こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

windows XP、インストールの失敗

以前にも似たような質問をさせて頂いたことがあるのですが、再度質問させて下さい。
インストール環境はDELL OPTIPLEX755に今更ですが、プロダクトキーのついて
いるwindows xp SP3 をインストールしようとしています。
SATA 1TBのHDDにOSをインストールしようとしているのですが、インストール途中で
dllの一部がインストール出来ず、そのまま無視してインストールを続行してしまい
ました。(dllは後ほどインストールも可能だとインターネットで掲載されているのを目に
したもので)。立ち上げようとするとブルースクリーンが出てしまい、OSの修復を求められ
ます。OSのCDを入れ直してRキーを押しととりあえず修復を試みていますが、ブルー
スクリーンのまま止まってしまいます。
クリーンインストールする際に、一番最初にFORMATやパーティションを求める画面が
出たのですが、この画面を出してまた一度HDDをFORMATしたいのですが、
中途半端にインストールされたOSのせいで、CD-ROMのBOOT後に勝手にHDDを読みに
行ってしまい、結局OSの修復を求められ、Rキーを押すとブルースクリーンに突入してし
まいます。パーティションを一度解放したり、またOSのHDDのフォーマットをしてクリーン
な状態にHDDを戻したいのですが、どのような手順を踏めば良いのでしょうか?
HDD BOOTを切るという設定は有りますでしょうか?

投稿日時 - 2013-08-20 14:27:06

QNo.8227882

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

あまり知られていませんが、プロダクトキーは認証に使う道具に過ぎず
使用の可否は、正規のライセンスのみによって判断されます。

ただし、判断の基準がゆるやかなライセンス形態のWindowsもありますし
正規のライセンスが無くても認証に通る場合がありますし
正規ののライセンスがあっても認証システムを通らない場合もあります。


ともかく、プロダクトキーがあるかないかは、インストールの可否とはあまり関係ありません。
そのWindowsXP SP3がどういったものであるかを説明する必要があります。
プロダクトキーがついているのは、大前提で、何の説明にもなりません。


XP SP3のDSP版は販売されていましたが、パッケージ版がありませんでした。
ですから、パッケージ版で無いことは明確で
DSP版か、OEM供給のPC付属品のどちらかと断定できます。


ライセンス的には、DSP版が販売店から新品として販売された際に
その本体(DSP版は規定のハードウェアの付属品としてしか使えませんし販売されません)となった
ハードウェアと組み合わせて使うのでなければ、まったく使う権利が認められません。

ヤフオクなどからXP SP3 DSP版のディスクを単体で入手したとしても
それはタダの紙切れと円盤を購入しただけで
Windowsを使う権利を購入したということにはなりません。

DSP版に認められる使用権は、本体と分けて譲渡することが認められていないからです。
訴えられた事例は記憶にありませんが、出品内容によっては詐欺と言えるでしょう。
数百万数千万騙された老人よりはマシだとあきらめるほうがいいかもしれません。


OEM版の場合は、その本体であるPCとセットでしか使えませんが
その本体に適合する、デバイスドライバーがセットになっているはずです。
そして、それらを用いて、正常に動かないのであれば

ハードウェアレベルの問題が起きているか
部品交換による機能強化を図った結果などの原因が考えられます。



私なら、あと半年のために正規のWindowsXPライセンスを入手する手間をかけるくらいなら
無償で利用できるLinux系OSでの稼働を検討します。


実際、うちのPCは基本的にLinux系OSで動かしているものしかありませんが
XP時代のうち、Pentium4,PentiumM,Athlon64等のPCであれば
Linux系OSの中でも軽量版のXubuntu12.04LTSが
それなりに軽快に動きますし、手間もあまりかからずに済むことが多いようです。

Core2Duoなどデュアルコア世代のPCなら
より新しいWindowsの導入も考えられると思います。


ともかく、ハードウェアが壊れていないとしても
HDDの中身に異常が生じていると感じるのであれば
Xubuntu12.04LTSのCDかUSBメモリーから起動してはどうでしょう?

Xubuntuでも正常に動かないようであれば
ハードウェアに問題が起きている可能性が高いと言えるでしょう。
(最初っから起動に失敗するなら、単に運悪くうまく動かない機種だっただけかもしれません)

HDD以外のハードウェアに異常が無いことが確認できたら
XubuntuからHDDの動作を検証することもできるでしょうし…
古くなったHDDを、交換して延命することも考えられます。
HDDはこわれた瞬間に困るものですから、壊れる前に交換すべきものです。
それでも予知できない故障に備えて、PCの説明書では必ずバックアップの必要性が説かれているはずです。


場合によっては、新しいPCを買って
USBメモリーから起動するXubuntuで、予備PCとして使うことも考えられるでしょう。
HDDに導入するほうが高速に動くことが多いでしょうが
HDDの無いPCでも、それなりに動かせるといった柔軟性がLinux系OSにはあります。


なお、Linux系OSでも、パッケージ版やDSP版のWindowsインストールディスクでも…

正常起動すれば、認識されたHDDのファイルシステムを破棄することができます。
これによって、普通はインストールの可否にHDDが干渉することはなくなります。

起きるとしたら、SATAドライバーが無い場合や、より頻度の低い
特殊な異常が起きている可能性があります。


Windowsでは正常インストールが終わらないことには
追加ソフトを用いることが難しいので
Linux系OSで、HDD抹消ツールを使うことも考えられるかもしれません。

しかし、普通はインストール工程のパーティション作成だけを行なう場合に比べて
大きな成果が得られることは、普通は無いはずです。


なお、Xubuntuは軽量版として、機能を簡略化している面もあるので
使用頻度の低いHDDの中身の抹消については
コマンドラインから処理するか…あるいはUbuntuソフトウェアセンターから
ディスクユーティリティーを追加インストールする必要があります。

Linux系OSでも、ものによってはディスクユーティリティーなどが
CD起動から利用できるものがありますし
DBANのような、抹消専用のディスクを用いる手もあります。

http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/securitytips/024dban.html

投稿日時 - 2013-08-20 21:07:35

お礼

滅茶苦茶詳しい返信ありがどうございます。プリントアウトして試しています。WindowsXP SP3自体は元々ある付属されていたDELL用のxpを同じパソコンでフリーウェアを利用してSP3適用済み用として作成したものです。OSを入れてしまったHDDの削除の仕方がよくわからなかったので、困っていました。OS自体にはこだわりがないのと、ご提案いただいたXubuntuに興味があるので、IDE互換モードでのインストールを試した後、敷居が高いと思っていたLinux系OSのインスートルの練習もかねて試させていただきたいと思います。

投稿日時 - 2013-08-21 03:51:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>SATA 1TBのHDDにOSをインストールしようとしているのですが、インストール途中で
dllの一部がインストール出来ず、そのまま無視してインストールを続行してしまい
ました。(dllは後ほどインストールも可能だとインターネットで掲載されているのを目に
したもので)。

すでに回答が出ていますが、SATA 1TBのHDDにWindowsXPをインストールするには事前にSATAのドライバーを入れる必要がありますのでこのままでは正規のインストールDISKを使ってもできません。

電源を入れてBIOSを起動します、ストレージの項目でHDDをIDE互換モードに設定して保存、再起動すれば正規のインストールCDからインストールできるはずです。

WindowsXPはサポートも間もなく終了しますしハードも過去の規格になりますので今後も使い続けるならそれなりの予備のデバイスが必要になりますが新しい規格のデバイスのほうが高性能で安いです(WindowsXPでは使えませんが)、下手にコストを掛けるなら切り替えたほうが得策かもしれません。

投稿日時 - 2013-08-20 23:55:54

お礼

返信ありがとうございます。HDDをIDE互換モードに設定して試してみます。メインで使用しているPCではなかったので、OSはXPのままでいいかなと思っていましたが、場合によってはwindows7か8を入れようかなと思っています。

投稿日時 - 2013-08-21 03:19:18

ANo.5

使っているパソコンは DELL OPTIPLEX755
windows xp SP3 のCDは 使われているDELL OPTIPLEX755に付属の物ですか?
正規の純正品なら HDDが壊れかけているかもしれません
インストール時にブルースクリーンになるは変ですね

windows xp SP3のCDが 他のパソコンやコピー物ならライセンスの問題が有り使用は止めるべきです

投稿日時 - 2013-08-20 21:22:14

お礼

返信ありがとうございます。windows自体はdell純正のもので、特にライセンス認証も必要なく今までのPCではインストールできていました。xpもそろそろ終わりのようなので、だめならばosを変えようかとも思ってます。

投稿日時 - 2013-08-21 03:22:43

ANo.3

>インストール環境はDELL OPTIPLEX755に今更ですが、プロダクトキーのついて
>いるwindows xp SP3 をインストールしようとしています。

要するにそのインストールしようとされているXPのCDは今お使いのデルに付属していたものとは異なるということですよね。

他のOEM版とかDSP版でしょうか。それならインストールはできないと思います。インストールしようとしても作業の途中でとまるでしょう。

パッケージ版ならできるでしょうけど。

投稿日時 - 2013-08-20 15:16:23

お礼

返信ありがとうございます。本当に正しいdell用のOSなのかといわれると、インターネットの中古PC店で購入したPCに付属していたものなので自信がありませんが、これまでこのPCにインストールした際には問題が無かったものです。どうしても駄目なようならばOSのバージョンを7や8にするか、Linux系のOSを試しに入れてみたいと思っています。

投稿日時 - 2013-08-21 03:56:48

ANo.2

windowsXPはデフォルトでSATAのドライバは持っていないので
IDE互換モードでインストールするか
インストール途中でF6キーを押してFDから導入しないとインストールできません。
boot順序はbiosでCD/DVDを先頭にして保存終了すればCD/DVDから
起動するでしょう。
画面に[Press any key Boot from CD]の表示が出たら[Enter]キーを押します。
見逃すとHDDから起動します。
dellのプリインストールOSは当然OEM版なので
パッケージ版を本体に張られたプロダクトキー入力したのでは
当然駄目です。
dellの再インストールCDでは工場での事前認証なので
プロダクトキーの入力を求めるダイアログは出ません。
もし再インストールCDでプロダクトキー入力を求める画面になるのなら
HDDから起動してしまっています。

投稿日時 - 2013-08-20 14:45:12

お礼

返信ありがとうございます。
これまで使用していたSATAの250GのHDDの際には特に特別なドライバーでインストールした記憶が無かったので、1TBのHDDでも問題が無いのかと思っていました。OSはdellの純正のものなので認証もなかったです。DVDを読み込んだ後、ENTERキーを押していますが、次にHDDを読みに行き修復が必要となってしまうようです。IDE互換モードというのを改めて試してみます。

投稿日時 - 2013-08-21 03:10:36

>プロダクトキーのついて
いるwindows xp SP3 をインストールしようとしています。

この意味が分からないのですが、付属のリカバリディスクからリカバリしたのでしょうか。

そうでない、リテールパッケージ版のXPやボリュームライセンス版のXP、DSP版のXPをインストールする場合、BIOSでHDDをIDEモードにしないとXPをインストールできないと思います。この他、AHCIやRAIDを選択できると思います。どうしてもAHCIモードでXPをインストールしたい場合、セットアップ時にAHCIのドライバを自分で入れなければなりません。

(他の機種のセットアップディスクやリカバリディスクを使用するのは論外です)

付属のリカバリディスクでしたら、AHCIのドライバが入ったリカバリディスクのはずですので正常にリカバリを行えると思います。

投稿日時 - 2013-08-20 14:44:39

お礼

返信ありがとうございます。リカバリーディスクは付属していないのですが、OS自体はDELL純正のものなので、これまで使用していたSATAのHDDへのインストールの時には特に問題が無かったようでした。AHCIモードやIDE互換モードについて少し調べてから再度チャレンジしてみたいと思います。

投稿日時 - 2013-08-21 03:13:48

あなたにオススメの質問