こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不妊治療丸4年…疲れています。

はじめまして。いつも参考にさせていただいております。
不妊治療をはじめ4年が経ち、ついに先日40歳を迎えてしまいました。
以下長文になりますが、流産から不妊治療された方、長年の不妊治療で高齢でも授かった方、不妊治療で心が折れそうになっても頑張られた方、顕微受精、AIHについてお詳しい方、お力をいただけませんでしょうか。

34歳で結婚した当時は仕事も頑張らなくてはいけないタイミングでしたし、勉強不足のせいですが卵子や子宮の老化なんて思いもよらず、子どもを作りたがる主人に対して、もう少し仕事や趣味や2人の新婚生活を楽しみたい!などと子作りを拒んでいました。
今思うと悔やんでも悔やみ切れません。
そして結婚から1年弱経った頃にようやく決心がついて子作りを始めて9ヶ月で最初の妊娠をしました。心拍が確認され、お腹の中の心臓に愛おしさを感じ始めてすぐに稽留流産になってしまいました。
こんなに苦しい事があろうとは想像できないくらい毎日泣きましたが、流産後、そうは手術の後はすぐに妊娠しやすい、と聞いて気持ちを切り替えすぐに赤ちゃんが戻ってくれることを信じて治療を始めました。それからいろいろな経験や思いを経て4年が経ってしまい、3件目の病院で現在も治療中です。その間に主人とは治療がらみでたくさん喧嘩もし、プレッシャーをかけ過ぎたのかタイミングを取ろうにもEDになってしまったようで全くのセックスレスです。
夫婦仲は悪くなく子供は望んでくれてはいますが、やはりプレッシャーを感じるようで私がひたすら頑張ってせっせと病院に通うしかなくなってしまいました。
主人は望むのに子作りを拒んでいた頃の自分が憎らしくてたまりません。
諦められればどれだけ楽になれるだろう、という気持ちがありながらもまだまだ諦めたくない気持ちの方が強くて頑張っていますが、40歳を過ぎてしまい、時間ばかりが経ってココロがすさむばかりで望みはあるのだろうか、という気持ちが湧いて来てしまってます。
仕事しながらだとなかなか時間の調整が難しかったのと、ステップアップして時間もお金もかかってもしダメだった場合にそのショックから、自分が諦めてしまうのではないかという恐怖から今まではAIH中心の治療でした。が先週期、40歳を目前についに職場の仲間に全面協力を頂き顕微受精の準備を始め、出勤前に毎朝注射を射ちに通院しアンタゴニストで採卵する予定が、採卵当日、すでに排卵済みとの事でAIHに切り替わってしまい気持ちがプツリときれてしまいました。始めてのチャレンジで卵胞は5つできてましたが、そのうち4つが排卵してしまっており、残りの一つは血管の近くにあるとの事で、危険を冒してたったひとつの採卵に望むのはどうか、というお話でした。
かかった時間もお金も努力も無駄になってしまったショックを真に受けるとおかしくなりそうで何も考えないように何日も過ごしようやく気力を取り戻し、落ち込んでる場合じゃない!とまた次の治療に立ち向かう気力を取り戻しました。医師からは採卵キャンセル当日のAIHからプロゲステロンの坐剤を処方され一日二回使用しています。
実は採卵の前日の夕方からお腹が異様に張って、当日朝にはひど目のOHSSかと思うほどの下腹部の圧迫感で、今思えばあれは排卵痛だったのでは、とも思います。
もしそれが排卵痛ならその後すぐのタイミングでのAIHは期待しても良さそうな思いもあり、何年もそうしてきたように受精、着床を信じて大好きなアルコールも一切絶っています。4つも排卵してしまっていたのならひとつくらいはかすってくれないか!と期待しています。

いろいろな事を長々と書いてしまいましたが、少しでも同じような経験をされている方、そこから妊娠された方、アドバイスを頂ける方がいらしたら是非コメントいただけませんでしょうか。疲れてしまっている私に前向きな力をわけてください!
どうぞよろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-09-04 01:12:12

QNo.8248694

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

30代の者ですが、お気持ちよくわかります。
私は、3年不妊治療し人工授精は数回体外2回顕微1回経験しました。
夫婦仲もだんだんと悪くなる一方でした。とにかく1人で泣きわめいていた事を今でも思い出します。
また、仕事しての治療は本当に辛いものがありました。
ですが、最後と決め望んだ体外はとにかくやれることはやりました。
休日は夫と一緒に山へ美味しい空気を吸いに行ったり、一番苦手だった注射(誘発剤)を打った後は美味しいご飯を食べに行ったりと、整体に行ったり、一番こころがけたのは、とにかくすこしでも冷やさないでした。
これがよかったのかはわかりませんが。たった一つの受精卵で妊娠し出産しました。
そして、子供は1歳ですが仕事に復帰しています。
今思うとあの時の私が、アドバイスなんてできないですが、だからこそ伝えたかったんです。
「大丈夫です。」
「自分を自分を信じてあげて下さい。」
お子様は今お母さんの万全な準備ができるのを待っているところなんです。
きっと、ビックリする時に来てくれます。

投稿日時 - 2013-09-06 15:34:14

お礼

ご回答と励ましの言葉、ありがとうございます(>_<)
頑張り過ぎてガチガチになってはいけない!と分かってはいる反面、やっぱり必ずいつか、近い未来には授かる!って前向きに信じたくて逆に疲れ切ってムキになってしまってる自分ばかりに気づかされます。
でもこうして長年のご苦労から成功されたお話を伺うと嬉しくなりますし前向きになれます。
なんだか自分の事のように嬉しく思い気持ちが明るくなりました。

私の場合、期限が見えて来た事は認めざるをえませんが、それでも自分を信じて深呼吸をいっぱいして、その「ビックリする時」を待ちたいと思います。
お仕事されながらの育児、頑張ってくださいねっ!

投稿日時 - 2013-09-06 19:18:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

焦りと絶望感、よくわかります。
文面から、経験者に叱咤激励してほしいという複雑な心境がうかがえますが、やみくもにがんばれば必ず授かるというものでもないし、ちょっとこのあたりでいろいろリセットしてみてはどうですか。
諦めるというのではないですが、もっといい意味で受け身になるというか、運命とか、自然とか、何か大きなものの力に身を任せてみるといいますか。
久美沙織さんの「ナチュラルな妊娠」などの本も参考になると思います。45歳で自然妊娠、出産された作家さんですが、他に「45歳、もう生んでもいいかしら?」などの著書もあって励まされます。
(彼女のホームページにも「不妊、卒業しませんか?」というカテゴリーがあります)。もうご存知でしたらすみません!

参考URL:http://kumikura.jp/

投稿日時 - 2013-09-04 17:01:00

お礼

mammoth様、ご回答ありがとうございました。
おっしゃる通りです。
ムキになって辛い辛いと歯を食いしばりながら治療を続けていてもプラスには作用しないだろうと分かってはいましたし、諦めたとたん自然妊娠した、という話はよく聞きますが諦めるのも力を抜くのも私には無理と思っていました。
でも、ご紹介頂いた方のHPを拝見していてなんだか少しずつヒントがつかめてきそうです。穏やかな気持ちでもっと読んで行きます。
mammoth様のおっしゃるリセット、上手く飲み込めるよう試してみたいと思います。
経験をしたものにしか分からない気持ちを理解して上手に誘導して頂き感謝しております。ありがとうございました!

投稿日時 - 2013-09-05 07:26:33

あなたにオススメの質問