こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

性的虐待のフラッシュバック

こんにちは。
12歳から10年以上も、義父に性的関係を強要されていました。
いやだと逃げれば、「俺を愛していないのか」と殴られ、ひどいことを言われました。
義父は誰からも尊敬される、人格者でした。大きな会社の経営者でした。
ですから母も、義父の言うことは絶対です。
それに、最初は抵抗もしていたと思いますが、「おまえなんか、何の価値もなかったんだ」「おまえにかける金なんて、無駄なんだぞ」と言われるのが辛くて、おとなしくしていました。
義父の機嫌が悪いときは、逆鱗に触れるのがこわくて、自分からすすんで義父のベッドに入っていました。アナルセックスでも、フェラでも、度数の強い酒を口移しに飲まされるのも、義父がやりたいことは何でも受け入れました。だから、自分が性的虐待の被害者だとわかるにも時間がかかりました。
自分は価値がないから、家においてもらえるだけでもいいのだろう、と思っていました。
義父が死んで、欝をくりかえしたり、夜うなされたりしてカウンセリングにかかり、暴露療法をやったら、これが物凄い勢いで出てしまって、パニックを起こし、失神しました。
数年かけてどうにか、欝もコントロールできるようになり、誰から見ても普通の社会人生活が送れるようになりました。
いまでも、多少、おかしいっていうか変なやつだとは思いますが、仕事をしたり、友人たちとコミュニケーションは普通にとれています。
でも、久しぶりにフラッシュバックが起きてしまいました。
原因は、知りあい(男性)の些細な一言です。
詳しくは書けませんが、強姦された女性が、誇張して言っている、強姦されたほうもスキや責任があるだろう、という内容です。
聞いたとたんに、体中が凍ったようになって、その日から、仕事をしていても、集中しにくくなりました。スキのない小学生なんているんでしょうか。父という絶対的な家の権力に、どうやってたてつけというのでしょうか。母に言って、一家を崩壊させるのが正解だったんでしょうか。
白日夢みたいに、怒りというか、なにか得体のしれないものが渦巻いています。
「強姦されるほうが悪い」っていう言葉が耳について離れません。
プロのカウンセラーですら、薄笑いを浮かべながら、私のいうことを真面目に聞いてくれなかったことが蘇ってきて、なんだか、出口のないトンネルにいるみたいになってしまいます。
義父のこと以上に、いろいろな人に虚しいこことやなじるようなことを言われ、そちらのほうが辛かったのかもしれません。

自分では、いろいろな文献を読んだり、ヨガやスポーツをして、うまくトラウマとつきあうようにしています。でも、こういう地雷が突如として起きます。 たぶん、PTSDの第4ステージなんだと思いますが、もしかしたら、このままもとに戻れないんじゃないかと怖いです。
こういうことってよくあるんでしょうか?
性的虐待を受けた人の質問を見ると、そのどれもが自分にとってもよくわかることばかりです。
もし、経験者の方や、克服された方がいたら、これからどうしたらいいのか、どうなっていくのか、いろいろ聞きたいです。アドバイスでなくても結構です。

申し訳ありませんが、性的虐待の苦しみを体験されていない方はコメントをお控えください。
釣りだとか嘘だとか面白がって書くのもやめてください。
家庭内での虐待や性的虐待は、アンビバレントな感情も多いのです。単純に相手を憎めないこともありますし、母親に言えばって言う方がよくいらっしゃいますが、現実的には、母親に告白して、さらに傷を負ってしまうケースも本当にあります。
論理的に正しいことは時として、治癒しつつある人間にとって凶器になることもあります。

投稿日時 - 2013-09-08 18:35:26

QNo.8255241

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

あなたは悪くありません。
あなたがされてきたことは、あなたにはどうしようもなかったことだと思います。
母親に言ったとしても、信じてもらえなかったかもしれないし、
見て見ぬふりをされたかもしれないし、それが義理父にばれたらもっとひどい目にあっていたかも
しれないし、もしかしたら殺されていたかもしれません。
親の支配というものは絶対的で、本当に逃げられないし、
よその家庭がどういうものなのか比べることもできず、これは本当に普通のことなのか、
おかしいのかさえわからないし、支配されすぎて大人になっても呪縛から逃げられなかったりします。
子供には何の罪もありません。
どうすることも出来なかったと思います。

自分は親元を離れ、10年以上過ぎ、今でも住所も教えていません。
今でもフラッシュバックはあり、心に問題を抱え治りません。
もう死ぬまで治らないのだろうなと思っています。
フラッシュバックは、実家を出て1年目が一番ひどくほとんど毎日でした。
親が恐ろしくて、住所を教えなかったとしてもいつか見つけ出されて、
ひどいことをされると思っていました。
毎日毎日、怖くてチャイムがなると飛び上がっていました。
毎日親にひどいことをされ、泣いて夜中に目が覚めるのが普通でちっとも休まりませんでした。
電車の距離から、新幹線の距離に引越し、更に飛行機の距離に引越しましたが、
今でも少し怖いです。
なので予定にないチャイムや来客には出ませんし、知らない電話番号にも出ません。
友人を家に呼ぶこともないし、どこからばれるかわからないのが怖いので、
連絡先やメアドも含めてほどんど教えることがないです。

それから本を読んだりして、自分がおかれていた状況はおかしかった。
悪いのは親であることなど、認識しだして自分は悪くないとわかってきて、少しずつよくなり、
今はフラッシュバックはほとんどでませんし、でないような環境にしています。
自分の場合、虐待に関する本などは大体大丈夫ですが、
どうしても受け付けないものもありました。
頑張って読んだ方が自分の治療になるのではないかと思い、
少し読みましたがフラッシュバックが襲ってきて何日も具合が悪くなったので、
本は捨ててその後は少しでも嫌だなと思ったら読まない、見ない事にしています。

虐待に関するテレビも、再現VTRや暴力シーンのあるドラマなんかは、
ダメだなと感じたらすぐにチャンネルを変えます。
友人や知人、恋人、会社の人でも、急に大きな動作をする人や怒鳴る人、
大声を出す人は怖い気持ちが出て、恐ろしくてそばにいるのが辛いので、
わかった時点で一切かかわりをもちません。
会社などではそばに寄りません。
どうしても避けられない場合、仕事を変えるなり、部署を変わるなりします。
犬も大きな鳴き声が怖いので、見かけたら進路を変えるか、道の反対側に渡ったり、
大回りして避けたりします。
とにかく怖いと感じるもの、恐怖を感じるものは全部避けています。
それでフラッシュバックしなくなっかたかと思います。
ちなみにふうせんも同じ理由で怖いので避けます。

おそらくあなたの知人は、危機管理能力のない女性に関してそのようなことを言ったのだと思います。
正直自分も、深夜の人気のない時間に露出たっぷりの格好で、人気のない路地を、
携帯なんかいじりながら周りの状況に目もむけず、酔っ払ってとろとろ歩いてるなどであれば、
なんでもうちょっと気をつけないの!とは感じます。
この場合は、襲ったほうは悪いですが、襲われたほうもあまり同情できない気持ちです。
普通にしていたら防げたかもしれないからです。
自分も暴力や虐待を受けたのにそうおもってしまうので、そういう経験のない人からすれば、
もっとシビアな考えなのかもしれないなと思います。
感覚とすれば、行った事のない海外なのに夜中に一人で大金持って、日本と同じ感覚で、
お金がみえるようにして歩いている人が襲われたのと同じような感じでしょうか。
素直にかわいそうだとは思えないというか。

でも、襲うほうが悪いことに変わりはなく、どんなに気をつけていても襲われるときはありますし、
そのときはどうしようもありません。
子供ならなおさらです。
どうしようもなかったんです。
自分も生きるため、ご飯を食べるため、殺されないため、そういう最低限のことのためには、
とにかく我慢するしかなかったし、従順なふりをして言うとおりにするしかなかったです。
少しでも好かれようとか、少しでも殴られる回数を減らしたいとか、
少しでも空腹を満たしたければ、進んで言うことを聞くことも自分の命を守るためには
必要なことだったと思います。

投稿日時 - 2013-09-09 06:54:12

お礼

yuna-さんがおっしゃること、とてもよくわかります。
ありがとうございます。
いちいちうなずいてしまいました。

よその家庭がどうなのかというのは、一時期、本当に疑い深かったです。
おかしな話ですが、仲良しの家族を見ると、ここの家庭でも自分と同じように
誰かが傷つけられているのではないかと思って、ドキドキしていたものです。
呪縛から逃れられない、というのもまさにその通りです。
義父が亡くなってなお、何かに怯えなければいけない状況というのは、
なんともおかしな話かもしれませんが、逆に「普通の人と同じ状態」というところを
目標にしすぎていたのかもしれないです。
むしろ、なんとかうまくつきあっていくのでいいのだと。
いつまでたっても治らない自分がヘタレにも感じたりしていましたし。

ただ、今まであまり「自分は悪くない」と肯定されたことはなかったので、
半分びっくり、半分ほっとしました。
他のもっと悲惨なケースと比較されても、それで納得できるわけではないし、
何で逃げなかったんだ、と言われても、
裕福な生活と、12や13で家出と天秤にかけて前者を選んだ自分は間違っていたのか、と呵責に苛まれますね…。
自分は間違っていたわけじゃないんだ、と言われて少しうれしかったです。
何が言いたいのかさっぱりわからない文になってしまいましたが、
同じ経験者であればわかりますでしょうか。

投稿日時 - 2013-09-10 22:19:36

あなたにオススメの質問