こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

キリスト者の《脱ナラワシ》とは 異化作用である。

 表題のごとく さらにヒラメキを得ました。

 【Q:イエスの指し示した経験行為とは 脱ナラワシ?】
 http://okwave.jp/qa/q8246542.html

 という質問からの展開なのですが その質問をとおして行ない得たやり取りからさらに あたらしい発想を得ることが出来ました。

  ○ キリスト者の《脱ナラワシ》とは 異化作用である。

 1. 既成のナラワシから自由であること。これが 社会にあってそのオモテでの経験行為として持つに到る具体的な内容のひとつだと考えられた。

 2. しかもこの《ナラワシからの自由》とは じっさいのナラワシを前にしてその中身を異化させてしまうこと これが さらに具体的な行為になるのではないか?

 3. 異化作用と言うと 何だかお笑いや芝居の演出方法みたいに受け取られるかも分かりませんが おそらく《ナラワシを単純に否定する》ことではないからには 目の前のナラワシの内容を ズラセてみせる。これではないかと考えました。

 4. たとえば

 (あ) アマテラシテ象徴家は 万世一系と言いますが これは いま生きているわれわれ一人ひとりの誰にも当てはまります。万世一系として いま存在するのでない人はひとりもいません。

 (い) ただし一般市民の場合には 男系によるそれではないようです。女系も含まれましょうし あるいは養子縁組による・つまり血筋は絶えている場合もあります。(後者の場合でも 血筋をたがえて やはり万世一系であることに変わりはありません)。

 (う) つまりあるいは 男系による万世一系というのは しかしながら 側室によってその血筋がつづいているという実態があります。これは 現代では 好ましからぬ事態です。

 (え) (婚姻は 互いにその連れ合いと言わば人格が一体になるほどのきづなですから どちらか一方のひとりだけの意志によっては ものごとを決めてはならないと考えられます。そういう人格関係があるなら 側室という人間関係は 人間の意志行為として成り立たない。と考えられます)。

 (お) 《大政奉還》というのは アマテラス公民が 主権の存するスサノヲ市民らに対しておこなう行事でしょう。

 5. というように 異化作用をおこなって ナラワシからの自由を得る。という例を示しました。


 果てさて あなたのお考えは?

投稿日時 - 2013-09-03 22:08:47

QNo.8248458

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

B様、こんばんは。


そもそも自由なんです、と思います。

投稿日時 - 2013-09-07 00:20:14

補足

 あっ。ご回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2013-09-07 06:20:57

お礼

 ですから その
 ★ そもそも自由なんです
 ☆ という・人間と社会のあり方について 理論的にして実践となるその方法のひとつは 《脱ナラワシ》でありさらにその具体的な作業は 《異化作用》ではないか。こういう問い求めです。

 異化作用について考えるところを述べてください。となります。

投稿日時 - 2013-09-07 06:20:21

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問