こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どの程度の製品を比べたらわかる?

プリメインアンプについてです。好み人それぞれ、という点は今回横においといて、回答いただければ幸いです。
トランジスターアンプを普段聞いていますが、ことあるごとに、本当に再生能力があるのは真空管のアンプ(プリをさしているのかパワーをさしているのかはよくわかりません。全体のことかもしれません。)だといわれます。わたしも否定派でもないので、真空管アンプが欲しくなることが多いです。ただ、市販品においては、どの程度のものを比べてそう言われているのかわかりません。10万のトランジスタと30万の真空管アンプでしょうか?所有しているアンプは実売30万弱のマッキントッシュMA6300。トランス出力ではないので、ほんとうのマッキントッシュの音はしないといつもバカにされる機種です。ただスピーカーが決まっていたので、同価格帯で聴き比べ、一番いいと思ったものです。一度トライオード社のel34プッシュプルのアンプを借りて聞いてみました(15万ぐらい?)どんなソースもマッキントッシュの方が上に思えました。後日高級オーディオ店に出向いた際、ハイエンドな音をだしているシステムがありました。スピーカーもいいものでしたがアンプは真空管。octaveというメーカーでした。100万。素晴らしかったです。自分のアンプよりはいい、が、目からウロコの驚きはありませんでした。
私はオーディオ好きですが、金はないので、いまの30万アンプ、ペアで60万のJBL以上のお金はかけられません。素晴らしい真空管アンプの音、は100万円かけなければ手にすることはできないのでしょうか?一般的にどれぐらいだせば30万のマッキントッシュをうわまわる長所をひとつでも持った真空管アンプを手にいれられるのでしょうか?スピーカーは能率以外どんなものをつかえばいいのでしょうか?

投稿日時 - 2013-08-19 00:28:30

QNo.8225744

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。
無意味な比較だと思います。
『スピーカーが決まっていたので、同価格帯で聴き比べ、一番いいと思ったものです。』
これが正解です。

ここまで来て、トランス出力だの真空管だの他人の意見(嫉妬かな)というのは、後戻りに過ぎません。
(そもそも特性が悪いのでコストパフォーマンスが優先される製品から締め出されたパーツです。ただ、音を上手に潰せるので音源を製作には目的を持って使われます。)
機材に注ぐ財があるのでしたら、CDなどの音源に注いだほうが良いです。
機材を変えるより遥かに大きな変化が容易に楽しめます。
機材を良く見せるような試聴室向きの音源も良いですが、古い時代の環境の悪さが滲み出る録音の味も楽しめるようになるともっと良いと思います。
せっかく素顔美人を手に入れたのですから、いつも同じ化粧しか見せない美人に脇目をするより、素顔美人の見せてくれる多様な表情を楽しまなきゃ損ですよ。
録音に使われた、トランスだの真空管だのその他の様々なテクニックをきちんと表現できるのは、再生側でそういった味付けをしていない素性の良いアンプにしかできませんので、貴方の選択は、その意味で正解なのですよ。

ただ、化粧美人であっても、べた惚れするような魅力的なアンプに巡り合ったら、そのアンプに変えるという選択肢はあります。この場合も他人の意見が少しでも気になるようなら思いとどまるべきです。

投稿日時 - 2013-08-19 08:44:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問