こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

釣り道具の揃え方について

最近釣りに興味を持ち、始めようかと思っています。

釣りの場所としては、海釣り、船からではなく、岸からの釣り(この言葉は正しいか分かりませんが、要するに、防波堤、海岸などという意味です)です。

現在のレベルは、どのような道具が必要かも分かっていない、全くの初心者です。

今回お聞きしたいのは、現在ある道具の一部をそのまま利用できるか。それとも、釣る魚によって全て購入の必要があるのかという事です。

現在家には、約40年前に使っていた釣りの道具があります。
釣りに直接的に関係する物として具体的には、釣竿、糸、ハリ、仕掛け、おもり、ウキなどです。
これだけの道具があれば、釣りができるでしょうか。
この中で仕掛けは、文字から考えて、魚ごとにそろえる必要がある気がします。この認識が違っていたら、指摘してください。

他の道具は、根拠はないのですが、兼用できるような気がするのですが、こちらも違っていたら、その理由と共に指摘してください。

以上、解答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-09-09 17:12:10

QNo.8256575

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

竿は、ガイドのあるリール竿と想定します。

プラスティック部分は、すぐに割れて使えなくなるでしょう
ガイド部分の糸が通る部分のプラスティックも割れてしまいます

道糸、ハリスは劣化してるので使えません、仕掛けセットもそうです。

針は錆びていなければ使えます、オモリはそのまま使えます
ウキは浮力があるのなら使えます

リールは回転部分がスムーズに回るのなら使えますが
これもプラスティック部分はすぐに割れますので注意が必要です。

とりあえず、昔の道具を使ってみて、それから必要に応じて買い替えていけばいいでしょう

http://www.otomiya.com/

投稿日時 - 2013-09-09 18:19:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

"約40年前に使っていた釣りの道具があります"
と言うことは、それ相応のご年齢で、お金の余力があるのなら「共通道具を充実」させる事をお勧めします。

わたくしの釣り歴は、川の鯉→バス→波止→沖の波止→筏・・・で今は、船の沖釣りです。
当然、対象魚や釣場により道具は全て違いますので、釣用の倉庫は溢れんばかりの道具が唸ってます。
かけたお金もけっこうな額です。

しかし、どんな釣りでも必要になる道具があります。
「ライフジャケット」「クーラー」「防寒具」「レインスーツ」
これらがあれば、どんな釣り方でも、ご自身の身を守り釣れた魚を美味しく持って帰れます。
費用はかかりますが、高価でも良い道具で、この4点を充実させる事をお勧め致します。

質問者さんが希望されている釣りは波止釣りとなるかと思います。
"小アジのサビキ"なら今お持ちの道具にサビキ仕掛けを付ければ問題なくできるますよ。

投稿日時 - 2013-09-10 07:22:48

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-09-20 10:07:28

ANo.4

つり方の種類でそろえてはどうでしょう。

狙う魚により そして釣るポイントなど大きく変わりますが。

浮き釣り  おとしこみ  投げ釣り 投げ浮き 投げさびき
落とし込みさびき 活き餌釣り ルアーフライ・・
あと 名前忘れたけど ウキの2段階つけたやつとか。
さらに夜釣りとかでは電気ウキもいるし

さおの長さ しなり具合 号数 投げ専用 磯専用 素材 リールは何メートル巻くか テグスの号数・・
ウキの大きさにより錘なども変わる  ウキとおもりの間隔。。。
針は1種のさかなにつき 数種あるし。

一応 この魚にはこの仕掛け。とかありますが
それはあくまで目安です。
似たような仕掛けであれば 多少変えてもつれます。
また 別の仕掛けなのにつれるときもあります。


そして 餌もむずかしいです。
天候 場所 時間 仕掛け 餌 くせ 潮の流れ 魚の通り道 回遊路・・・・ああ きりがないですね
しかし だからこそツリキチがいるのですが。
夕食い 朝食い そして 曇りとか雨の日が一番つれるとか
台風が近づいているとき 魚は陸のほうに逃げ込むのでよくつれるとか

きりがない。

投稿日時 - 2013-09-09 18:54:00

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-09-20 10:08:51

ANo.2

竿やリールはある程度なら対象魚が違っても流用は可能です。
20~30年位前の道具なら見て知ってるけど
40年前の道具はどうなんだろうと言うのが本音です(^^
(1980年代くらいから道具の進化が加速し始めたので、
それ以前のは今となっては骨董品レベル)
リールは回転すればまだいいですけど手入れして無いと・・・
リール用の竿のガイド(糸が通る輪の部分)は40年前と言うのが本当なら
ほぼ針金を輪にしたような金属で出来ていると思います。
現在安価で売られている竿よりも糸に与えるダメージが大きいので、
出来れば買い替えたほうが後々の為かと。

どんな道具でも糸と針と錘があれば釣りは出来ます。
もっとも単純な仕掛けで多くの魚種が狙える釣りかたは「ブッコミ釣り」。
仕掛けは中通しの錘・ヨリ戻しと言う接続金具・針を結べば出来ます。
竿の長さ・リールの大きさ等の制限も緩いです。
対象魚によって仕掛けは交換する必要があります。
同じアジでも足元で釣れるような小さなアジと
沖に大きなウキとカゴを付けて投げるアジ釣りでは
糸も針の大きさも2~3倍違います。
とりあえず針は錆びてなければ良いですが、
糸はそのまま使うのは微妙です、紫外線等で劣化しますので。
釣具屋さんでボビンに300~500m巻いた物が
500円そこそこで売ってますので新たに購入したほうが安心でしょう。

あと季節的なこともありますが、クーラーボックスは必須でしょう。
魚は当然ですが、椅子にも出来ますし、飲み物も入れれますから。

投稿日時 - 2013-09-09 18:11:29

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-09-20 10:10:00

40年前の竿は、ほとんどグラスですね。 今のは安いものでもほぼカーボンロッドで軽いです。
さおについてあるガイドも違います。 リールもそのような骨董品では心もとないです。
その他、技術の進化によって使えそうなものほとんど無いように思います。

道具を揃えるには、何処で何をどうやって釣るのか決めないといけません。 

”○○(地磯・防波堤・サーフ) でどれ位のサイズの○○を” ”どういう釣りかた” でというように。 
それから、海面からの高さによっても例えば必要なタモの柄の長さも違います。

とりあえず、海でたくさん釣れている方に場所など教えてもらってからのほうがいいと思います。

投稿日時 - 2013-09-09 17:43:05

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-09-20 10:05:46

あなたにオススメの質問