳優業の一つと捉えるのであれば、さまざまな分野を勉強しなければ
ならない事も確かです。こんなところで、何の足しにもならない頑張るという言葉は
誰も信用しません。なりたければ、オーディションを受けるなど行動が必要です。

専門学校を卒業したら、仕事がもらえると勘違いしていませんか?

投稿日時 - 2013-08-13 06:10:30

ANo.2

プロアマ問わず声優さんに外注依頼してゲームソフトを開発しています。

適正があるかどうか、まずホームページ作りから初めアマチュアとして活動してみては如何でしょうか
サンプル等を公開し、最低限の土台が出来れば以下のようなサイトで仕事を取ることが出来ます
http://www.sukebo.com/c/h1_tboard010/tboard010.cgi?num=2

人によってはニコニコ生放送で歌ってみた等を公開し、より広く名を広める人もいます
名を広めても仕事依頼を受ける場所が必要なのでホームページが必要になります。

本当にやりたい理想のお仕事はなかなか来ないと思います
プロジェクト凍結で放置される事もあると思います
アンチに暴言を言われる事もあると思います

でもそれでも一つ一つ丁寧に仕事をこなした方は皆さんプロの声優事務所に入って活躍されるようになりました。

自分の場合は実力以上に心意気を重視して仕事依頼しています、
心意気がある方はいくらでも成長しますので。

何事も手を抜かず全力で仕事をすれば必ずや大成できると思います、頑張ってくださいね!
テレビやゲームで質問者様の声が聴ける日を楽しみにしています。(≧∀≦)

投稿日時 - 2013-08-13 05:38:47

ANo.1

情熱ですね~ 

わたしも子供のころ、友達とあつまって、一冊のマンガを読みながら、
それぞれのキャラの声を担当して、テープに録音して遊んでいましたよ。


声優のお仕事だけで、食べて行くだけの収入は、まず得られないそうです。
食べて行けるのは、ごく一部の、有名声優さんだけだそうです。
あとは声優を本業にしたいと修行しながら、掛け持ちでバイトをしたりするそうです。

声優の学校は、年間数千人の卒業生を出すけれど、
声優の仕事に少しでもありつける人は、そのうち数十人もいるかいないかだそうです。

なのであまり声優の勉強に特化しすぎないで、
アクター向けの学校に通ったりする方が潰しがききやすいという話もききます。
声を出す技術は学校で身につけられても、声の魅力まで身につけられるものではないので、
歌手と同じようなものだと思います。学校を出ても、上手くても、歌手として人気がでない人は芽が出ません。


人気の高い仕事ですからね
その夢のために、どこまでリスクを背負い、なにをあきらめられますか。
わずかな声優の仕事をもらえても、そのために費やす代償の方がずっと大きいと感じるかも知れません。
覚悟がなく甘く考えてると、「こんなはずじゃなかった」と人生の選択を後悔してしまいそうです。


声優と言っても、アニメやゲームだけではなく、ナレーションや吹き替えなどのお仕事もありますし、
幅を広くとった方が、仕事につける可能性はあがると思います。
「アニメの仕事」ではなく、
「声のお仕事」や「演じる仕事」のようにとらえることが大事ではないかと思います。


お仕事がもらえなくても、
ボランティアで視覚障害者に読み聞かせ、
朗読ボランティアなど、無償でできることもいろいろあるはずです。

アニメを自主制作している人を探して、
ボランティアで声優をやらせてほしいとお願いしたっていいじゃないですか。
そのために必要なデモテープの用意も必要です。そのために練習だって必要です。
専門学校を出ていないから一切活動してはいけないってことはないんです。


声を使った活動が本当に好きならば、
いまの段階から、できる活動を始めてみられてはどうでしょうか。

投稿日時 - 2013-08-13 05:27:42

あなたにオススメの質問