こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

金融関係の知識の豊富な方

前提として・・・
・東京の都心部で母と二人で暮らしている55歳の男性です。私は独身、子供もいません。結婚の予定も有りません。マンションは待ち家です。
今は、生活も借金も無く、母には年金収入、私は短期ながらも派遣の仕事しています。また預貯金は私一人で3000万円余り有ります。
この状況で新たに1000万円の現金が有ります。すでに三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っています。いずれの口座に貯金してもペイオフの1000万を越えてしまいます。この場合、他の金融機関の定期口座か普通口座に入れようかどうか迷っています。とりあえず、この1000万円の現金は、今のところ使用用途が決まっていません。
ネットや国債、株、投資、クレカは不可、外貨預金はどうでしょう?元本保証にしたいのですが、どのように預けたら良いでしょうか?

・以前、三菱東京UFJ銀行は銀行のATMで平日8時45分から18時まで硬貨の取り扱いをしていましたが、最近は銀行の支店内のATMしか出来なくなり、大変不便になりました。近場のATMで出来るだけ手数料が少なく、土曜日、日曜日、祝日も硬貨の手続きが出来る金融機関をご存知ではないでしょうか?・・又、平日の夜間や土曜日、日曜日、祝日も取り扱いをしている金融機関をご存知有りませんか?
・各金融機関では他行に比べてお得な独自なサービスをしている所も多く有ると聞きます。具体的にどの金融機関でどのようなサービスしているかお教え願えませんでしょうか?

どうかよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2013-08-28 04:56:09

QNo.8238881

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

私なら銀行の仕組み預金に預けます。というより預けています。

10年間使用する予定が無いのであれば通常の定期預金よりかなり利率は良いです。

預金保険機構の保護対象なのも安心材料です。

新生銀行・あおぞら銀行・東京スター銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行で取り扱っています。

あとは 物価変動にリンクする個人向け国債です。安全資産ですし一年間の利息を戻せば何時でも額面割れもせず
日本国が買い取ってくれます。

後 それだけ資産があれば、私なら間違いなく500万程度は株式投資をやりますね。

投稿日時 - 2013-10-09 15:17:47

1.ペイオフを気にされているようですので、その回避方法。

(1)普通預金(無利息型)
当座預金と同様、決済用口座ですのでペイオフの対象外、全額保護されます。現在の低金利下では特にデメリットは無いかと思います。
http://www.mizuhobank.co.jp/saving/futsu_murisoku/index.html

(2)証券口座
元々ペイオフの対象外で、預かった資産は証券会社の資産とは明確に区別する「分別保管」が義務づけられており、証券会社が破綻しても預けた資産には一切影響しない、という考えです。
万一、証券会社が「分別保管」に違反していた場合も、投資者保護基金が1,000万円まで保障しています。

(3)他行に口座を作る
破綻時は、いくら1,000万円まで保障されるといっても、その手続には時間や手間がかかりますので…。ネット銀行でやりたいことがあれば預ければ良いですが、単に(運用せず)置いておくということなら(1)(2)を勧めます。

2.夜間や土日にATMで硬貨の取り扱いをしているのは、半国営で収益性無視のゆうちょ銀行ぐらいでは…?
単に(紙幣取引の)ATM手数料無料とういことであれば、どの銀行も条件を設定して行っています。

3.お得な独自サービス
範囲が広すぎるので、メガ3行だけとか、ATM利用についてとか、絞って頂ければと思います。

例えば(あえて的外れだろうと思いつつ…)
みずほ銀行では、対象店舗で「デビットカード」を利用した場合、利用金額の0.5%を翌月現金振込で還元するサービスを行っています。これは完全に独自サービスです。
デビットカードとは、通常のキャッシュカード(特に手続不要。今すぐそのまま使える)をクレジットカードのようにレジで提示して、自分で暗証番号を入力することで、銀行口座から即時引落で支払えるものです。

クレジットカードを持ちたくない人/持てない人には便利と思います。
使える店舗がやや少ないこと(ビックカメラ、都内の百貨店、紀伊國屋書店等で使えます)、キャッシュカードにクレジット機能が載っている場合も多く、「デビットで!」と言わないとクレジットの方で決済されてしまうのが弱いところです。

投稿日時 - 2013-09-03 01:16:43

ANo.2

1、ペイオフですが、それは銀行が倒産した場合です。倒産しないような銀行を選ぶしかありません。破綻しても、政府支援の存続方法もあります。(例:長期信用銀行(現:新生銀行)なお、ペイオフとはいえ、全額戻るのにかなり期間がかかると思います。普通預金でも封鎖されますので下ろせなくなります。

3、多額預金者向けのプレミアムクラブ(特別待遇)が各銀行で設けられています。三菱銀行にもあります。たしかクオリティライフだったかな。HPに載っています。

投稿日時 - 2013-08-28 12:00:10

ANo.1

外貨は今難しいと思いますが、やるならシティバンク。セブンイレブン等で出し入れできます。
イオンが近所にあるならイオン銀行。
イトヨやセブイレが近所にあるならセブン銀行。
僕は良く知らないけど金利で大和ネクスト銀行。
外貨に元本保証はありませんし預金保険もありません。

投稿日時 - 2013-08-28 06:14:17

あなたにオススメの質問