こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

判決事由によく出てくる「とは言えない」について

鈴木宗男氏2審も敗訴、元林野庁長官の偽証否定
読売新聞8月29日(木)13時20分
 林野庁の行政処分を巡る汚職事件などで有罪となったのは同庁元長官の虚偽の証言が原因だとして、鈴木宗男・新党大地代表(65)が元長官に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(鈴木健太裁判長)は29日、偽証を否定して請求を退けた1審・東京地裁判決を支持し、代表側の控訴を棄却した。

 判決は「偽証かどうか判断するには、刑事裁判の蒸し返しにならないよう新証拠が必要」と指摘。その上で、鈴木代表側が新証拠とした刑事裁判用に検察官が作成した証人との想定問答書面などについて、「元長官の偽証を裏付けるものとは言えない」と判断した。

 元長官は2002年に始まった同事件の1審公判などで、鈴木代表から北海道の製材会社に便宜を図るよう指示されたと証言していた。

上記判決に関しての質問です。
判決骨子によく使われる「○○の偽証を裏付けるものとは言えない」と命題して
結局、新たな事実に至っていないとかいうことを理由に、当初の裁判をそのまま是認するような判決が言い渡されてしまいました。

今回の鈴木宗男氏の裁判に限らず、裁判官は何故、このような表現の言い回しで、裁判を終わらせようとするのでしょうか?

判決の可否はどうであれ、この判決にいたる経緯を裁判官が、とは言えないという作文司法で暗に終止符を打っているに過ぎないとしか思えません。

裁判官が、文章読解力がないばかりが、想定される事実が歴然と記述してあるにもかかわらず、暗にこのような文言で打ち消している裁判が多すぎるとおもいます。

事情通の方々はどうお考えですか?
裁判官は何故、「とは言えない」という表現で、簡単に中身を審議してしまったようにみせかけるのでしょうか
裁判官の認識が浅はかなため、敗訴に追い込まれる被疑者もかなりいるんじゃないかとおもうようになってきて、司法に対してかなり不満を抱くようになってきています。

ここでの質問は、裁判官が何故、このような言い回しで裁判を打ち切ってしまうのかの質問です。

投稿日時 - 2013-08-29 16:39:23

QNo.8240918

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

補足を拝見して、問題意識の所在はわかりました。
確かに仰るとおりなのかもしれませんし、それを否定するつもりは毛頭ありません。

ただし、私は別の見解を持っています。

恐らくは、裁判官に対してある種の「期待値が高すぎる」のではないかという気がしました。裁判という重大な役割を担うのだから、極めて優秀でなければならない、何でも知っていなければならない、などと思ってしまうと、現在の裁判官に対してある種の不満を持ってしまうかもしれません。

裁判官だって、所詮同じ人間なんです。しかも、いわゆる普通の社会人経験も送っていませんし、語弊があることは重々承知した上で書きますが、刑事事件の被告人に多いであろう幼少期、あるいは現在の貧困生活などとは無縁でしょうし、その知見は極めて限られていますし、その能力に限界があるのは仕方ないことだと思います。

しかしそれは訴訟において、所与の条件、言い換えればゲームのルールです。(所詮訴訟制度は人間が作ったものなので、完璧であるはずがないです)そのため、訴訟においては、その世間知らずかつ能力がさほど高くない裁判官ですら、理解できるような証拠や言葉を使ってあげる必要があるのだと思います。


ちなみに私の実体験では、ある裁判官が口頭弁論の期日において、「判決文を書けというなら、書きますが・・・。多分私が書いても原告被告とも納得しないと思うんですよね・・・ですから、和解していただけませんか?」と仰っていました。

原告被告が話し合いで解決できないから、訴訟になったのに、何を言っているの?とまだ若かった当時は思いました。しかし、今になって思うと、裁判官自ら、訴訟にも限界があることを認めた上での発言であり、むしろ誠実な態度だったとすら言えるのではないかと思っています。

投稿日時 - 2013-08-29 21:15:06

お礼

*その能力に限界があるのは仕方ないことだと思います。

*今になって思うと、裁判官自ら、訴訟にも限界があることを認めた上での発言であり、むしろ誠実な態度だったとすら言えるのではないかと思っています。

私が危惧の念を抱かざるを得ない最大の理由は、将にここなんです。
民事裁判には、原告と被告のそれぞれの主張を証拠として法定で争うわけですけども、裁判官自らが、浅はかな見識と認識のため、その陳述された証拠の吟味をできずに、一方的な解釈の出来なかった箇所を「○○とは言えない」という文言を付与することで、もっともらしい作文司法に浸ってしまって、実際の実質基準を鑑みないで、形式文章で終結させてしまっているかのような懸念を覚えています。

もし裁判官の出した判決であっても、後日その解釈方法に誤りがあったと裁判官が自己認識に立ったならば、再審できる制度があれば良いのですけど、法律の解釈は、その立証にこれだけのことを論述すれば、当然裁判官にも納得してもらえるだろうと、おもって原告も被告も精一杯努力しています。

結局:理解できるような証拠や言葉を使ってあげる必要があるのだと思います。
裁判官にも理解できるような言葉や証拠だろうと思って、証拠資料を添付したとしても、その意味すら把握できていない裁判官がいることも事実です。

原子力発電所の地下の断層がある場合の接地基準など、こういった専門家の知見を必要とするような特殊な事例など、殆どが原子力発電所の設置に反対する意見は無視されて判決がなされています。

時代のなせるリ-ガルマインドは、その時の判断が、明らかに間違っていると言わざるを得ません。
アズベスト訴訟もそうです。肺気腫になる原因を医師が認めて提出しても、これが労災認定されない現実があります。

裁判官が呈した、判例が悪しき慣習を生みまた、悪しき判例となって高裁へ引き継がれているのではないかと疑ってしまいます。

チャタレイ夫人の小説が、卑猥であるかないかの判例が時々刻々と変遷してきたように、民事事件でも一度、判例はすべて公信力を生むというこういった過去の判例実績に重きを置きすぎると大変な間違いを司法が犯してしまうような気がしてなりません。

投稿日時 - 2013-08-29 23:04:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

証明責任の問題です。

(以下、民事訴訟を念頭に書いています。多少刑事訴訟とは異なる部分がありますが、そこまで厳密に考えなければ、ほぼ同様と思っていただいて結構です)

「訴訟において真実を明らかにする」等という言葉をワイドショー等でよく耳にしますが、人間の認識能力や訴訟の実際で利用できる手段、お金や時間等には限度があり、事実関係の隅々まで明らかにするというのは、現実問題として不可能です。しかし、真偽不明だから裁判所が裁判を拒否できるとすると司法制度が根幹から崩れるので、真偽不明の事実であっても、真又は偽と擬制して、裁判を可能としているのが証明責任という概念です。

証明責任とは、少し難しく書くと「審理の最終段階に訴訟にあらわれた一切の資料や状況を判断しても、なお裁判官が事実の在否を確定できないために、当該事実を法律要件とする法条が適用されない結果、判決において自己に有利な法律効果の発生が認められないこととなる当事者の一方の危険又は不利益のこと」等と説明されます。

例えば、AがBに金を返せという訴えを提起したとします。

この場合、Aが証明しなければならないのは、次の2つです。
1.AがBに金を貸したこと
2.返済期限が到来していること

この2つについて裁判官に、確かにそうなんだろうな、と思わせることが出来れば、Aの請求が認められますが、例えば1について、裁判官が「貸したか貸してないかよくわからない、判断できない」ということになれば、証明責任という概念によって、Aの請求が棄却されることになります。

(裁判所としては、貸しているかもしれないし、、貸していないかもしれない、どちらか不明であって、どちらとも言えない以上、「貸したとは言えない」と表現することになります)

(なお、1及び2を証明したとしても、Bが金を返した、あるいは既に時効である、ということを証明できれば、Aの請求は棄却されます。)

投稿日時 - 2013-08-29 18:05:32

補足

誠に丁寧かつ論理的な回答ありがとうございます。

証明責任の瑕疵によって、「○○したとは言えない」という表現になっているという表現は解かりました。

ここで言う「○○したとは言えない」という決着の仕方の中身は、十分想定できるであろう事実と根拠条文をいれて裁判をしても、敗訴してしまうということなのです。

裁判官自らの語彙収拾能力に疎いことと、知見がなさ過ぎるために、「○○したと言える材料がそろっていても」その認識と判断能力によって、裁判官が理解できないために「○○したとは言えない」という表現で逃げている裁判例があるように思えてしかたがありません。

専門的な用語を並べれば、並べるほど、裁判官はその判断されるべき「証明責任」の論述や陳述書を軽視しているのではないかと思えるんです。

このような裁判官に遭遇したことはありませんか

投稿日時 - 2013-08-29 18:48:15

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-09-16 22:57:40

あなたにオススメの質問