こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

PCとスマフォ・タブレットでwifi速度が違うのは

デスクトップPCに無線LAN子機WLI-UC-GNを付けた速度は40Mbps以上出るのですが、
例えばipad miniだとその最高25Mbps位しかでません。解決方法はあるのでしょうか
スマフォのxperiaもipadと同じような結果でした

IEEE802.11n(2.4GHz)の無線LANルーターのある部屋での計測です。
尚wifiのチャンネルはAndroidアプリの
Wfi Analyzerを参考に混雑していないチャンネルに固定しています。

またDNS Benchmarkと言うソフト使用し、
一番早かったNTT America Technical OperationsのIPアドレスをDNSに使用しています。

やはり無線LANが組み込まれている事が原因でしょうか

投稿日時 - 2013-08-25 08:32:09

QNo.8234688

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

一応バッファローの製品ページ、
http://buffalo.jp/products/catalog/network/wli-uc-gn/
(途中の速度比較画像は、昔のネットブック内蔵11g通信との比較)
無線の内蔵回路とアンテナの多重化=MIMOではありませんが、
この無線回路と元のコンピュータのネット通信(NIC)機能を
むすぶ所のコンピュータ(USBから無線の駆動まで)に専用設計があって
11gの規格最速の54Mbpsまで稼げるようです。

またタブレットやスマートフォンでは、アンテナ自体構造上の陣取り
(携帯接続や、同じ2.4GHz帯域のBlueToothが内蔵されている)やら
手持ち、卓上置き自体がアンテナ付近の障害物になる不利、

電源からもらえる電力がパソコンの内臓、増設の比でないほど厳しい、
(出せる電波の強さ自体は、各国の法令により規制あり無限ではないが
パーツの中で処理するコンピュータの速さなどに係わる)

画面光源や元のコンピュータがらみの雑音(電源アダプタ使用ならなおさら)
も、全体の小ささから影響有ると思います。

11n適用については個々のドライバ導入と親機側対応も必須なので書きません。

投稿日時 - 2013-08-25 09:31:36

お礼

回答有難うございます。
使用している子機は高速アクセスが出来る設計なのですね。

なるほどbluetoothの干渉や手持ち自体が障害物となり不利ですね。カバーもつけているのでより厳しいのかなとおもいます。

確かに使用出来る電源はPCに比べ少なそうですから、受信感度が下がりそうですね。

同じくらい速くなればと思いましたけれど、
まだ無理なのかもしれないですね。

投稿日時 - 2013-08-25 14:45:51

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>>やはり無線LANが組み込まれている事が原因でしょうか

デスクトップPCの本体およびLANデバイスの性能が、スマフォ・タブレットよりも上だから速いのではないでしょうか?

投稿日時 - 2013-08-25 08:55:49

お礼

回答有難うございます。
PCの性能とWLI-UC-GNがタブレットなどより強力と言うことなのでしょうか。

投稿日時 - 2013-08-25 09:14:21

あなたにオススメの質問